人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


ソネット 56


W. シェークスピア


愛しい人よ、あなたの愛の力を新しく保とう

あなたの切れ味が食欲より鈍ることのないように

食欲は今日食事をすることで満たされるが

明日は元の力によって旺盛になる

愛もそしてあなたについても 少なくとも満腹があなたの目を閉じさせるまで

今日あなたが空腹な目つきを満たしたとしても

明日はまた目が覚め、そして愛の精神を 持続するけだるさによって

台無しにすることはしない

この悲しい離別は大洋のようだろう

大洋は岸辺を分かち、新しく結びついたカップルが

日々それぞれの岸辺にやってくるが、相手が見えれば

その眺めは最も幸福なものとなるだろう

あるいはそれはまた心配の耐えない冬のようだろう

それにより夏の到来が一層待ち遠しく貴重なものとなるからだ


Sonnet LVI


        W. Shakespeare


Sweet love, renew thy force; be it not said

Thy edge should blunter be than appetite,

Which but to-day by feeding is allayed,

To-morrow sharpened in his former might:

So, love, be thou, although to-day thou fill

Thy hungry eyes, even till they wink with fulness,

To-morrow see again, and do not kill

The spirit of love, with a perpetual dulness.

Let this sad interim like the ocean be

Which parts the shore, where two contracted new

Come daily to the banks, that when they see

Return of love, more blest may be the view;

As call it winter, which being full of care,

Makes summer's welcome, thrice more wished,more rare.



by nambara14 | 2019-05-14 15:28 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 55


        W. シェークスピア


王族たちの大理石のあるいは黄金の記念碑も

この力強い韻律より長く保存されることはないだろう

この詩の中で あなたは ずぼらな時の経過によってつけられた

汚れをぬぐい去られることのない石よりも まぶしく輝くだろう、

荒廃させる戦争が彫像をひっくり返し

石工の作品を根こそぎにするときでも

軍神の剣あるいは戦火が

あなたの生涯の記録を燃やすことはないだろう、

死に向かって、そしてあらゆる忘却という敵意に向かって

あなたは進むだろう、この世を疲弊させ終末へと向かわせる

後世の人々の間でも

あなたへの称賛は存在し続けるだろう、

だから、あなたに最後の審判が下されるまでは

あなたはこの詩の中に生き続け、恋人たちの目の中に住まうのだ。


Sonnet LV


        W. Shakespeare


Not marble, nor the gilded monuments

Of princes, shall outlive this powerful rhyme;

But you shall shine more bright in these contents

Than unswept stone, besmear'd with sluttish time.

When wasteful war shall statues overturn,

And broils root out the work of masonry,

Nor Mars his sword, nor war's quick fire shall burn

The living record of your memory.

'Gainst death, and all oblivious enmity

Shall you pace forth; your praise shall still find room

Even in the eyes of all posterity

That wear this world out to the ending doom.

So, till the judgment that yourself arise,

You live in this, and dwell in lovers' eyes.



by nambara14 | 2019-05-05 18:22 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 54


W. シェークスピア


おお!美は 真実が与えるその美しい飾りによって

どんなにかさらに美しく見えるものだろうか

バラは美しいがわれわれはそれ以上に美しいと思っている

その中に宿る甘い香りのために、

夏の息吹きが覆われていたバラのつぼみをあらわにするとき

野バラの花がバラの花の香り豊かな色合いのように濃く色づき

とげのある幹の上で、風と戯れる、

だが、見た目だけがそれらの美徳なので

それらは求愛されることもなく生き、敬われることもなくしおれ

滅びる、だが 美しいバラはそんなことはない

最も甘い香りは甘美な死から作られる、

そして美しく愛らしい若さはあなたから作られる

その若さが失われるとき、わたしの詩はあなたの真実を描き出す。


Sonnet LIV


       W. Shakespeare


O! how much more doth beauty beauteous seem

By that sweet ornament which truth doth give.

The rose looks fair, but fairer we it deem

For that sweet odour, which doth in it live.

The canker blooms have full as deep a dye

As the perfumed tincture of the roses,

Hang on such thorns, and play as wantonly

When summer's breath their masked buds discloses:

But, for their virtue only is their show,

They live unwoo'd, and unrespected fade;

Die to themselves. Sweet roses do not so;

Of their sweet deaths are sweetest odours made:

And so of you, beauteous and lovely youth,

When that shall vade, my verse distills your truth.



by nambara14 | 2019-05-01 19:44 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)