人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


ソネット 49


W.シェークスピア


もしあなたがわたしの欠点に顔をしかめるような時が来るのだとしたら

そしてあなたの愛の総決算が

熟慮の上の監査を受ける時が来るのだとしたら

そのような時のために備えて、

あるいはあなたが奇妙な感じでわたしとすれ違い

あの太陽のようなあなたの目がわたしにあいさつすることさえないような時が

そして以前とは違ってしまった愛が

落ち着いた威厳を示す理由を見出す時が来るのだとしたら

そのような時のために備えて、

そのような時のために備えてわたしは

自分が認識している自分の価値の中へ避難し

あなたの側の正当な主張を防御するために

このわたしの手を挙げる

あなたは法の力を持っているのだが わたしはみじめな状況におかれている

なぜならわたしはなぜ愛するのかの理由を申し立てることができないからだ


Sonnet XLIX


        W. Shakespeare


Against that time, if ever that time come,

When I shall see thee frown on my defects,

When as thy love hath cast his utmost sum,

Called to that audit by advis'd respects;

Against that time when thou shalt strangely pass,

And scarcely greet me with that sun, thine eye,

When love, converted from the thing it was,

Shall reasons findof settled gravity;

Against that timed o I ensconce me here,

Within the knowledge of mine own desert,

And this my hand, against my self uprear,

To guard the lawful reasons on thy part:

To leave poor me thou hast the strength of laws,

Since why to love I can allege no cause.



by nambara14 | 2019-03-27 18:48 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 48


     W. シェークスピア


出かける時 わたしはどんなものでも注意深く

これ以上ないぐらい安全な場所にしまっておいた

わたしが使うまではだれにも使われることがないように

怪しげな者の手にかからないように信頼できる場所に

あなたにとってわたしの宝石さえつまらないものであるだろうが

わたしにとってあなたは最高の歓びの源泉であるとともに今や大きな心配の元でもある

これ以上ない大切なひとでありわたしの唯一の気がかりであるあなたは

獰猛な泥棒どもの餌食として狙われている

わたしはあなたを宝石箱に閉じ込めてはおかなかった

実際にはあなたがいなくてもわたしがあなたをいると感じる場所

つまりわたしの腕の中ということだが

わたしの腕の中にはあなたは好きな時にいつでも来たり去ったりできる

だがわたしの腕の中からさえあなたは奪われてしまうかもしれないとわたしは恐れる

なぜなら真実さえそれほど大きな報奨の前では泥棒になってしまうからだ


Sonnet XLVIII


      W.Shakespeare


How careful was I when I took my way,

Each trifle under truest bars to thrust,

That to my use it might unused stay

From hands of falsehood, in sure wards of trust!

But thou, to whom my jewels trifles are,

Most worthy comfort, now my greatest grief,

Thou best of dearest, and mine only care,

Art left the prey of every vulgar thief.

Thee have I not locked up in any chest,

Save where thou art not, though I feel thou art,

Within the gentle closure of my breast,

From whence at pleasure thou mayst come and part;

And even thence thou wilt be stol'n I fear,

For truth proves thievish for a prize so dear.



by nambara14 | 2019-03-19 22:58 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 47


       W.シェークスピア


わたしの目と心は仲良くやっている

今どちらも相手に対して親切にしている

わたしの目が見たくてたまらないとき

あるいは心がため息で息が詰まりそうなとき

わたしの恋人の肖像でわたしの目はもてなされ

わたしの心は描かれた饗応を受ける

あるときわたしの目はわたしの心のお客であり

わたしの心の愛の思いの分け前をもらう

たとえあなたが離れていても 

あなたの肖像あるいはわたしの心にあるあなたへの愛のおかげで

あなたはいつもわたしとともにある

なぜならあなたはわたしの思いが到達できるところより遠くには行かないから

わたしはいつもそれらの思いとともにあり それらの思いはあなたとともにあるからだ

もしそれらの思いが眠っていても わたしの目の中のあなたの肖像が

わたしの心を目覚めさせ 心と目の双方を喜ばせるのだ


Sonnet XLVII


        W. Shakespeare


Betwixt mine eye and heart a league is took,

And each doth good turns now unto the other:

When that mine eye is famish'd for a look,

Or heart in love with sighs himself doth smother,

With my love's picture then my eye doth feast,

And to the painted banquet bids my heart;

Another time mine eye is my heart's guest,

And in his thoughts of love doth share a part:

So, either by thy picture or my love,

Thy self away, art present still with me;

For thou not farther than my thoughts canst move,

And I am still with them, and they with thee;

Or, if they sleep, thy picture in my sight

Awakes my heart, to heart's and eyes'delight.



by nambara14 | 2019-03-12 11:08 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 46


W. シェークスピア


わたしの目と心はあなたを見るという戦利品を

いかに分けるかの死闘を繰り広げる

わたしの目は わたしの心があなたの姿を見ることを妨げようとするだろう

わたしの心は わたしの目が自由にあなたを見る権利に異議を申し立てるだろう

わたしの心は あなたがわたしの心に存在し

小部屋が水晶のような目で見通されることはなかったと主張する

けれども被告である目は その主張を否認し

あなたの美しい容姿が被告である目の中に存在すると言う

この権利の帰属を決定するために

すべて心の側の臣下が陪審員として選ばれる

そして目の分け前と心の分け前が

彼らの評決によって決定される

つまり わたしの目の取り分はあなたの外面であり

わたしの心の取り分はあなたの心の内面の愛であると。



Sonnet XLVI


       W. Shakespeare   

  

Mine eye and heart are at a mortal war,

How to divide the conquest of thy sight;

Mine eye my heart thy picture's sight would bar,

My heart mine eye the freedom of that right.

My heart doth plead that thou in him dost lie,

A closet never pierced with crystal eyes,

But the defendant doth that plea deny,

And says in him thy fair appearance lies.

To 'cide this title is impannelled

A quest of thoughts, all tenants to the heart;

And by their verdict is determined

The clear eye's moiety, and the dear heart's part:

As thus: mine eye's due is thine outward part,

And my heart's right, thine inward love of heart.



by nambara14 | 2019-03-04 12:28 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)