人気ブログランキング |

<   2018年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧


ソネット 9


              W. シェークスピア


あなたが独身生活を送り続けることを恐れて

未亡人は涙を流すのでしょうか?

ああ、あなたが子供を作らないまま亡くなってしまったら

世間は連れ合いのいない妻のようにあなたを嘆き悲しむでしょう

世間はあなたの未亡人として嘆き続けるでしょう

なぜならあなたはあなたの姿をこの世に残さないからです

未亡人が子供たちの目によって夫の姿を心にとどめることができるときは

浪費者が世間でどんなに浪費をしても

お金は回り回るので、世間はそれを喜んで受け入れます

でも美の浪費は世間を終わらせ

きちんと消費しない消費者は美を損なってしまいます

他人を愛する心がなければ

自分自身に対して人殺しのような恥をかかせることになるでしょう



Sonnet IX


      W. Shakespeare


Is it for fear to wet a widow's eye,

That thou consum'st thy self in single life?

Ah! if thou issueless shalt hap to die,

The world will wail thee like a makeless wife;

The world will be thy widow and still weep

That thou no form of thee hast left behind,

When every private widow well may keep

By children's eyes, her husband's shape in mind:

Look what an unthrift in the world doth spend

Shifts but his place, for still the world enjoys it;

But beauty's waste hath in the world an end,

And kept unused the user so destroys it.

No love toward others in that bosom sits

That on himself such murd'rous shame commits.



by nambara14 | 2018-07-30 14:32 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


       ソネット 8


              W.シェークスピア


聴くべき音楽、音楽を聴く時 あなたはなぜ悲しそうなのですか?

甘美さは甘美さと争わず、歓喜は歓喜の中にあるのです

あなたは音楽を喜んで受け入れないとしても愛しますか?

あるいは喜んで苦悩を受け入れますか?

よく調律された音の調和が その結びつきによって

あなたの耳を苛立たせるなら

独身であることにより役割を担い損なっているあなたを

やさしく咎めるでしょう

やさしい夫から夫へと伝えられる一本の弦が

それぞれの弦と互いに順序を保ちながら演奏される様子をご覧なさい

よく似た父と子そして幸福な母

かれらはひとつにまとまって楽しい調べを奏でます

ひとつに見えても多数を含む 言葉のない歌が

あなたに歌います、「独身のあなたはなにも生み出さないでしょう」と。

SonnetVIII

       W. Shakespeare

Music to hear, why hear'st thou music sadly?
Sweets with sweets war not, joydelights in joy:
Why lov'st thou that which thoureceiv'st not gladly,
Or else receiv'st with pleasure thineannoy?
If the true concord of well-tunedsounds,
By unions married, do offend thineear,
They do but sweetly chide thee, whoconfounds
In singleness the parts that thoushouldst bear.
Mark how one string, sweet husband toanother,
Strikes each in each by mutualordering;
Resembling sire and child and happymother,
Who, all in one, one pleasing note dosing:
Whose speechlesssong being many, seeming one,
Sings this to thee:'Thou single wilt prove none.'

 



by nambara14 | 2018-07-25 19:54 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)

炎天


炎天に鳴き声詰まり緩慢に枝這う蝉も熱中症か

by nambara14 | 2018-07-23 14:16 | 五七五七七系短詩 | Comments(0)


   ソネット 7


         W.シェークスピア


ほら!東の空に優美な光が燃える頭をもたげるとき

この世のひとびとは聖なる君主を崇め、

その新しい出現を讃える。

そしてそれが険しい空の丘を登り切って

中年でもなお強い若さを装うとき

ひとびとはなおその美しさを讃え

その黄金の統治にかしずく。

だがそれが登り詰めたところから、疲れた馬車に乗って、

老人のように、よろめきながら一日を終えるとき

ひとびとは、以前は忠誠を尽くしていたのに、今やその低い位置から

目をそらし、よそ見をする

だから、あなたは子供を設けない限り、

真昼の中で消え失せ、注目されることもなくなってしまう



    Sonnet VII


          W.Shakespeare


Lo! in the orient when the gracious light

Lifts up his burning head, each under eye

Doth homage to his new-appearing sight,

Serving with looks his sacred majesty;

And having climbed the steep-up heavenly hill,

Resembling strong youth in his middle age,

Yet mortal looks adore his beauty still,

Attending on his golden pilgrimage:

But when from highmost pitch, with weary car,

Like feeble age, he reeleth from the day,

The eyes, 'fore duteous, now converted are

From his low tract, and look another way:

So thou,thyself outgoing in thy noon

Unlooked ondiest unless thou get a son.



by nambara14 | 2018-07-18 19:51 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 6


         W.シェークスピア


だからあなたの美のエッセンスが抽出される前にあなたの中の夏を

冬のざらざらした手で台無しにさせないようにしなさい

ある容器を甘美な液体で満たしなさい そして美の宝が自ら滅びる前に

あなたは美の宝でどこかを飾りなさい

喜んで負債を返済するひとびとを幸福にする美の宝の使い方なら

高利をとることは禁じられていない

ほかのあなたを生み出すのはあなた自身だ

あるいはひとりから十人に増えれば十倍幸福だろう

あなたの十人の子がさらに十倍あなたを生み出せば

あなた自身も十倍幸福になるだろう

それならあなたが亡くなったとしても

死は手も足も出ず あなたを後世に生かすことになる

どうか自らにこもらないでください なぜなら

死の餌食になりあなたの遺体を蛆虫の巣にするには

あなたはあまりに美しいからだ



SonnetVI


             W.Shakespeare


Then let not winter's ragged hand deface,

In thee thy summer, ere thou be distilled:

Make sweet some vial; treasure thou some place

With beauty's treasure ere it be self-killed.

That use is not forbidden usury,

Which happies those that pay the willing loan;

That's for thy self to breed another thee,

Or ten times happier, be it ten for one;

Ten times thy self were happier than thou art,

If ten of thine ten times refigured thee:

Then what could death do if thou shouldst depart,

Leaving thee living in posterity?

Be not self-willed, for thou art much too fair

To be death's conquest and make worms thine heir.



by nambara14 | 2018-07-12 21:40 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


  ソネット 5


                W.シェークスピア

                 南原充士 訳


すべての目は愛らしく見つめる視線にこそ存在し

その視線を丁寧に作り上げてきた歳月は

同じような手管できわめて美しいものを虐げ醜くするだろう、

決して休むことない時は夏をおぞましい冬へと連れて行き

夏をそこで壊してしまう、

樹液は霜に妨げられ 青い葉はことごとく失われる

美は雪に覆われ あたりがすべて裸地となる。

もし夏の間に抽出したものがなければ

つまりガラスの容器に閉じこめられた液体の囚人がいなければ

美の効能は美とともに失われてしまうだろう

そればかりか美が存在したという記憶さえ失われてしまうだろう。

だが花から香りを抽出しておけば 冬を迎えても

そのうわべの美は失われるにせよ その本質は末永く甘美さをとどめるだろう。


Sonnet V


         W. Shakespeare


Those hours, that with gentle work did frame

The lovely gaze where every eye doth dwell,

Will play the tyrants to the very same

And that unfair which fairly doth excel;

For never-resting time leads summer on

To hideous winter, and confounds him there;

Sap checked with frost, and lusty leaves quite gone,

Beauty o'er-snowed and bareness every where:

Then were not summer's distillation left,

A liquid prisoner pent in walls of glass,

Beauty's effect with beauty were bereft,

Nor it, nor no remembrance what it was:

But flowers distilled, though they with winter meet,

Leese but their show; their substance still lives sweet.



by nambara14 | 2018-07-03 14:13 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)