人気ブログランキング |

<   2018年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

    

      ソネット 154


                     W.シェークスピア

                     南原充士 訳


年若い愛の神は 心に火を付ける松明をかたわらにおいたまま

眠りに落ちていた

そこへ清らかに生きることを誓った多くの妖精たちが

通りかかった、その中の最も美しい妖精が

多くの者の純粋な心を熱くしてきた火を その手で拾い上げた。

そうして激しい欲望の将軍は

眠っている間に処女の手によって武器を奪われたのだ。

彼女はその松明を近くの冷たい泉に沈め

その泉は愛の火によって熱せられ続けて

ついに病気療養のための温泉となった

恋人の虜となったわたしは病気を治すためにその温泉に行った

そして、愛の火は水を熱するが、水は愛を冷やさない、ということを明らかにしたのだ。



Sonnet CLIV

W.Shakespeare

The little Love-god lying once asleep,
Laid by his side his heart-inflamingbrand,
Whilst many nymphs that vowed chastelife to keep
Came tripping by; but in her maidenhand
The fairest votary took up that fire
Which many legions of true hearts hadwarmed;
And so the General of hot desire
Was, sleeping, by a virgin handdisarmed.
This brand she quenched in a cool wellby,
Which from Love's fire took heatperpetual,
Growing a bath and healthful remedy,
For men diseased; but I, my mistress'thrall,
Came there for cureand this by that I prove,
Love's fire heatswater, water cools not love.


by nambara14 | 2018-05-31 19:02 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


    ソネット 153

              W.シェークスピア 

                    南原充士 訳

キューピッドが松明をそばに置いて眠っていた。

女神ディアナの侍女はこの機会を見逃さなかった

そして恋心に火をつける炎がすばやく

その地の冷たい谷の泉に突入した。

この泉は 聖なる愛の炎から 古来より強烈だった熱を取り入れ持続させ 

沸き返る温泉を産み出した

それは奇妙な疾病に対して最高の療養地だとひとびとが今なお保証するのだ。

だが、わが恋人の目に向けて松明が新たに灯されたので

少年は試しにわが胸に触れようとするだろう。

病気のわたしは、温泉の助けを強く望んで

そこへと急いだ、哀れな病人の客として、

だが、治りはしなかった、わが助けとなる温泉は

キューピッドが新たに火を着けたところ、すなわち

わが恋人の目の中にあるのだ。

Sonnet CLIII

     W. Shakespeare  

Cupid laid by his brand and fell asleep:
A maid of Dian's this advantage found,
And his love-kindling fire did quickly steep
In a cold valley-fountain of that ground;
Which borrowed from this holy fire of Love,
A dateless lively heat, still toendure,
And grew a seething bath, which yet men prove
Against strange maladies a sovereign cure.
But at my mistress' eye Love's brand new-fired,
The boy for trial needs would touch my breast;
I, sick withal, the help of bath desired,
And thither hied, a sad distempered guest,
But found no cure,the bath for my help lies
Where Cupid got new fire; my mistress' eyes.






by nambara14 | 2018-05-29 20:03 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 127


                   W.シェークスピア

                    南原充士 訳


昔は、黒は美しいとはされなかった、

あるいはそうだったとしても、黒は美という名前は持たなかった

だが、今では、黒は美の後継者だ

美は庶子という恥辱によって貶められもする。

なぜならめいめいの手は女神の力を身に付けていて

化粧を施した偽りの借り物の顔で醜さを美しく見せるので、

甘美さは名も無く、聖なる私室も持たず

冒涜されるからだ、恥辱に生きるとまでは言わないまでも。

それゆえ、わたしの恋人の目は鴉のように黒い

彼女の目はそのように黒いので、その点において

生来のブロンドではなく、美しくもなく、

偽りの粧により生来の美を貶める弔問者のように見える。

だがしかし、彼女の目はその悲哀にふさわしく哀悼の意を表するので

だれの舌も美はそんなふうに見えるものだと言うのだ。



 Sonnet CXXVII


W. Shakespeare


In the old age black was not counted fair,
Or if it were, it bore not beauty's name;
But now is black beauty's successive heir,
And beauty slandered with a bastard shame:
For since each hand hath put on Nature's power,
Fairing the foul with Art's false borrowed face,
Sweet beauty hath no name, no holy bower,
But is profaned, if not lives in disgrace.
Therefore my mistress' eyes are raven black,
Her eyes so suited, and they mourners seem
At such who, not born fair, no beauty lack,
Sland'ring creation with a false esteem:
Yet so they mourn becoming of their woe,
That every tongue says beauty should look so.


by nambara14 | 2018-05-28 20:22 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


      ソネット 2

                W.シェークスピア           
                  南原充士 訳

四十回の冬があなたの額を包囲し
 あなたの美しい野原に深い塹壕を掘るだろうとき、
 今そんなにも見つめられるあなたの誇らしい服装は
 価値の乏しいみすぼらしい身なりになってしまうだろう。
 そして あなたの美しさはどこにあるのか
 あなたの活力に満ちた日々の財宝はどこにあるのか、と問われるとき、
 答えるとすれば、あなた自身の深くくぼんだ目の中に
 全てを蝕む恥辱と無用な称賛がある、
 あなたの美しさの使い道へのそれ以上の称賛がありうるだろうか
 ということになるだろう。
 もしあなたが 「この美しいわたしの子供が、わたしの女性経験を勘定し、
 わたしのように年寄りじみた言い訳をするだろう」と答えて、
 あなたの後継ぎによってその美しさを証明することができるなら、
 それはあなたが年老いた時に新たに生まれなおすということになるだろう
 そしてあなたが自分の血が冷たいと感じる時にそれは温かいと思うだろう。


 
         Sonnet II

When forty winters shall besiege thy brow,
And dig deep trenches in thy beauty's field,
Thy youth's proud livery so gazed on now,
Will be a totter'd weed of small worth held:
Then being asked, where all thy beauty lies,
Where all the treasure of thy lusty days;
To say, within thine own deep sunken eyes,
Were an all-eating shame, and thriftless praise.
How much more praise deserv'd thy beauty's use,
If thou couldst answer 'This fair child of mine
Shall sum my count, and make my old excuse,'
Proving his beauty by succession thine!
This were to be newmade when thou art old,
And see thy blood warm when thou feel'st it cold.


by nambara14 | 2018-05-26 23:04 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 1

                        

                      W.シェークスピア

                        南原充士 訳


最も美しい生き物が繁栄することをわれわれは願う

それによって美しい薔薇の品種が絶滅することのないように

だが、より熟したものは時とともに滅びるので

その若い後継ぎがその記憶を保ち続けるだろう。

だが、自分の明るい目を保つことを義務付けられたあなたは

自分自身を燃料として自分の光の炎に与え

豊穣な場に飢饉をもたらす

自分自身というあなたの敵は、あなたの甘美な自身に対してあまりに残酷だ。

今世界の新鮮な飾りであり、

華やかな春の先触れであるあなたは

自分自身のつぼみの中に自分の歓びを埋め、

そして、若い男よ、けちけちしながら浪費をする。

世界を哀れめ、さもなければこの大食らいは

世界に与えられたものを食いつくして、墓とあなたのかたわらに横たわるだろう。


     

Sonnet I


Fromfairest creatures we desire increase,
That thereby beauty's rose might never die,
But as the riper should by time decease,
His tender heir might bear his memory:
But thou contracted to thine own bright eyes,
Feed'st thy light's flame with self-substantial fuel,
Making a famine where abundance lies,
Thy self thy foe, to thy sweet self too cruel:
Thou that art now the world's fresh ornament,
And only herald to the gaudy spring,
Within thine own bud buriest thy content,
And, tender churl, mak'st waste in niggarding:

Pity the world, or else this glutton be,

To eat the world's due, by the grave and thee.




by nambara14 | 2018-05-23 22:01 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 76


      .シェークスピア

       南原充士 訳  


なぜわたしの詩句には誇れるような新鮮さがなく

変化も素早い転換もほとんどないのだろう?

時の経過とともに わたしは

新たに見出された手法や知らない合成語に目を向けるべきではないのだろうか?

なぜわたしはいつまでもひとつのことを同じように書き、

すべての言葉がそれらの出自やその後の変遷を示しながら

ほとんどわたしの名を告げるという

よく知られた装いで創作し続けるのだろうか?

おお、恋人よ、わたしはいつもあなたのことを書くのだ

そしてあなたと愛のことがいまなおわたしのテーマなのだ

だからわたしにとって最善なのは使い古された言葉を新しく装わせることだ

すでに使われたものをふたたび使うことだ

なぜなら太陽が日々出没をくりかえすように

わたしの愛もまたすでに語られたことを語り続けているのだから


Sonnet Lxxvi


-Poem by William Shakespeare


Why is my verse so barren of new pride,
So far from variation or quick change?
Why with the time do I not glance aside
To new-found methods and to compounds strange?
Why write I still all one, ever the same,
And keep invention in a noted weed,
That every word doth almost tell my name,
Showing their birth and where they did proceed?
O, know, sweet love, I always write of you,
And you and love are still my argument;
So all my best is dressing old words new,
Spending again what is already spent:
For as the sun is daily new and old,
So is my love still telling what is told.


by nambara14 | 2018-05-17 19:49 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 65


                W.シェークスピア

                 南原充士 訳 


真鍮も、石も、陸地も、涯無き海も

悲しい死の定めには勝てないから

美はこの怒りをもってどのように争うのだろうか?

花より強い行為はありうるだろうか?

おお、夏の蜂蜜のような香りは

荒々しい日々の周到な包囲網に対して抵抗できるだろうか

堅固な岩石がそれほど頑強でなければ

あるいは鉄の扉がそれほど強固でなければ、時は朽ちるだろうか?

おお、恐ろしい思索よ!ああ、

時の最高の宝石は時の宝石箱から隠されているのだろうか?

あるいはいかなる強い手が時の俊足を押さえ込めるだろうか?

あるいはだれが時が美を損なうのを禁じうるだろうか?

何者もできないだろう、

この黒いインクの中で私の愛が今なお明るく輝くという奇跡が有効でない限り


    Sonnet Lxv

-Poem by William Shakespeare


Since brass, nor stone, nor earth, nor boundless sea,
But sad mortality o'er-sways their power,
How with this rage shall beauty hold a plea,
Whose action is no stronger than a flower?
O, how shall summer's honey breath hold out
Against the wreckful siege of battering days,
When rocks impregnable are not so stout,
Nor gates of steel so strong, but Time decays?
O fearful meditation! where, alack,
Shall Time's best jewel from Time's chest lie hid?
Or what strong hand can hold his swift foot back?
Or who his spoil of beauty can forbid?
O, none, unless this miracle have might,
That in black ink my love may still shine bright.


by nambara14 | 2018-05-14 21:38 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 88

                  

                    W・シェークスピア

                     南原充士 訳


あなたがわたしに火をつけたいと思い

嘲りの目の中にわたしを晒そうとするとき

あなたのそばでわたしは自分自身と争い

あなたが偽証したにせよ あなたが高潔であることを

熟知しているわたし自身の弱さで証明するだろう

あなたの役割について わたしは隠された過ちの物語を作るだろう

そこではわたしは汚されるが   

あなたはわたしを失うことで多くの栄光を勝ち得るだろう

そしてこのことによってわたしも利得を得ることになるだろう

わたしのすべての愛の思いをあなたに寄せる代わりに

わたしが自分自身に与える傷は

あなたにアドヴァンテージを与え わたしにその倍のアドヴァンテージを与える

それがわたしの愛であり、わたしはあなたのものなので

あなたの正しさに対してわたしはすべての不正を引き受けるだろう


 Sonnet LXXX


            W.Shakespeare


Whenthou shalt be disposed to set me light,
And place my merit in the eye of scorn,
Upon thy side against myself I'll fight,
And prove thee virtuous, though thou art forsworn.
With mine own weakness being best acquainted,
Upon thy part I can set down a story
Of faults conceal'd, wherein I am attainted,
That thou in losing me shalt win much glory:
And I by this will be a gainer too;
For bending all my loving thoughts on thee,
The injuries that to myself I do,
Doing thee vantage, double-vantage me.
Such is my love, to thee I so belong,
That for thy right myself will bear all wrong.


by nambara14 | 2018-05-11 22:27 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)

自虐的

膠着を 脱する技を 見いだせず ごこちないまま ひきつる笑い


なにかしら きっかけ見つけ 抜ける闇 自然のごとく 振る舞ってみる


いつまでも 風雨続かず 自らを 励まして発つ 今朝の日課へ


不器用な 手つき顔つき 体つき 誠実だけで 通らぬ世間


冷酷で 可愛げなくて 非協力 言葉もなくて 開き直れば


頑なで 愛想がなくて ひねくれて 不遜なひとに なるなよ自分


by nambara14 | 2018-05-01 13:56 | 五七五七七系短詩 | Comments(0)

5月へ


五月への 暦をめくり 晴れた空 心を飛ばす ひとひらの雲


にこやかに あいさつをする 初夏の 風さわやかに 隣家へ過ぎる


ほんとうは わかりあえない 人同士 ためらう手と手 そっとつなげる


by nambara14 | 2018-05-01 10:15 | 五七五七七系短詩 | Comments(0)