人気ブログランキング |

<   2016年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

    ディラン・トマス英詩について


 英語の詩をそれほど多く読んだわけではないが、若いころいくつかの英語の詩集を手に取ったなかでは、ディラン・トマスが心に残っていた。

 何十年も経って、最近ふとしたことから、ディラン・トマスの詩を翻訳してみようと思い立った。
 彼は1914年生まれで1953年没とあるから、活躍したのはずいぶん前のことになる。

 しかし、今読んでも「現代詩」のようなインパクトを感じることができる。

 言葉の使い方が独特でイメージもとらえにくいので、翻訳するのは容易ではないが、不思議な魅力があるから、挑戦してみたくなるのだろう。

 とりあえず10篇訳してみたが、あと数篇で一区切りをつけようと考えている。

[ディラン・トマスの詩の和訳は、とりあえず以下の10篇です]

 
1. 緑のヒューズを通って花を咲かせる力が
2. 十月の風が傷めつけるときはとりわけ
...
3. 愛の最初の熱狂から疫病へ
4. はじめに
5. おれは眠りと仲良くなった
6. おれは自分の起源の夢を見た
7. 複雑なイメージの中でおれは
8. あなたはおれの父親になってくれませんか?
9.じっと待て、カッコーの月のこれら古代の分よ
10. その文書に署名をした手は


 お読みになった方がいらっしゃったら、ぜひ感想やご意見をお寄せいただきたい。

 よろしくお願いいたします。

なお、ディラン・トマスについては、こちらをご覧ください。

 →ディラン・トマス

 

                              平成28年7月

                                南原充士

by nambara14 | 2016-07-22 13:20 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)



 その文書に署名した手は


            ディラン・トマス

               南原充士 訳


その文書に署名した手は街を破壊した、

五本の君主の指は息をするのにも税金を課し、

死者の天体を二倍にし、国家を半分にした

これらの五人の王は一人の王を死に至らしめた


力強い手は傾斜した肩に続く

指の関節はチョークによって挟まれる

鵞ペンは話し合いに終止符を打った殺人に

終止符を打った


その条約に署名した手は熱狂を生んだ

そして飢饉が広がり、イナゴが襲来した

偉大なのは

走り書きした名前で人間を支配する手だ


五人の王は死者を数えるが

かさぶたのできた傷をやわらげることも額に手をあてがうこともない

手が天国を支配するように手は憐れみを支配する

手は流すべき涙を持たない



The Hand That Signed The Paper


- Poem by Dylan Thomas


The hand that signed the paper felled acity;
Five sovereign fingers taxed the breath,
Doubled the globe of dead and halved a country;
These five kings did a king to death.

The mighty hand leads to a slopingshoulder,
The finger joints are cramped with chalk;
A goose's quill has put an end to murder
That put an end to talk.

The hand that signed the treaty bred afever,
And famine grew, and locusts came;
Great is the hand that holds dominion over
Man by a scribbled name.

The five kings count the dead but do not soften
The crusted wound nor pat the brow;
A hand rules pity as a hand rules heaven;
Hands have no tears to flow.


by nambara14 | 2016-07-21 14:57 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)


じっと待て、カッコーの月のこれら古代の分よ


                     ディラン・トマス

                      南原充士 訳 


じっと待て、カッコーの月のこれら古代の分よ、

グラモーガンの丘の上のひょろ長い四つめのフォリーの下で、

新しい花々が時に駆り立てられて咲き上っていくから、

後足立ちの猟犬を連れて乗馬の跳躍をする同州の人のような、

フォリーの乗者の中の時が、

つり下がっている南方から、

おれの部下や子供たちをけしかける 


祖国よ、おまえの楽しい季節は夏だ、そして

給水管のそばの十二月の水たまりや実をつける木々のそばの給水塔は、

この五番目の月に杭で囲われないままだし、鳥たちは飛び去ってしまった、

じっと待て、物語かもしれない世界の中のわが国の子供たちよ、

鹿たちが獣道で転ぶとき滅びてゆく緑の森、

最初の尖塔のような季節から、夏の獲物へと


そして今英国のホルンが形通りの音で、

おまえの雪のような騎手を呼び寄せ、四つの列を持った丘が、

ざわめく海峡の向こうに岩を活かす、

丸石が盛り上がる時、ハードルと銃と手すりが、

悪徳の中のバネのように 骨をへし折る四月を砕き、

ひょろ長いフォリーの狩人と強く持ち続ける希望を振り落とす


忍び足で歩く四つの天候が緋色の土地の上に落ちて来て、

血の尻尾を持っておれの子供たちの顔に忍び寄る、

馬具を付けた谷から立ち上がる乗者の中の時、

じっと待て、わが国のダーリンよ、

金色のグラモーガンがまっすぐになり、

落ちてくる鳥の方へ鷹が降りてくるから、

春は怒って走り去るのでおまえの楽しい季節は夏だ


    

Hold Hard,These Ancient Minutes In The Cuckoo's Month


        -Poem by Dylan Thomas


Hold hard, these ancient minutes in the cuckoo'smonth,
Under the lank, fourth folly on Glamorgan's hill,
As the green blooms ride upward, to the drive of time;
Time, in a folly's rider, like a county man
Over the vault of ridings with his hound at heel,
Drives forth my men, my children, from the hanging south.

Country, your sport is summer, and December's pools
By crane and water-tower by the seedy trees
Lie this fifth month unstaked, and the birds have flown;
Holy hard, my country children in the world if tales,
The greenwood dying as the deer fall in their tracks,
The first and steepled season, to the summer's game.

And now the horns of England, in the sound of shape,
Summon your snowy horsemen, and the four-stringed hill,
Over the sea-gut loudening, sets a rock alive;
Hurdles and guns and railings, as the boulders heave,
Crack like a spring in vice, bone breaking April,
Spill the lank folly's hunter and the hard-held hope.

Down fall four padding weathers on the scarlet lands,
Stalking my children's faces with a tail of blood,
Time, in a rider rising, from the harnessed valley;
Hold hard, my country darlings, for a hawk descends,
Golden Glamorgan straightens, to the falling birds.
Your sport is summer as the spring runs angrily.


by nambara14 | 2016-07-18 20:19 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)

 

    あなたはおれの父親になってくれませんか


                    ディラン・トマス

                        南原充士 訳


あなたはおれの父親になってくれませんか、あるいはおれの高い塔のために

まっすぐ伸ばした腕を彼女の墓石に投げ入れてくれませんか?

あなたはおれの母親になってくれませんか、あるいはおれは

恋人たちの家なので、おれの染みに戸惑いながら横たわってくれませんか?

あなたはおれの姉さんになってくれませんか、あるいは

直立した犯罪をおれの高い小塔のためにあなたの罪として引き受けてくれませんか?

あなたはおれの兄さんになってくれませんか、あるいはあなたが登るとき

おれの窓々を夏の風景にふさわしいと称賛してくれませんか?


おれもまた父親ではないのでしょうか、上昇する少年、

女に好かれる少年、湾の中の肉体と夏をマークするいやらしい注視者

ではないのでしょうか?

おれはおれの救世主である姉でもないのでしょうか?

おれは 鳥や貝がおれの塔の中で騒いでいる

ある方向に開けた海辺にいるあなたがたのだれでもないのでしょうか?

おれは潮の流れのある海辺に面するあなたでもなく、あるいは

砂の屋根でも、高く積み上げるかわら職人でもないのでしょうか?


「あなたはこれらすべてなのです」と、彼女はおれに長くしゃぶらせた後で言った、

「これらすべては」と、子供たちの街を略奪した彼が言った、

おれのために狂ってしまったアブラハムという男が立ち上がった、

たたき切られて機嫌を取られたかれらが言った、「おれたちはあなたのものだ」と、

おれの木製のフォリーのスタンドをびっくりするほど打ち壊した塔は言った、

「あなたは永遠の打撃によって打ち壊されるのだ」と、

糊のように乾いたものの中の子供を設ける男たちのために、

環状の海の幽霊が難破船から不気味に立ち上がる


あなたは破壊する砂の上のおれの父親になってくれませんか?

「あなたはあなたの姉さんの父親だ」と、海藻が言った、

紳士淑女の役割を適切に演じる陸上のダムやダーリンを塩が吸った

おれはこれからもなお反時計回りの地球の上の愛の家であり続けるのだろうか?

それはおれの避難所のおしゃべりな石工たちにとっては悲しみであるが、

「愛の家そして塔の死は 墓の罪食い人のことを知らないまま みな横たわる」と、かれらが答える






      Do You Not Father Me



                   - Poem by DylanThomas


Do you not father me, nor the erected arm
For my tall tower's sake cast in her stone?
Do you not mother me, nor, as I am,
The lovers' house, lie suffering my stain?
Do you not sister me, nor the erected crime
For my tall turrets carry as your sin?
Do you not brother me, nor, as you climb,
Adore my windows for their summer scene?

Am I not father, too, and the ascending boy,
The boy of woman and the wanton starer
Marking the flesh and summer in the bay?
Am I not sister, too, who is my saviour?
Am I not all of you by the directed sea
Where bird and shell are babbling in my tower?
Am I not you who front the tidy shore,
Nor roof of sand, nor yet the towering tiler?

You are all these, said she who gave me the long suck,
All these, he said who sacked the children's town,
Up rose the Abraham-man, mad for my sake,
They said, who hacked and humoured, they were mine.
I am, the tower told, felled by a timeless stroke,
Who razed my wooden folly stands aghast,
For man-begetters in the dry-as-paste,
The ringed-sea ghost, rise grimly from the wrack.

Do you not father me on the destroying sand?
You are your sisters' sire, said seaweedy,
The salt sucked dam and darlings of the land
Who play the proper gentleman and lady.
Shall I still be love's house on the widdershin earth,
Woe to the windy masons at my shelter?
Love's house, they answer, and the tower death
Lie all unknowing of the grave sin-eater.


by nambara14 | 2016-07-14 10:33 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)

自分


反対と 言う顔あれば 暑苦し

賛成と 言う顔あれば うそ寒し

わからない うつろな今を ともにいて


by nambara14 | 2016-07-14 09:58 | 五七五系短詩 | Comments(0)

  

    複雑なイメージの中でおれは


                     ディラン・トマス

                      南原充士 訳



複雑なイメージの中でおれは二つのレヴェルの上を歩く、

人間のミネラルで作られたさわがしい演説者が

おれの金属製の幽霊を退散させる、

この双子の片方の世界の尺度がもう片方の世界を踏みつける、

武装したおれの半分の幽霊よ、

おれが人間から金属へと歩む死の廊下でじっと待て


球根の運命から始まって春はほどける、

その紡ぎ車のように明るい疝痛の季節が

花びらの世界に取り掛かる、

春は器具と針から糸を外し、血と泡を

松の根っこに投げ入れ、

裸の内臓からあの山のような人間を育てる


幽霊の運命からはじまって、湧き出す驚異、

イメージの中のイメージ、イトシャジンの花の中を通って前に進む、

おれの金属の幻影、

おれの葉と銅の根っこの人間、死すべきもの、不死のもの、

薔薇と雄の動作の融合の中で、

おれはこの双子の奇跡を生み出す


これが人類の運命だ、自然の脅威、

鳶職が修理をする塔、骨の軌道を持ち、主のいない、

これ以上自然な死はない、

このように影を持たない人間あるいは牡牛、描かれた悪魔が、

静寂に囚われて、ひどく迷惑な行為を犯す、

自然の平行線

おれのイメージが木々や坂になった対壕のトンネルにからみつく、

これ以上危険な歩みはない、緑の階段と尖塔が

人間の歩みに乗っかる、

イラクサの木の中の木製の昆虫とともにおれは、

かたつむりと花とぶどうのガラスのベッドの中で、

悪天候が静まるのを聞く

終末期の複雑な人類、傷病のライヴァルたち、
シンボルとしての港を時計回りに出航し、

最終の水路を見出し、

肺病患者のテラスで、二度別れを告げ、

吹き荒れる海上を、目的地へ向けて、

冒険の航海へと乗り出す



彼らは地方の峰に登る、

12の風が牧草地で白いホストと出会い、

馬に乗せられた牧草を丘の柵の中へと追い込む、

彼らはリスがつまずくのを見る、

疾走するカタツムリが花の回りを目がくらむほど素早く移動する、

らせん状の風の中の天候と木々との争い

彼らが飛び降りると、埃が収まる、

死体のような砂利が落ちて厚くしっかりと積もる、

幹線水路では、

海熊とカツオが長い波を動脈にし、

石油のような顔をやみくもに敵に向け、

乗る者のないものを海峡の壁のそばで動かなくさせる


(切れ長の目をぱっちりと開かせる

死の道具、らせん状のターンキー、

へそと乳首を中心とするおまえのコルク栓抜きの墓場、

仮面とエーテルの下の鼻孔の頸部、

それらはナイフを載せたトレイ、防腐剤の葬式を血みどろにする


黒いパトロール隊を連れてこい、

アザミの花の下に駐屯する

おまえの怪物のような士官と弱体化する軍隊、

自動榴弾砲を携えた歩哨、
ラザロに向かって、朝は虚栄であると鳴いて告げる

糞山のうえの雄鶏、

塵埃は魔法の土の下でおまえの救済者であるだろう)


彼らがおぼれるとき、チャイムが鳴る、

波頭でダイヴァーのベルが鳴って、

死海のスケールにやさしく別れを告げる、

そして、トリトンが現れるまで水の中に放り込まれて、

亜麻色のクジラ草に絡まれて、死刑執行人の筏から、

彼らは塩のガラスの砕け波と埋葬の言葉を聞く


(海のスピンドルを横に回せ、

回転する溝のある土地、稲妻の針が月からできたテーブルの上の声の顔を照らす、
蝋のディスクにしゃべらせろ、

恥辱や湿った不名誉、遺跡の発掘について、

これらはおまえの何年にもわたる記録者だ。丸い世界がじっとしている。)


彼らは不死の水に苦しむ、

そこでは亀が繊維スケーリングをかじる、

海に孤絶した塔に来て、

肉の付いた頭蓋骨の飛行、

段階的に区分けされた金属筒、

おれの混乱よ、苦しめ、

二重の天使がアラン島の木のように石のロッカーから生み出されることに


おまえのひとりの幽霊によって突き刺されよ、彼の尖った口金、

フォリーの上の、真鍮と胴体のないイメージ、

ヤコブの角度の星の入り、

煙の丘と麻薬中毒者の谷、

そしてその父の珊瑚礁の上の5尋の丈のハムレットが

小人の視界を鉄のマイルへと押し広げる


緑のフィンをもった切り株による視界の切断に苦しめ、

人間の列のところで砕けた船の波のそばに停泊させよ、

筋肉の難破の中の、

熱せられた骨の下向きの航海、

恋人たちよ、錠を下ろすのを、そして海蝋のように争うのをやめよ、

うなぎの寝床を通る霧のように、あるいは火のように愛せ

そして沸騰する円形のハサミの中で、

時間の錠に刻み目を入れられた海と道具、

激しく雨の降る街の中で唯一の

おれの偉大な血の鉄、

火を煽る風の中で、未熟なアダムの揺籃から、

おれはワニを引っかきだした、

だれよりも巧みな魔法を用いて

人間は尺度だった、エナメルの塗ってある死の鳥、

尻尾、ナイル川、鼻、注文殺到の馬具屋、

時刻のない家々における時間、

それが海で孵った頭蓋骨を揺らす、

そして 飛行する聖杯の油や軟膏について言えば、

がらんどうの人間が白い衣装を求めて泣いたのだった

人間は覆面をした死体だった、身を包むマント、

人間の親方は空虚でいやなファザムだった、

人間のミネラルで作られた、

金属のネプチューンの姿のおれの幽霊、

これは複雑な海の渦における創世の神であった、

そしておれのイメージたちは天国の丘で咆吼し立ち上がるのだった



      I, In My Intricate Image


                    - Poem by DylanThomas


I

I, in my intricate image, stride on two levels,
Forged in man's minerals, the brassy orator
Laying my ghost in metal,
The scales of this twin world tread on the double,
My half ghost in armour hold hard in death's corridor,
To my man-iron sidle.

Beginning with doom in the bulb, the spring unravels,
Bright as her spinning-wheels, the colic season
Worked on a world of petals;
She threads off the sap and needles, blood and bubble
Casts to the pine roots, raising man like a mountain
Out of the naked entrail.

Beginning with doom in the ghost, and the springing marvels,
Image of images, my metal phantom
Forcing forth through the harebell,
My man of leaves and the bronze root, mortal, unmortal,
I, in my fusion of rose and male motion,
Create this twin miracle.


This is the fortune of manhood: the natural peril,
A steeplejack tower, bonerailed and masterless,
No death more natural;
Thus the shadowless man or ox, and the pictured devil,
In seizure of silence commit the dead nuisance.
The natural parallel.

My images stalk the trees and the slantsap's tunnel,
No tread more perilous, the green steps and spire
Mount on man's footfall,
I with the wooden insect in the tree of nettles,
In the glass bed of grapes with snail and flower,
Hearing the weather fall.

Intricate manhood of ending, the invalidrivals,
Voyaging clockwise off the symboled harbour,
Finding the water final,
On the consumptives' terrace taking their two farewells,
Sail on the level, the departing adventure,
To the sea-blown arrival.


II


They climb the country pinnacle,
Twelve winds encounter by the white host at pasture,
Corner the mounted meadows in the hill corral;
They see the squirrel stumble,
The haring snail go giddily round the flower,
A quarrel of weathers and trees in the windy spiral.


As they dive, the dust settles,
The cadaverous gravels, falls thick and steadily,
The highroad of water where the seabear and mackerel
Turn the long sea arterial
Turning a petrol face blind to the enemy
Turning the riderless dead by the channel wall.


(Death instrumental,
Splitting the long eye open, and the spiral turnkey,
Your corkscrew grave centred in navel and nipple,
The neck of the nostril,
Under the mask and the ether, they making bloody
The tray of knives, the antiseptic funeral;

Bring out the black patrol,
Your monstrous officers and the decaying army,
The sexton sentinel, garrisoned under thistles,
A cock-on-a-dunghill
Crowing to Lazarus the morning is vanity,
Dust be your saviour under the conjured soil.)


As they drown, the chime travels,
Sweetly the diver's bell in the steeple of spindrift
Rings out the Dead Sea scale;
And, clapped in water till the triton dangles,
Strung by the flaxen whale-weed, from the hangman's raft,
Hear they the salt glass breakers and the tongues of burial.
土地、

(Turnthe sea-spindle lateral,
The grooved land rotating, that the stylus of lightning
Dazzle this face of voices on the moon-turned table,
Let the wax disk babble
Shames and the damp dishonours, the relic scraping.
These are your years' recorders. The circular world stands still.)

III


They suffer the undead water where theturtle nibbles,
Come unto sea-stuck towers, at the fibre scaling,
The flight of the carnal skull
And the cell-stepped thimble;
Suffer, my topsy-turvies, that a double angel
Sprout from the stony lockers like a tree on Aran.


Be by your one ghost pierced, his pointed ferrule,
Brass and the bodiless image, on a stick of folly
Star-set at Jacob's angle,
Smoke hill and hophead's valley,
And the five-fathomed Hamlet on his father's coral
Thrusting the tom-thumb vision up the iron mile.

Suffer the slash of vision by the fin-greenstubble,
Be by the ships' sea broken at the manstring anchored
The stoved bones' voyage downward
In the shipwreck of muscle;
Give over, lovers, locking, and the seawax struggle,
Love like a mist or fire through the bed of eels.

And in the pincers of the boiling circle,
The sea and instrument, nicked in the locks of time,
My great blood's iron single
In the pouring town,
I, in a wind on fire, from green Adam's cradle,
No man more magical, clawed out the crocodile.

Man was the scales, the death birds onenamel,
Tail, Nile, and snout, a saddler of the rushes,
Time in the hourless houses
Shaking the sea-hatched skull,
And, as for oils and ointments on the flying grail,
All-hollowed man wept for his white apparel.

Man was Cadaver's masker, the harnessingmantle,
Windily master of man was the rotten fathom,
My ghost in his metal neptune
Forged in man's mineral.
This was the god of beginning in the intricate seawhirl,
And my images roared and rose on heaven's hill.


by nambara14 | 2016-07-05 11:29 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)