人気ブログランキング |

<   2016年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧


妖精の歌

               ウィリアム・シェークスピア

             南原充士 訳  

薮だらけの、イバラだらけの、

丘を越え、谷を越え、

洪水だらけの、火事だらけの、

園を越え、柵を越え、

月の軌道よりもすばやく、

おれはあちこちほっつき歩く、

そしておれは妖精の女王に仕えて

草原の上の妖精の輪を露で潤す

衛兵のような身なりのキバナノクリンザクラ、

それらの金のコートに点々が付いているのが見える

それは妖精の印しとしてのルビーかもしれない、

その点々には気品がある

おれはここいらですこし露の雫を探しにいかなければならない
そしてすべてのキバナノクリンザクラの耳に真珠を飾ってやらなければならない



     A Fairy Song
            
         - Poem by William Shakespeare


Over hill, over dale,
Thorough bush, thorough brier,
Over park, over pale,
Thorough flood, thorough fire!
I do wander everywhere,
Swifter than the moon's sphere;
And I serve the Fairy Queen,
To dew her orbs upon the green;
The cowslips tall her pensioners be;
In their gold coats spots you see;
Those be rubies, fairy favours;
In those freckles live their savours;
I must go seek some dewdrops here,
And hang a pearl in every cowslip's ear.






















    


by nambara14 | 2016-06-24 22:55 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)


おれは自分の起源の夢を見た


          ディラン・トマス

              南原充士 訳  


おれは眠りの汗をかきながら自分の起源の夢を見た

ドリルのモーターのように強靭な

回転する殻を破り

視界と桁を持つ神経の中を突き進んだ


虫けらの寸法を持つ手足

折り目の付いた肉体から分離され

草の中のあらゆる鉄

人間を溶かす光の中の太陽の金属によってやすりをかけられた


愛のしずくを保つ熱い静脈の跡継ぎ

おれの骨の中の高価な生き物

おれは遺産である天体の周りを回った

夜の装束を身に着けた人を通り抜けるボトムギアの旅


おれは自分の起源の夢を見そして再び死んだ

行軍する心臓に打ち込まれた榴散弾

縫った傷口そして凝固した風の穴

ガスを食った口の上の口輪をはめられた死、


二度目の死に際しておれは明確に丘々に記した

ドクニンジンの収穫、葉、錆病、

その草による二度目の苦難をおれに強いた

鎮められた死者の上のおれの血を


そしておれが生まれたとき力は伝染性を持っていた

骨格の二度目の形成そして

裸の幽霊は再び服を着て 

ぶりかえす痛みのため唾を吐いた人類


おれは死の汗をかきながら自分の起源の夢を見た

餌を与える海に二度落ち込み

アダムの塩水によって生気をなくしてしまっていた

新しい人間の強さのビジョンをもって

おれが太陽を追いかけるまでは



    I Dreamed My Genesis


- Poem by Dylan Thomas



I dreamed my genesis in sweat of sleep, breaking
Through the rotating shell, strong
As motor muscle on the drill, driving
Through vision and the girdered nerve.

From limbs that had the measure of the worm, shuffled
Off from the creasing flesh, filed
Through all the irons in the grass, metal
Of suns in the man-melting light.

Heir to the scalding veins that hold love's drop, costly
A creature in my bones I
Rounded my globe of heritage, journey
In bottom gear through night-geared man.

I dreamed my genesis and died again, shrapnel
Rammed in the marching heart, hole
In the stitched wound and clotted wind, muzzled
Death on the mouth that ate the gas.

Sharp in my second death I marked the hills, harvest
Of hemlock and the blades, rust
My blood upon the tempered dead, forcing
My second struggling from the grass.

And power was contagious in my birth, second
Rise of the skeleton and
Rerobing of the naked ghost. Manhood
Spat up from the resuffered pain.

I dreamed my genesis in sweat of death, fallen
Twice in the feeding sea, grown
Stale of Adam's brine until, vision
Of new man strength, I seek the sun.


by nambara14 | 2016-06-22 09:45 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)

  
    おれは眠りと仲良くなった

                        ディラン・トマス
                    南原充士 訳                                                                                  

おれはおれの脳にキスをし時の涙を流させた眠りと仲良くなった
眠る者の目は光の方を向き月のようにおれを興奮させた
おれは踵を平らにして おれの相棒と一緒に飛び
夢そして上空へと降り立った

おれは地球を後にして、裸のままで、天候を上昇し
星々から遠く離れた第二の地上へ到着した
そこでわれわれ つまりおれと 
おれの母たちのような目をした幽霊のような相棒は
木々のてっぺんで泣いた
おれは羽のように軽やかに地上を後にした

「おれの父たちの」天体はそのネーブを叩き歌う
「われわれが踏んだこれもまたおまえの父たちの土地だった」
「だが、われわれが踏んだこれは天使たちを生み、
翼を持った彼らの父たちに似た顔はやさしい」
「これらはただ夢見るひとたちだ。息づき、そして消える」

天使たちに息を吹きかけたおれが
雲の岸辺にあって 墓地で騒ぐ幽霊のものではなくなったとき
おれの母に似た目を持つ肘の幽霊は消えうせた
おれは夢見る仲間たちをベッドに吹きやった
そこではかれらはまだ幽霊のことに気付かずに眠っている

そうして 生きている空気のあらゆる物質が
声を立て そして、おれは言葉に登り
手と髪でおれのヴィジョンを綴った
この土のある星の上で眠ることがいかに軽やかであるかを
世界中に立ちこめた雲の中で目覚めることがいかに奥深いものであるかを

太陽に向かって時間の梯子が伸びている
それぞれの段は愛 さもなければ最後まで失敗
人間の血によって嘲笑される背丈
いまなお幽霊の姿で上り続ける老いた狂人
おれの父たちの幽霊が雨の中で上り続けている



  I Fellowed Sleep

                

              - Poem by Dylan Thomas


I fellowed sleep who kissed me in the brain,
Let fall the tear of time; the sleeper's eye,
Shifting to light, turned on me like a moon.
So, planing-heeled, I flew along my man
And dropped on dreaming and the upward sky.

I fled the earth and, naked, climbed the weather,
Reaching a second ground far from the stars;
And there we wept I and a ghostly other,
My mothers-eyed, upon the tops of trees;
I fled that ground as lightly as a feather.

'My fathers' globe knocks on its nave and sings.'
'This that we tread was, too, your father's land.'
'But this we tread bears the angelic gangs
Sweet are their fathered faces in their wings.'
'These are but dreaming men. Breathe, and they fade.'

Faded my elbow ghost, the mothers-eyed,
As, blowing on the angels, I was lost
On that cloud coast to each grave-gabbing shade;
I blew the dreaming fellows to their bed
Where still they sleep unknowing of their ghost.

Then all the matter of the living air
Raised up a voice, and, climbing on the words,
I spelt my vision with a hand and hair,
How light the sleeping on this soily star,
How deep the waking in the worlded clouds.

There grows the hours' ladder to the sun,
Each rung a love or losing to the last,
The inches monkeyed by the blood of man.
And old, mad man still climbing in his ghost,
My fathers' ghost is climbing in the rain.


    by nambara14 | 2016-06-17 09:58 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)


        はじめに

                        
                        ディラン・トマス

                         南原充士 訳

    はじめに三角形の星があった

    のっぺらぼうの顔をよぎる光の一つの微笑み

    根を張る空気の中の一枝の骨

    最初の太陽に髄を与える実質が

    宇宙の回転の上の燃える暗号を突き刺す

    天国と地獄が回転しながら混じり合った

    はじめに薄い色の署名があった

    あの微笑みのように三音節を持ち星のような光を放つ署名が

    その後 水の上の印影が

    作られた顔の月の上へのスタンプが 現れた

    十字架と聖杯に触れた血が

    最初の雲に触れ予兆を残した

    はじめに燃え盛る火があった

    その火は 花のように鈍いひとつの閃光、
    三つ目の赤い目をした閃光により

    天候を明るく輝かせた

    生命は逆巻く海から生み出され

    根の中ではじけ 陸地と岩石

    草を成長させる秘密の油から汲み上げられた

    はじめに言葉があった、

    光の堅固な基盤から虚空のすべての文字を抽出した言葉があった

    そして息のもやもやした基盤から

    言葉が流れ始め、誕生と死の最初の性質を

    心臓にまで運んだ

    はじめに秘密の脳があった

    ピッチがひとつの太陽に向けられる前に

    その脳は思考の中で細胞分化したり結合したりした

    静脈が濾過される前に

    血は愛の骨付きのオリジナルを撃ち

    光の風へと撒き散らした

             ーーー

        In The Beginning

         - Poem by Dylan Thomas
      
      

    In the beginning was the three-pointedstar, 
    One smile of light across the empty face,
    One bough of bone across the rooting air,
    The substance forked that marrowed the first sun,
    And, burning ciphers on the round of space,
    Heaven and hell mixed as they spun.

    In the beginning was the pale signature,
    Three-syllabled and starry as the smile,
    And after came the imprints on the water,
    Stamp of the minted face upon the moon;
    The blood that touched the crosstree and the grail
    Touched the first cloud and left a sign.

    In the beginning was the mounting fire
    That set alight the weathers from a spark,
    A three-eyed, red-eyed spark, blunt as a flower,
    Life rose and spouted from the rolling seas,
    Burst in the roots, pumped from the earth and rock
    The secret oils that drive the grass.

    In the beginning was the word, the word
    That from the solid bases of the light
    Abstracted all the letters of the void;
    And from the cloudy bases of the breath
    The word flowed up, translating to the heart
    First characters of birth and death.

    In the beginning was the secret brain.
    The brain was celled and soldered in the thought
    Before the pitch was forking to a sun;
    Before the veins were shaking in their sieve,
    Blood shot and scattered to the winds of light
    The ribbed original of love.


    by nambara14 | 2016-06-14 21:26 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)


        愛の最初の熱狂から疫病へ

                       
                        
    ディラン・トマス

                            南原充士 訳

    愛の最初の熱狂から疫病へ、やわらかな秒から

    そして子宮の空虚な分へ

    開きはじめからハサミで切られた羊膜へ

    胸のための時とエプロンの年齢へ

    いかなる口も飢饉をかき混ぜることがなかったとき

    全世界はひとつだった、ひとつの風の吹く無だった

    おれの世界はミルクの流れの中で洗礼を受けた

    そして地と空はひとつのふわふわした丘のようだった

    太陽と月はひとつの白い光を投げかけた

    裸足でつける最初の足跡、挙げられる手、

    生え始める髪から

    心臓の最初の秘密、警告を発する亡霊から

    そして肉体への最初の言葉にならない驚きへ

    太陽は赤かった、月はグレーだった

    陸地と空とは二つの山の出会いのようだった

    体はよく成長した、髄を持った歯茎の中の歯、

    伸びる骨、神聖な腺の中の精子の噂、血液は心臓を祝福した

    そして長い間一つの風だった四つの風が

    おれの耳の中へ音の光を照らしつけ

    おれの目の中へ光の音を呼び寄せる

    そして増殖する砂は黄色だった

    金色の穀物はそれぞれその仲間に命を吹き込んだ

    歌の家は緑色をしていた

    おれの母が摘んだ梅はゆっくりと熟した

    彼女がかたわらの闇から光の膝へと産み落とした男児は

    たくましく成長し、筋肉がついて、マットに包まれ、叫びを上げる腿や

    空腹の声のような 風と太陽の騒音に悩まされる声に気づいた

    そして肉体の最初の堕落からおれは人間の言葉を学んで

    思考の形をひねって脳の石のようなイディオムにし、

    月影のない地所で言葉のぬくもりを必要としない死者たちによって

    置き去りにされた言葉たちに新たに陰影をつけ編集を加えた

    舌の根は衰えたがんにつながる

    蛆虫がそのXを持つところでは、それは単なる名前に過ぎないのだが

    おれは意志の動詞を学んだ そして自分の秘密を持った

    夜の暗号がおれの舌を叩いた

    一つだったものが多くの鳴り響きたがるものになった

    ひとつの子宮、ひとつの心がその物質から吐き出された

    ひとつの胸が発熱に乳を与えた

    分かれていく空からおれは二つということを

    回転して二十になった二つのフレームを持つ球体のことを学んだ

    百万の心が おれの目にフォークを突き刺すようなつぼみに乳を飲ませた

    若さは凝縮した 春の涙は

    夏にそして百の季節に溶け込んだ

    ひとつの太陽、ひとつのマンナが、暖めそして供せられた



    From Love's First Fever To Her Plague

    - Poem by Dylan Thomas




    From love's first fever to her plague, from the soft second
    And to the hollow minute of the womb,
    From the unfolding to the scissored caul,
    The time for breast and the green apron age
    When no mouth stirred about the hanging famine,
    All world was one, one windy nothing,
    My world was christened in a stream of milk.
    And earth and sky were as one airy hill.
    The sun and mood shed one white light.

    From the first print of the unshodden foot, the lifting
    Hand, the breaking of the hair,
    From the first scent of the heart, the warning ghost,
    And to the first dumb wonder at the flesh,
    The sun was red, the moon was grey,
    The earth and sky were as two mountains meeting.

    The body prospered, teeth in the marrowed gums,
    The growing bones, the rumour of the manseed
    Within the hallowed gland, blood blessed the heart,
    And the four winds, that had long blown as one,
    Shone in my ears the light of sound,
    Called in my eyes the sound of light.
    And yellow was the multiplying sand,
    Each golden grain spat life into its fellow,
    Green was the singing house.

    The plum my mother picked matured slowly,
    The boy she dropped from darkness at her side
    Into the sided lap of light grew strong,
    Was muscled, matted, wise to the crying thigh,
    And to the voice that, like a voice of hunger,
    Itched in the noise of wind and sun.

    And from the first declension of the flesh
    I learnt man's tongue, to twist the shapes of thoughts
    Into the stony idiom of the brain,
    To shade and knit anew the patch of words
    Left by the dead who, in their moonless acre,
    Need no word's warmth.
    The root of tongues ends in a spentout cancer,
    That but a name, where maggots have their X.

    I learnt the verbs of will, and had my secret;
    The code of night tapped on my tongue;
    What had been one was many sounding minded.

    One womb, one mind, spewed out the matter,
    One breast gave suck the fever's issue;
    From the divorcing sky I learnt the double,
    The two-framed globe that spun into a score;
    A million minds gave suck to such a bud
    As forks my eye;
    Youth did condense; the tears of spring
    Dissolved in summer and the hundred seasons;
    One sun, one manna, warmed and fed.


    by nambara14 | 2016-06-12 10:01 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)

    最近の詩集評(9)

    広田修詩集『zero』。現在は過去とつながっている。目に見えるものも目に見えないものを孕んでいる。時間も空間も謎だ。論理的で体系的で整合的で完璧な表現をめざす私を、理解不可能な鋼鉄の正義をふりかざして追撃するものがある。それが詩だ。異教徒として別の身体を得た私は詩人の覚悟をする。

    池田康『詩は唯物論を撃破する』(詩人の遠征7)。雑誌『洪水』の編集者であり詩人でもある著者が、近現代のマテリアリズムの絶望から人間の精神を解放する「生の秘儀」を遂行しうるのが詩であるとの仮説の下に、いくつかの詩篇を取り上げつつ、鋭い読解と論証を試みる、哲学的洞察に富んだ詩論書だ。

    平野晴子詩集『黎明のバケツ』。こころの迷子になった夫との日々。繰り返し描かれる排泄の場面。病名を告げられてから七年間は書けなかった現実。ためらいながらも書くことは夫と付き合う大切な方法となっていった。重たい日常を見つめ続ける中で綴られた言葉は、自らに救いを与えるように見える。

    「 生きているのを忘れるほどに
     美しい秋の日の縁側
     刈り取られていくオリザが
     かぐわしく匂ってくる

     こんな日は ただ
     吐いて吸って生きていたい」

           (「秋の日の縁側で」最終部分)

    宇宿一成詩集『透ける石』。石に関わる詩が13篇、その他が11篇。東日本大震災後の作品を集めた。さまざな災害や災厄が頻発する地球上で いかに平和な国をつなげるかを真摯に問いかけるとともに、一人の人間として詩人としての誠実な思いが述べられる。静かな語り口の中に強い人間愛が感じられる。

     「地球という
      生きた大きな割れ石は
      巧みに命を地上に描き
      またひと噴きで
      消し去ることもできる」

            (「石の息吹」部分)

    南川優子詩集『スカート』。イギリス在住の詩人南川の感性は意外性へと向かう。平凡な見方はない。りんごは爆弾、スカートは土を詰めた透明のビニール製、母はタンスだ。斬新で奇抜な発想の詩篇は知的でありユーモアに満ちている。とりわけ「骨」という作品は、人間の生死と情愛を巧みに描いた傑作だ。

    日原正彦詩集『163のかけら』。163のアフォリズム集といった体裁だが、実は、短い詩の形で、他者というよりもむしろ自分に向けて話しかけたり答えたりしているように見える。生きることのさまざまな思いや感情が飾りのない言葉で述べられる。そばに寄って黙って頷きたくなるような心境を感じる。


         「花はひらいて己の美しさを忘れ
          鳥は飛んで空の深さを忘れる」

              (「126」最終連)


    菅井敏文詩集『コラージュ』。日常生活から社会観察更には人間存在についての哲学的問いかけまでが、ユーモアや諧謔に富んだ言葉遊び詩、巧みなメタファーを駆使した詩そしてきまじめな情感に満ちた詩等さまざまなかたちの詩となって描かれる。骨壷に骨を納める場面を描いた「壺」の描写は実に正確だ。

    吉田義昭詩集『空気の散歩』。ガリレオを初め科学者が登場する詩、臨床心理学関係の詩、故郷長崎を取り上げた詩、計20篇を収録。若い頃から高いレベルの詩を書き続けてきた詩人の筆致は、人生経験を積んで益々渋みを増し透徹を極めている。科学を詩と融合させた詩人の面目躍如たるものがある詩集だ。


    水田安則詩集『残像』。肝臓病に冒されて亡くなった父の、家や病院での病状の変化を詳細に綴った、極めて重たい内容の詩集だ。今やどこにでもありうる高齢者の病気や介護だが、自分の身に降りかかれば深刻な現実となる。「ぼくの生体生理が/飢餓状態に陥るたび/柑橘の果実をむさぼりつくすしかなかった」(「柑橘の記憶」第2連冒頭)。


    原田道子詩集『かわゆげなるもの』。現代の巫女が語る現代の神話といった趣があり、宇宙的な広がりや時間の流れ、人間の歴史、最先端の科学に基づく知見等が、マクロとミクロを併せ持つ巨大なパノラマのように描かれる。「子宮」「ガイア」「美月」等のキーワードが人間をかわゆげなるものにしている。
                   
    by nambara14 | 2016-06-11 00:00 | 詩集・詩誌評等 | Comments(0)


       十月の風が傷めつけるときはとりわけ

                          ディラン・トマス

                            南原充士 訳

    十月の風が凍った指でおれの髪を傷めつけるときはとりわけ

    横歩きする太陽にとらわれておれは燃え立つように歩く

    そして地上にカニの影を投げかける

    海辺で鳥たちのざわめきを耳にし

    カラスが冬の棒杭の中で咳をするのを聞き

    おれのせわしない心臓は 話すときに震え

    どくどくと血を流しその言葉を吐き出す

    言葉の塔に閉じ込められておれもまた

    木々のように歩きながら地平線の上に記す

    女たちの言葉の形を そして

    公園で星の形のジェスチャーをする子供たちの列を

    だれかがおれにブナの母音からおまえを作らせ

    オークの声の中のあるものが 棘だらけの多くの州の根っこから

    おまえに言葉を告げる

    だれかがおれに水のお喋りからおまえを作らせる

    シダの鉢の後ろでチクタクする時計が

    おれに時間の言葉を告げ 神経の意味が軸のあるディスクの上を飛び

    朝を告げそして風見鶏の中の強風の天気に告げる

    だれかがおれに牧草地の標識からおまえを作らせる

    おれが知っているすべてを告げる信号の草が

    虫のような冬とともに目に入り込む

    だれかがおれにカラスの罪科をおまえに告げさせる

    十月の風が

    (だれかがおれに秋の呪文、蜘蛛の舌状の物そしてウェールズの騒がしい丘からおまえを作らせる)

    蕪の拳でこの土地を罰するときはとりわけ

    だれかがおれに非情な言葉でおまえを作らせる

    心臓は 急速にめぐる化学的な血液という綴りの血を抜きとられ

    迫りくる憤激を警告される

    海辺では暗い母音を持つ鳥たちの声が聞こえる


    Especially When The October Wind

    - Poem by Dylan Thomas

    Especially when the October wind
    With frosty fingers punishes my hair,
    Caught by the crabbing sun I walk on fire
    And cast a shadow crab upon the land,
    By the sea's side, hearing the noise of birds,
    Hearing the raven cough in winter sticks,
    My busy heart who shudders as she talks
    Sheds the syllabic blood and drains her words.

    Shut, too, in a tower of words, I mark
    On the horizon walking like the trees
    The wordy shapes of women, and the rows
    Of the star-gestured children in the park.
    Some let me make you of the vowelled beeches,
    Some of the oaken voices, from the roots
    Of many a thorny shire tell you notes,
    Some let me make you of the water's speeches.

    Behind a pot of ferns the wagging clock
    Tells me the hour's word, the neural meaning
    Flies on the shafted disk, declaims the morning
    And tells the windy weather in the cock.
    Some let me make you of the meadow's signs;
    The signal grass that tells me all I know
    Breaks with the wormy winter through the eye.
    Some let me tell you of the raven's sins.

    Especially when the October wind
    (Some let me make you of autumnal spells,
    The spider-tongued, and the loud hill of Wales)
    With fists of turnips punishes the land,
    Some let me make you of the heartless words.
    The heart is drained that, spelling in the scurry
    Of chemic blood, warned of the coming fury.
    By the sea's side hear the dark-vowelled birds.



    by nambara14 | 2016-06-09 22:37 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)

    かつお


    おいしいよ かつおのたたき しょうが付き 明日の日はない 酒を飲もうか


    This bonito with ginger is very delicious ,
    Let' s drink sake this evening,
    Because I 'm not sure if tomorrow will come .

    by nambara14 | 2016-06-08 11:34 | 五七五七七系短詩 | Comments(0)

    天気

      

      季節って 暮らし彩る 仮暦

      梅雨という 縛めを解け ブラの紐

      当たらない 天気予報に 乾杯す


    Each season is a calendar of convenience
    That makes your life colorful.

    Let's get out of the rainy season ,
    Take off your brassiere 's strap.

    Cheers to the weather forecast
    That often speaks wide of the mark.






      

      

    by nambara14 | 2016-06-06 13:52 | 五七五系短詩 | Comments(0)



        
       緑のヒューズを通って花を咲かせる力が



                        ディラン・トマス

                                       南原充士 訳


    緑のヒューズを通って花を咲かせる力が

    おれの青臭さをけしかける

    木々の根っこを枯らす力は

    おれの破壊者だ

    そしておれは愚かにもねじくれた薔薇に

    おれの若さは同じ冬の発熱でねじ曲げられると告げてしまう


    水に岩々の中を染み込ませる力は

    おれの真っ赤な血をたぎらせる

    さらさらとした流れを枯れさせる力は

    おれの血を蝋にしてしまう

    そしておれは愚かにもおれの静脈に

    どのように山の泉で同じ口が水を吸い込むかを告げてしまう


    水たまりの水をかき回す力は

    流砂をかき回す

    吹く風を縛り付ける力は

    おれのシュラウドの帆を引っ張る

    そしておれは愚かにも絞首刑を受ける者に

    絞首刑執行人の石灰がおれの体からどのように作られるかを告げてしまう


    時の唇が噴水の頂きに吸い付く

    愛が零れて集まる だがこぼれた血は

    彼女の痛みを和らげるだろう

    そしておれは愚かにも天気の風に

    どのように時が星空を巡る天国に刻まれるのかを告げてしまう


    そしておれは愚かにも恋人の墓に

    同じねじくれた虫がどのようにおれのシーツの上を這うのかを告げてしまう


    The Force That Through The Green FuseDrives The Flower

                - Poem by Dylan Thomas

    The force that through the green fuse drives the flower
    Drives my green age; that blasts the roots of trees
    Is my destroyer.
    And I am dumb to tell the crooked rose
    My youth is bent by the same wintry fever.

    The force that drives the water through the rocks
    Drives my red blood; that dries the mouthing streams
    Turns mine to wax.
    And I am dumb to mouth unto my veins
    How at the mountain spring the same mouth sucks.

    The hand that whirls the water in the pool
    Stirs the quicksand; that ropes the blowing wind
    Hauls my shroud sail.
    And I am dumb to tell the hanging man
    How of my clay is made the hangman's lime.

    The lips of time leech to the fountain head;
    Love drips and gathers, but the fallen blood
    Shall calm her sores.
    And I am dumb to tell a weather's wind
    How time has ticked a heaven round the stars.

    And I am dumb to tell the lover's tomb
    How at my sheet goes the same crooked worm.



      



    by nambara14 | 2016-06-05 17:43 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)