人気ブログランキング |

<   2016年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

一人

 

一人の男がいる
一人の男がいた
一人の男がいない
一人の男がいるだろう
一人の男はいないだろう

一人の女がいない
一人の女はいたのか
一人の女はいなかった
一人の女はいないだろう
一人の女がいなくなった

一人の子供がいる
一人の子供がいない
一人の子供がいた
一人の子供がいなくなった
一人の子供がいただろう

一人の人がいる
一人の人がいない
一人の人がいた
一人の人がいなくなった
一人の人はいただろう

一人の人もいない
一人の人はいただろう
一人の人はいなくなった
一人の人はいるだろうか
一人の人もいないだろう

by nambara14 | 2016-05-31 13:19 | 新作詩歌(平成28年) | Comments(0)

   サンダルで ハスの花咲く 池巡る

  斃れしは この木の陰か アイス解け

  空高く 鳶の飛跡を 追いきれず

  

by nambara14 | 2016-05-30 15:13 | 五七五系短詩 | Comments(0)

むりむだむら



  むりに引っ張ると切れる
  むだに力むと疲れる
  むらが多いと使えない

  失敗するとおかんむり
  成功すればかむさはむにだ
  なにもしないとむらはずれ

  すりむにすればすっとする
  まだむはまことにまったりと
  ほむらがほうぼうほおかむり

  むりのないのはつまらない
  むだがなければ生きられない
  むらむらするのもいいじゃない








by nambara14 | 2016-05-18 10:40 | 新作詩歌(平成28年) | Comments(0)

謎解き


赤ちゃんは 羊水にいて 生まれ出る

  歩きだし 叫んで笑い 泣き寝入る

  乳飲み子も 歯が生えそめて 爪かじる

  

by nambara14 | 2016-05-16 14:03 | 五七五系短詩 | Comments(0)

誤認

   枯葉が風に運ばれてくる
  足にまとわりつく
  張り付いてしまったのを
  はがそうとしたら
  虫だった
  
  新緑の季節
  深呼吸をしたら
  薬臭いにおいがした
  臭いのする方へ行ってみると
  一本の樹に茂る葉っぱだった

  土の上に
  白く輝くものが落ちていた
  拾おうとしても
  つかめない
  よく見ると  
  木漏れ日だった

  電車のホーム越しに
  こちらに向かって手を振るひとがいた
  目が悪いのでだれだかわからなかった
  電車が来て反対方向に行って別れてしまうと
  いつまでも気になって仕方がなかった
  

by nambara14 | 2016-05-12 11:34 | Comments(0)

無用の用


 詐欺盗み 猥褻殺生 侵略者 騒乱戦闘 皆殺し

 火事おやじ 地震カミナリ 放射能 津波台風 天変地異 

 飢餓地獄 断水枯渇 伝染病 凶作狂乱 打つ手なし  

by nambara14 | 2016-05-11 14:36 | 五七五七七系短詩 | Comments(0)

疑心


  風強し 鳥の影なき 川ほとり

  蹴散らして 踏み散らかして 撒き散らす

  スクラップ 捨ててしまえと 空の耳  
  

by nambara14 | 2016-05-11 13:48 | 五七五系短詩 | Comments(0)

惰力

はるばると遠出をして自分から逃げおおせたつもりになっても
はっと気が付けば自分はいつも
ここにいる
高熱を発したとき自分が二つに割れたような気がしたが
収まればまたひとつに戻っていた
いまの自分をリセットしようとすると
過ぎ去った幻想が邪魔をする
自分の中に巣くう記憶が自分を振り回す
幻が現実を支配するなんて許せないと思うが
きっぱりと決別できないのは脳の機能のせいだろうか
なんども昨日の自分を葬って今日の自分になろうと思ったが
無意識の強力が小さな一歩も踏み出させない
自分とはいったいなんなのか
わかりきったはずの自分が自分の思うようにならない
他人など謎そのものであってもふしぎはなく
わたしとあなた さらにかれとかのじょとなれば
解のない方程式を解くようなものかもしれない
中途半端なままでも生きる惰力は必要なのだろうと思う
 

by nambara14 | 2016-05-10 11:23 | 新作詩歌(平成28年) | Comments(0)

         
   『南原充士の電子書籍小説』の御紹介


1.BCCKS

SF小説『転生』。宇宙飛行士の主人公が不時着したアレー星での主人公コータとアレー星人とのやりとりが目玉です。短編ですからすぐ読めますよ!『転生』

2.Amazon

①小説『エメラルドの海』は、30年近く前の沖縄が舞台の、ダイビングと悲恋の物語です。

②小説『恋は影法師』は、初老のシェークスピア学者が、イギリスでアメリカ人女性と恋に落ちて、天国と地獄を経験する物語です。色恋とお金のごたごたは、古今東西変わらぬテーマですよね?

③小説『メコンの虹』は、日本人の父とフィリピン人の母の間に生まれた主人公が、東南アジア諸国とのビジネスの展開を目指してさまざまな模索をするとともに、現地女性と恋に落ちたり、さらには想定外の災害に巻き込まれたりするなど、波乱に富んだ物語です。

④今回出版したばかりの小説『白い幻想』は、日本人の夫と中国人の妻、アメリカ人の夫と日本人の妻、二組みの夫婦のあいだで起こる恋模様とビジネス上の争いと悲劇的な結末を描いた物語です。


①『エメラルドの海』
②『恋は影法師』

③『メコンの虹』

④『白い幻想』 


by nambara14 | 2016-05-09 15:30 | 小説 | Comments(0)

寒心

  
  気は焦る 心は迷う つつじ散る

  この空と この地と海の あるところ

  人体の たどり着きたる 模型室 

by nambara14 | 2016-05-09 14:13 | 五七五系短詩 | Comments(0)