人気ブログランキング |

<   2016年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

「詩人の聲」無事終了!

 
 「詩人の聲」無事終了しました!

  お出でくださった方がたどうもありがとうございました!

  次回もよろしくお願いいたします!

 本日お出でいただけなかった方々も次回はぜひよろしくお願いします!


by nambara14 | 2016-04-28 23:26 | 講演・スピーチ | Comments(0)

詩人の聲

 
 詩人の聲、いよいよ今日です!

 予約なしでもだいじょうぶですので、

 ふらりとお出かけください!

 よろしくお願いします!


by nambara14 | 2016-04-28 11:51 | 講演・スピーチ | Comments(0)

詩人の聲


 「詩人の聲」はいよいよ明日です!

 滅多に朗読をしないわたしですので、この機会にどうぞお出かけください!
 

by nambara14 | 2016-04-27 09:57 | 講演・スピーチ | Comments(0)

Carp Streamers 鯉のぼり

As usual, I walked around my office during lunch time.
I took off my jacket because it was very warm.
I was thinking how I would spend the Golden Week.
May is just over there!
Carp streamers were flying in the primary school's garden.
Children were running below them like fish.
The seasons were changing surely.
They will take many things,but leave many ,too.
Who knows what has them make such decision?
I only know that everything exists in the present.
And all I can do is to catch up with it.

--------------------------------------------

    鯉のぼり

いつものようにわたしは昼休み職場の周りを散歩した。
とても暖かかったのでわたしは上着を脱いだ。
ゴールデン・ウィークをどのように過ごすか考えていた。
5月はすぐそこに来ている!
小学校の校庭に鯉のぼりが泳いでいた。
子供たちはその下を魚のように走り回っていた。
季節は確実に移りつつあった。
それらは多くのものを連れて行くだろう、
それらはまた多くのものを残していくだろう。
なにものがそれらにそういう決断をさせるのだろう?
すべてが現在にしか存在しないこと
そしてわたしができることはそれに追いつくことだけだということ
それだけをわたしは知っている。





by nambara14 | 2016-04-25 13:26 | 新作詩歌(平成28年) | Comments(0)

遠近法  The Perspective


   遠近法

いくら送信しても返信がない
なんど訪ねていっても不在だ

通信技術が距離感を変えた
遠近法が変質した

もっとも近い者が遠くにいる
もっとも遠い者が近くにいる

情報の洪水がひとを溺れさせた
こころは流れ出してしまった




     The Perspective

However often I sent messages to her ,
She never answered.
However often I visited her,
She was always absent.

The communication technology has changed the sense of distance
The perspective has completely changed.

The person who lives nearest might seem to be farthest.
The person who lives farthest might seem to be nearest .

The deluge of information had us drowned.
The heart had flown away.

by nambara14 | 2016-04-21 15:02 | 新作詩歌(平成28年) | Comments(0)

詩人の聲のお知らせ!

第1392回 Projet LaVoix des Poètes(詩人の聲)

南原なんばら充士じゅうし) 五年半振り二回目の登場!
    His Second Appearence on this Project
  Nambara Jushi

英和対訳詩集『永遠の散歩者』を読む!
 Reading 
Poems ゛A Permanent Stroller"


日時:平成28年4月28日(木)

19:00開演(18:30開場)
 April 28,2016, Thursday
        Starting 1900

 会場:カシュ‐カシュ ダール(Cache-cached’Art)

            世田谷区奥沢5-21-10 
        # 5-21-10,Okusawa,Setagaya-ku


自由が丘駅南口より徒歩5分
  Five minutes walk from JIYUGAOKA Station

予約2,700円、当日3,000円、学生1,500円、Fee
\ 2,700(Reserved)、\3,000(Without Reservation)、\1,500(Students)

  予約・問い合わせ Reservation

    080-3455-2111 (西端,Mrs.Nishihataまたは

    北十字舎090-3696-7098(天童大人)

tendotaijinbureaumbi.nifty.com


by nambara14 | 2016-04-21 09:43 | 講演・スピーチ | Comments(0)

第1392回 Projet LaVoix des Poètes(詩人の聲)

南原なんばら充士じゅうし) 五年半振り二回目の登場!
    His Second Appearence on this Project
  Nambara Jushi

英和対訳詩集『永遠の散歩者』を読む!
 Reading 
Poems ゛A Permanent Stroller"


日時:平成28年4月28日(木)

19:00開演(18:30開場)
 April 28,2016, Thursday
        Starting 1900

 会場:カシュ‐カシュ ダール(Cache-cached’Art)

            世田谷区奥沢5-21-10 
        # 5-21-10,Okusawa,Setagaya-ku


自由が丘駅南口より徒歩5分
  Five minutes walk from JIYUGAOKA Station

予約2,700円、当日3,000円、学生1,500円、Fee
\ 2,700(Reserved)、\3,000(Without Reservation)、\1,500(Students)

  予約・問い合わせ Reservation

    080-3455-2111 (西端,Mrs.Nishihataまたは

    北十字舎090-3696-7098(天童大人)

tendotaijinbureaumbi.nifty.com


by nambara14 | 2016-04-10 10:28 | Comments(0)

A Balloon

A balloon is floating and moving in the air.

It won’t care if it ends up with bursting .

It threw away all of its belongings.

It can go anywhere it wants to .

It can go up and down .

It can stop and move.

It can avoid any involvement.

It can enjoy a bird’s -eye view from up in the air.

It can often find people looking up to it.

Maybe a lot of balloons will be seen

In many districts of this country.

Then it will leave here for a deserted land.
--------------------------------------

      風 船

風船が浮かんだり動いたりしている
破裂することになっても気にしない
持ち物はすべて捨ててしまった
気の向くままにどこにでも行ける
上がったり下がったりも思いのままだ
止まるのも動くのも自在にできる
なにかに巻き込まれるのはごめんだ
鳥のように空からの眺めを楽しむことができる
しばしば人々が風船の方を見上げているのに気づく
おそらく多くの風船が見られるようになるだろう
この国のいろいろな地域で
そうしたらこの風船はここを去って人気のない土地に行くだろう


by nambara14 | 2016-04-10 00:44 | Comments(0)

Time and Space

Light and darkness produce sight.
Existence is equivalent to emptiness
Life is subject to death.
A mind and a heart are difficult to be defined
Senses deceive us .
They give us pleasure ,too.
I am alone absolutely.
I can not believe in anything .
But I can't deny that
There is something great beyond my understanding .
Even space and time might change to different elements.
I can imagine only a tiny part of it
But it is all for me to live on.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    時 空

光と闇は視界を生み出す
存在は無に等しい
生命は死に従属する
心は定義するのが困難だ
感覚はわたしたちを欺く
同時に喜びも与えるが
わたしは完全に孤独だ
わたしはなにも信じることができない
だが自分の理解を超えたなにか偉大なものが存在することは
否定できない
空間や時間でさえ違ったものになるかもしれない
わたしはほんの一部分しか想像できないが
それが自分が生きるすべてだ




by nambara14 | 2016-04-09 11:13 | Comments(0)

Time

I took a walk around our office during lunch time as usual .
A new semester started today for the primary school welcoming new comers.

Time is invisible, but it makes everything happen without answering any question.
The present is only a moment ,but includes everything.
The past is a gigantic illusion.
And the future is no more than a poor drawing.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      時 間

昼休み いつものように 職場のまわりを散歩した。
小学校は新学期がスタートし 新入生を迎え入れた。
時間は見えないが それはすべてを生じさせる。
一切の問いに答えることはせずに。
現在は一瞬に過ぎないが すべてを含んでいる。
過去は巨大な幻影に過ぎない。
そして未来は稚拙な絵画以上のものではない。

 



by nambara14 | 2016-04-08 19:18 | Comments(0)