人気ブログランキング |

<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

法要


声も気配もなく匂いも体温も触感もないが
たしかにその場を眺めている自分がいると
書き残していましたよ
思いのほかじたばたしたので遺族は驚いたことだって
故人には伝えようがなかった
人は逝っても 記録と記憶があいまってしばらくの間は
余韻のようなものが現世にとどまるように見える
それだって時とともにうすぼんやりとしてしまうだろう
生前葬をしそこなった故人のために
今回は 故人が生きているかのようにしつらえて
ともに幽明の境を行き来できるように振る舞うこととしよう
生前の自分を回顧する故人を主賓席に座らせて

--------------------------------------------------------

A ceremony

No voice,move,smell,temperature or touch
But certainly I am here watching the place
So wrote he
The family were astonished
That he suffered more pain than expected
But they could not tell him about it
It seems that man remains a while
With his record and memory
After he passed away
Although it will disappear as time goes
For him who wanted to give a funeral of himself
While he was alive
Let us give a memorial ceremony
As if he were living
And also pretend that we could come and go
Across the border between this and that world
Preparing a special seat for him to look around
by nambara14 | 2013-05-29 10:50 | 新作詩歌(平成25年) | Comments(0)

子供と大人



どんなに遠くまで
駆けて行けそうでも
息が切れて倒れてしまう

どんなに遅くまで
働けるように見えても
どこかで休んでいる

どんなに近くにいて
いつでもさわれるようでも
いつかは旅立ってしまう

じゃれ合ううちに
心臓の鼓動や深い呼吸を
感じとる

いったい
いつまで
このままでいられるのか
by nambara14 | 2013-05-20 18:56 | 新作詩歌(平成25年) | Comments(0)

アナアキ


穴あきバケツで水をくむ
どこまで運んで行けるかな

壁に耳あり障子に目あり
覗かれちゃったらどうしよう

金魚すくいが大好きで
破れた紙が積み上がる

こんなところに穴がある
だれがが落ちて叫んでる

緊急車両の抜ける穴
早く助けが来ないかな

-------------------------

Anarchy

I dip water by a broken bucket
How far can I take it ?

An ear on the wall and eyes before the paper partition
I fear someone might see inside through it

I like goldfish scooping in festivities
Only left were a lot of torn paper

Here is a hole
Someone is crying for help ,who fell in it

Through the tunnel for emergency vehicles
Will anyone come and help him?

by nambara14 | 2013-05-16 09:44 | 新作詩歌(平成25年) | Comments(0)

母の日に


    垂乳根の母は遙けき故郷のホームにあれば携帯を持つ

Mother staying at a nursing home
in our home town far from here
has a mobile phone



by nambara14 | 2013-05-14 09:59 | 五七五七七系短詩 | Comments(0)


ぼうずあたまをなでさする
あたまのかたちが手に取れる
脳の動きも読み取れる
血流変化も頻繁だ

解きほぐされた緊張も
薄れていった悲しみも
予想がつかない行く末の
まだらな影を消しきれない

丸いボールを投げ合って
広場で遊ぶ子供達
当たった人は外に出る
ひらりとかわせば居残れる

深夜に聞こえる轟音に
飛び出す戸口の真ん前で
急にはじける閃光を
まともに浴びた顔はだれ
by nambara14 | 2013-05-11 14:33 | 新作詩歌(平成25年) | Comments(0)

希望


あした死ぬかもしれなくても
この痛みがとれたらいいなと
追い詰められれば思うようになるだろう
催眠術の達人が最後の術を施す
ひょっとして束の間でも眠りが訪れれば
春の園にとりどりの花が咲き鳥たちは歌い
そよ風に吹かれながらにこやかに歩く
人々の姿が見えてくるだろう
夢か現実かの境目は定かではなくなっていても
凍てついた暗黒吹きすさぶ烈風などより
よっぽど穏やかな目覚めを願う時を持てるだろう

-------------------------------------------------

Hope

Even though I might die tomorrow
I wish the pain would disappear
In the last resort
If the hypnotist made the last treatment
And a short sleep came to me
Various flowers would bloom
And birds would sing in the spring fields
And people would stroll smiling in the breeze
Though the border between the dream and the real life
Might be vague
I would hope to wake up rather pleasantly
Without frozen darkness or strong wind
by nambara14 | 2013-05-01 20:22 | 新作詩歌(平成25年) | Comments(0)