<   2013年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

残せるもの

眼はくっきりとした像を結べない
血はウイルスに侵されている

宝石の埋め込まれた王子の像なら
奪い取られることもあるだろう

自慢できるものが金や家ではなく
ぴかぴかの体だったとしたら

だれかの中で脈打つ心臓が
残された時を刻み続ける

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


    Something for others


The eyes can not see clearly
The blood is infected with some virus

Out of a statue of a prince
The embedded jewelry would be stolen

What can be boasted of
Would be a sound body,rather than money or a house

A heart pulsing in someone's bosom
Continues to tick away the time left
[PR]
by nambara14 | 2013-02-27 13:43 | 新作詩歌(平成25年) | Comments(0)

うるう秒

   

このあたり一番の
うっかり者の裏庭

けたたましい叫びを
閉じ込める竹林

ざわめく心を
煽り立てる嵐

一夜経って静まる
うるう秒を埋め込む

ーーーーーーーーーーー

   A leap second

The most forgetful guy in the neighborhood
At the backyard

Bamboo trees
Confine the loud scream

The storm
Makes the heart rough and uneasy

The night has gone and calmness comes
A leap second is inserted in it
[PR]
by nambara14 | 2013-02-26 16:36 | 新作詩歌(平成25年) | Comments(0)

   

さまざまな足跡
寄せる波 引く波
そーれ みんな
消してしまえ

ーーーーーーーーー

  Waves

Various footprints
Coming and going waves
Hey,wipe out everything
[PR]
by nambara14 | 2013-02-26 15:11 | 新作詩歌(平成25年) | Comments(0)

今の姿で



歩けないのだと
こともなげに言いながら
ベッドに横たわる九十三歳の
しっかりした眼差しに一瞬
とらわれて その女性の
顔立ちや表情は穏やかで
若い頃はさぞかし
さっそうと男たちを
迷わせたに違いないと
思いながら 歩けないのですか
でもしっかりしてますよね
九十三歳とは思えませんよ
そのときなにか木の葉の裏が
表に返ったような動きが見え
昔の私ではなく
未来の私でもなく
今の私を見てくださいと
ささやく声が聞こえたような気がした
今こうしてねそべりながら
さまざまな野心を胸にしている私が
私なのですから
大きな流れの中に漂い あるいは
春の訪れにスキップする心も
自分を取り囲むすべての人々や
空気や光と影や声や
逃げられない汚れの事実や
しだいに混濁するかもしれない意識や
末期症状があったにしても
今の姿の私が紛れもない私なのですから
どうか
過去の視線ではなく
行き過ぎた視線でもない
現在の真っ直ぐな視線で
今のあるがままの私を
見てくださるのが
なによりも嬉しいのですと
伝えたいのだろうと
そんなふうに感じながら
その場にその女性と自分が
僅かな時間でも出会ったことが
長い布のような記憶を
残させることになるのだと思えた
[PR]
by nambara14 | 2013-02-17 14:55 | 新作詩歌(平成25年) | Comments(0)

齢相応

     Like my age

Every morning I get up early
I say,” Good morning,” to everyone
I eat delicious breakfast
I kiss my beloved one and go to work

It isn’t comfortable to commute
In a very jammed train
Often behind the schedule
For longer than an hour

I am rather old
And have some physical problems
But I can manage to live happily

I thank my wife and family
Friends and something great
For my enjoying everyday life like my age

----------------------------------------------

  齢相応に


毎朝早く起きて
「お早う」とみんなに言う
おいしい朝食を済まして
愛するひとにキスをして仕事に出かける

通勤は楽じゃない
ひどく混んだ電車に乗って
たいてい遅れが生じていて
一時間以上もかかって

自分はもうかなり齢をとった
しかもすこし体に問題を抱えている
それでもなんとか毎日幸せに暮らせている

妻や家族
友人やなにか偉大なもののおかげだ
自分が齢相応の日々を楽しく送れているのは
[PR]
by nambara14 | 2013-02-14 11:37 | 新作詩歌(平成25年) | Comments(0)

スープ

涙 数滴
涎 三滴
鼻水 一滴
遺骨二片
遺灰少々

二百CCの水で
ゆっくり煮込む
出汁が出尽くしたら
火を止める

適宜おくり名を唱えて
めいめいにスープを注ぐ
各自瞑目して
故人をしのびつつ
盃を干す

ーーーーーーーーーーーーーー

     Soup


Tear drops - a few drops
Slaver-three drops
Nasal drops-one drop
Bones -two pieces
Ash-a little

Heat them slowly
In water of 200cc
When sufficient ingredient went out
Turn off the switch

Saying the name of the person
Pour the soup in each small cup
With their eyes shut
Each drinks it
Remembering the deceased one
[PR]
by nambara14 | 2013-02-13 13:47 | 新作詩歌(平成25年) | Comments(0)

不意打ち

    不意打ち


ふらふらしながら階段を
歩いていたら踏み外した

父が脳梗塞で倒れた
半身不随は免れない

介護に明け暮れていた母に
悪性腫瘍が見つかった

不意に意識が飛んだ
心も体も固まった

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


     Suddenly

When I walked down the steps
I misstepped and fell to the ground

Father suffered stroke
He won’t avoid paralysis on one side

Mother who had been taking care of him
Was told she had a malignant tumor

Suddenly I became unconscious
My mind and body got solidified
[PR]
by nambara14 | 2013-02-11 17:08 | 新作詩歌(平成25年) | Comments(0)

A canoe

The cadaver into which the family’s affection is woven
Is put in a canoe and it is floated in a river

It goes down the flow ,rolling left and right
Water comes in and it almost capsizes

Birds along the river sing to one another
Small creatures move in the bush

Suddenly a thunderstorm hits the river
The canoe goes in the bad sight

The smell of the flowers are carried by the wind
A glider flies slowly in the sky

The river is getting wider and wider
Under the sunny sky

The canoe continues to go down
Without encountering other ships

“Sea”――when it is imagined
The canoe falls upside-down

It would not come up to the surface
Going down to the deepest part of the waterfall

When a long time passes and no one knows the fact
A white figure appears silently from the waterfall

It begins to shed strong light at once
And flies to the sky in a glittering shape

Before the waterfall where there was no one
A lot of people are seen who are praying
[PR]
by nambara14 | 2013-02-07 15:04 | 新作詩歌(平成25年) | Comments(0)

くりかえし


ひとつの種がひきつがれる中で
変わってしまった個体が
つぎの個体へとバトンタッチされる

変異が確率的に予測されても
ミトコンドリアは
日常のマジョリティに甘んじている

統計をいくら見せられても
細胞は黙って
生体を形成し続ける

系統樹の先端で
全方位に向けて
ミクロの舌がちろちろと蠢く

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

Refrain

While a species is taken over
An individual that changed partly
Passes a baton to its successor

Even if probability of mutation is predicted
Mitochondria is satisfied with daily majority

Apart from statistics
Cells silently form a living thing

On the end of a genealogical tree
Toward all directions
A micro-tongue moves vividly
[PR]
by nambara14 | 2013-02-06 14:15 | 新作詩歌(平成25年) | Comments(0)

心の構造


薄い皮膚を通して
忍び入ってくる
光と闇の波
数えきれない
記憶の符号から
誰も知らない
感情が生まれる

ーーーーーーーーーー

Structure of mind

Waves of light and darkness
Penetrates thin skin
Out of numerous symbols of recollection
An emotion is born
That no one knows

---------------------------------------------------------------
-


       る ひ か り と や み の な
              く                   み
            て        く の ふ ご う か
           っ      お    じょうがうまれる    ら
          い           ん       だ
           び      き    か いならしもれ  か    
            の        い な れ き え ぞ 
             し                    う
               て し お と を ふ ひ い す
[PR]
by nambara14 | 2013-02-05 15:01 | 新作詩歌(平成25年) | Comments(0)