人気ブログランキング |

<   2007年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

命の果て

砂浜に小枝で線を引く
波がすぐ消してしまっても
くりかえし線を引く

水平線をぼんやりと見つめる
それが丸いことを頭は知っているが
目は茫漠としたかなたを見たがっている

国境線はなんども書き換えられた
地層は幾重にも重なり
発掘調査は気が遠くなるほど時間がかかる

火山が一瞬にして繁栄のまっただなかの都市を
生き埋めにしたことも
原爆が生き地獄をもたらしたことも

オゾンホールの減少が健康被害を与えたり
地球環境が人類を支え続けにくくなっていることなど
不安材料は枚挙にいとまがない

宇宙の果てにまで人類の目は向かうが
実はインフルエンザのウイルスの変異に
おそれおののいているのが真相だ

常に波が天地をそして動植物とりわけ人類を襲う
海の波 空気の波すなわち風 感染症
電気の波 音の波 遺伝子の波

多くの波に洗われ続ける地表 海面 天空
群衆は雄たけびをあげながら去っていき
またもや現れてくる

悪行も力の限り
善行も力の限り
あとは運命のいたずら

悪夢に悪夢を重ねて
ついにたどり着く浜辺
ここが命の果てか

by nambara14 | 2007-01-15 12:29 | 新作詩歌(平成19年発表) | Comments(0)