<   2006年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

詩歌「悦楽の園」

からだの相性ってあるのかな?

パーツの大きさや肌合い体質や体型

方向や機能やスタミナ

体臭や体力や分泌液やテクニック

快楽をむさぼろうとする姿勢

愛情と愛着と歓び

精神的な渇望と肉体的な欲求

からだが吸い付くような快感

しびれるような悦楽のさなかに

うめき声よがり声を交換する

動物に還って

快楽の限りを尽くそうとする

営みのなかで証明される相性

こんなにいいのに

相方がいけないのは悲劇だ

あそこがうずかないといわれてしまった衝撃

からだの相性がいい相手と

絶頂まで登りつめあえる幸せ

そういう随喜の瞬間を最近経験できたかなあ?
[PR]
by nambara14 | 2006-01-30 22:14 | 新作詩歌(平成18年発表) | Comments(0)



おれが手術をしてまだ入院中に
訪ねてきたおまえが
つれてきた女性
はじめて婚約者だといって
おれに紹介した女性
点滴の装置を片手に
おれはだまって
おまえたちを見ていた

あれから三年近い月日が流れた
その間に
おまえたちは婚姻届を出し
住まいも見つけ
早産の危機も乗り越えて
長男が生まれた
その赤子も
一歳を過ぎ
立って歩けるようになった
おれの腕に抱かれて
笑ったりすることも覚えた

だが
いつのまにきもちが変化していたのだろう?
おまえがあれほど気に入っていた女性
いまはかけがえのない妻であり
母である女性を
愛せなくなったという

どうしたというのだ?

おれはおろおろするだけで
なにもすることができない
男女のきもちは
親でもどうすることもできない
冷めてしまったというのが
真実だとしたら

・・・・・

どうしようのもないのだろうか?






[PR]
by nambara14 | 2006-01-28 11:45 | 新作詩歌(平成18年発表) | Comments(0)

男と女

世の中に 男と女 分かり合う

一筋の道が あると思えば
[PR]
by nambara14 | 2006-01-21 22:59 | 新作詩歌(平成18年発表) | Comments(0)

虚虚実実


冬の空 晴れた夜に 見上げる星

虚といえば虚

いま見ている星の光は何年も前の光

実といえば実

すくなくとも実在した星からの光

もしぼくが死んで星になったら

その光はどこまで届くだろうか

かすかな光であっても

だれかが銀河系の外で

見てくれればいいなあ

そのためには強く生きなきゃあ

ぴかぴか星になれないよね?

遠くまで届く光を発せられないよね?

強く 生きなくっちゃ

強く・・・

虚虚実実のはざまであっても・・・


[PR]
by nambara14 | 2006-01-11 21:55 | 新作詩歌(平成18年発表) | Comments(0)

理解できない



むうむらって  がむすてって ふにゅらんて

いんちょりすが くりかかっちゅが 

つとめんくうる のうまるうる はぬかるうる

いのるかあさ じょいかあさ

あくりかっちゃんと むいむいゆっちゃんと

ちちんぷかんぐりわおけっちゃん 

おのれおって うがあらす ねるまるあんがわいないな






[PR]
by nambara14 | 2006-01-10 21:11 | 新作詩歌(平成18年発表) | Comments(0)

短歌「祝・成人」

成人の にぎやかな顔 晴れ渡り

   この日をばねに 飛躍せんとす

[PR]
by nambara14 | 2006-01-09 12:32 | 五七五七七系短詩 | Comments(0)

短歌

寒すぎて 恋うるこころも 凍りつき

   ただ吹きすさぶ いのち晒して

[PR]
by nambara14 | 2006-01-08 23:27 | 五七五七七系短詩 | Comments(0)

詩歌

マイブログ 作って新年 エキサイト
[PR]
by nambara14 | 2006-01-08 22:34 | Comments(0)

はじめまして!

 きょうある新聞を見ていてふとマイブログを作成してみようと思い立った。

 大学を卒業して30数年。

 社会人としていろいろな経験をしてきた。

 また、趣味で詩歌にかかわってきた。

 芸術一般に興味がある。英語をはじめとした、語学にも関心がある。

 世界を見、日本を見る。

 事件や事故が相次ぐ日々。

 歓びと悲しみ。

 自分は人生の最後の段階に近づきつつある。

 健康に気をつけながら、前向きに生きていければ、と願っている。

 できれば、おもしろいことも見出していきたいとも思う。

 臆病でもあり、大胆でもあり、賢くもあり、愚かでもある。

 矛盾に満ちた自分が、どのように生きてゆけるか?

 手探りで行くしかないと感じている。

 このブログがいつまで続くか自信はないが、

 自分の希望としては、若い世代との交流ができたらうれしいと思う。

 20代30代の若者たちと話す機会があまり無いのでね。

 それではみなさんよろしくお願いします。
[PR]
by nambara14 | 2006-01-08 16:07 | Comments(2)