人気ブログランキング |

カテゴリ:翻訳詩(シェークスピア)( 68 )


ソネット 56


W. シェークスピア


愛しい人よ、あなたの愛の力を新しく保とう

あなたの切れ味が食欲より鈍ることのないように

食欲は今日食事をすることで満たされるが

明日は元の力によって旺盛になる

愛もそしてあなたについても 少なくとも満腹があなたの目を閉じさせるまで

今日あなたが空腹な目つきを満たしたとしても

明日はまた目が覚め、そして愛の精神を 持続するけだるさによって

台無しにすることはしない

この悲しい離別は大洋のようだろう

大洋は岸辺を分かち、新しく結びついたカップルが

日々それぞれの岸辺にやってくるが、相手が見えれば

その眺めは最も幸福なものとなるだろう

あるいはそれはまた心配の耐えない冬のようだろう

それにより夏の到来が一層待ち遠しく貴重なものとなるからだ


Sonnet LVI


        W. Shakespeare


Sweet love, renew thy force; be it not said

Thy edge should blunter be than appetite,

Which but to-day by feeding is allayed,

To-morrow sharpened in his former might:

So, love, be thou, although to-day thou fill

Thy hungry eyes, even till they wink with fulness,

To-morrow see again, and do not kill

The spirit of love, with a perpetual dulness.

Let this sad interim like the ocean be

Which parts the shore, where two contracted new

Come daily to the banks, that when they see

Return of love, more blest may be the view;

As call it winter, which being full of care,

Makes summer's welcome, thrice more wished,more rare.



by nambara14 | 2019-05-14 15:28 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 55


        W. シェークスピア


王族たちの大理石のあるいは黄金の記念碑も

この力強い韻律より長く保存されることはないだろう

この詩の中で あなたは ずぼらな時の経過によってつけられた

汚れをぬぐい去られることのない石よりも まぶしく輝くだろう、

荒廃させる戦争が彫像をひっくり返し

石工の作品を根こそぎにするときでも

軍神の剣あるいは戦火が

あなたの生涯の記録を燃やすことはないだろう、

死に向かって、そしてあらゆる忘却という敵意に向かって

あなたは進むだろう、この世を疲弊させ終末へと向かわせる

後世の人々の間でも

あなたへの称賛は存在し続けるだろう、

だから、あなたに最後の審判が下されるまでは

あなたはこの詩の中に生き続け、恋人たちの目の中に住まうのだ。


Sonnet LV


        W. Shakespeare


Not marble, nor the gilded monuments

Of princes, shall outlive this powerful rhyme;

But you shall shine more bright in these contents

Than unswept stone, besmear'd with sluttish time.

When wasteful war shall statues overturn,

And broils root out the work of masonry,

Nor Mars his sword, nor war's quick fire shall burn

The living record of your memory.

'Gainst death, and all oblivious enmity

Shall you pace forth; your praise shall still find room

Even in the eyes of all posterity

That wear this world out to the ending doom.

So, till the judgment that yourself arise,

You live in this, and dwell in lovers' eyes.



by nambara14 | 2019-05-05 18:22 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 54


W. シェークスピア


おお!美は 真実が与えるその美しい飾りによって

どんなにかさらに美しく見えるものだろうか

バラは美しいがわれわれはそれ以上に美しいと思っている

その中に宿る甘い香りのために、

夏の息吹きが覆われていたバラのつぼみをあらわにするとき

野バラの花がバラの花の香り豊かな色合いのように濃く色づき

とげのある幹の上で、風と戯れる、

だが、見た目だけがそれらの美徳なので

それらは求愛されることもなく生き、敬われることもなくしおれ

滅びる、だが 美しいバラはそんなことはない

最も甘い香りは甘美な死から作られる、

そして美しく愛らしい若さはあなたから作られる

その若さが失われるとき、わたしの詩はあなたの真実を描き出す。


Sonnet LIV


       W. Shakespeare


O! how much more doth beauty beauteous seem

By that sweet ornament which truth doth give.

The rose looks fair, but fairer we it deem

For that sweet odour, which doth in it live.

The canker blooms have full as deep a dye

As the perfumed tincture of the roses,

Hang on such thorns, and play as wantonly

When summer's breath their masked buds discloses:

But, for their virtue only is their show,

They live unwoo'd, and unrespected fade;

Die to themselves. Sweet roses do not so;

Of their sweet deaths are sweetest odours made:

And so of you, beauteous and lovely youth,

When that shall vade, my verse distills your truth.



by nambara14 | 2019-05-01 19:44 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 53


        W. シェークスピア


あなたがそれから作られている実質とはなんだろう?

その実質には見知らぬあなたの影が従っている

なぜならすべての実質はひとつの影を持ち

唯一の実質であるあなたはすべての影を与えることができるから、

アドニスを表現するとすれば、その模写は

ほとんどあなたに似てはいないだろう

ヘレナの頬にはあらゆる美の技法が施されているので

あなたはギリシア風の服装で新たに描き直される、

春について述べよう、そうしてその年の豊作についても

春はあなたの美しさの影を示す

その年の豊作はあなたの賜物として現れる

そしてあなたは人も知るあらゆる美しい姿と

あなたが分かち持つあらゆる外面の優美さをもって現れる

だが変わらぬ心といえば あなたはそうではない、そういうあなたではないのだ。


Sonnet LIII


       W. Shakespeare

    

What is your substance, whereof are you made,

That millions of strange shadows on you tend?

Since every one hath, every one, one shade,

And you but one, can every shadow lend.

Describe Adonis, and the counterfeit

Is poorly imitated after you;

On Helen's cheek all art of beauty set,

And you in Grecian tires are painted new:

Speak of the spring, and foison of the year,

The one doth shadow of your beauty show,

The other as your bounty doth appear;

And you in every blessed shape we know.

In all external grace you have some part,

But you like none, none you, for constant heart.



by nambara14 | 2019-04-23 09:59 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 52


       W. シェークスピア



わたしもそうだが 金持ちの福の鍵は彼を

大切にしまってある財宝へと導くことができる

滅多に訪れない快楽の尖った先端がなまくらになることを恐れても

常時財宝を見張っていることはしないだろう、 

それゆえに祝祭はかくも荘厳でかくも稀有なのだ

なぜなら祝祭は 高価な宝石のようにまばらに配置され

あるいは首飾りの中のメインの宝石のように

長い年月においても滅多に訪れることがないからだ、

時もまた わたしの宝石箱のように

あるいは衣装を隠しておく衣裳部屋のようにあなたをしまっておく

閉じ込められた名誉が新たに開かれることによって

ある特別な瞬間を特別に祝福されたものとするために、

欲望が満たされたときは勝利へ 満たされないときは希望へと通じる

あなたの価値 あなたに幸いあれ。


Sonnet LII


      W. Shakespeare


So am I as the rich, whose blessed key,

Can bring him to his sweet up-locked treasure,

The which he will not every hour survey,

For blunting the fine point of seldom pleasure.

Therefore are feasts so solemn and so rare,

Since, seldom coming in the long year set,

Like stones of worth they thinly placed are,

Or captain jewels in the carcanet.

So is the time that keeps you as my chest,

Or as the wardrobe which the robe doth hide,

To make some special instant special-blest,

By new unfolding his imprisoned pride.

Blessed are you whose worthiness gives scope,

Being had, to triumph, being lacked, to hope.



by nambara14 | 2019-04-16 19:47 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 51

      

       W. シェークスピア


わたしがあなたから離れて急いでいるときに わたしのどんくさい運び手が

こんなに遅く進もうとする科をわたしの恋人は許せるだろうか

あなたがいるところからなぜわたしは急がなければならないのだろう?

わたしが戻る時まで 郵便馬は要らない

おお、わたしの哀れな馬はどんな言い訳を見出すだろうか

超高速でさえ遅く見えるときに?

風の中でもわたしは拍車をかけるべきだろうか

翼で飛ぶような速さであっても わたしには止まっているようにしか見えないだろう

だからどんな馬だってわたしが望むようなペースで進むことはできないだろう

それゆえ願望(完璧な愛によって作られた)が

どんくさい体を持った馬とは違ってその激しいレースの中でいななくのだ

それでも愛は、愛ゆえにこのようにこのおいぼれ馬を許すのだ

あなたから離れてきたときから馬はわざとおそく進んできた

あなたのもとへとわたしは急いで戻るだろう、そして馬には暇を出そう

        

Sonnet LI


     W. Shakespeare


Thus can my love excuse the slowoffence

Of my dull bearer when from theeI speed:

From where thou art why should Ihaste me thence?

Till I return, of posting is noneed.

O! what excuse will my poor beastthen find,

When swift extremity can seem butslow?

Then should I spur, thoughmounted on the wind,

In winged speed no motion shall Iknow,

Then can no horse with my desirekeep pace.

Therefore desire, (of perfect'stlove being made)

Shall neigh, no dull flesh, inhis fiery race;

But love, for love, thus shallexcuse my jade-

Since from thee going, he went wilful-slow,

Towards thee I'll run, and give him leave to go.



by nambara14 | 2019-04-08 14:02 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 50


W. シェークスピア


わたしの旅はなんと気が滅入るものだろう

くたびれた旅の終わりにわたしが求めるもの

それがその慰安と休息に対してこう言うように教えるから

「あなたの友達からなんとまあ遠くまで来てしまったのだろうか!」と、

わたしを運ぶ馬はわたしの悲しみをまとって

わたしの重みに耐えながらのろのろと進む

その乗り手があなたから離れて行く速さを望んでいないということを

こいつはなにか本能のようなものでわかっているかのように、

血まみれの拍車はそいつをけしかけることはできない

そいつの脇腹に拍車をかけるよりもわたしにとってもっと痛ましいうめき声で

そいつが応えるわたしの怒りが

時折そいつの腹の皮に突き刺さるからだ、

 まさにそのうめき声がわたしに思い知らせる

 わたしの悲しみは前進しわたしの喜びは後退するということを。


Sonnet L


        W. Shakespeare


How heavy do I journey on the way,

When what I seek, my weary travel's end,

Doth teach that ease and that repose to say,

'Thus far the miles are measured from thy friend!'

The beast that bears me, tired with my woe,

Plods dully on, to bear that weight in me,

As if by some instinct the wretch did know

His rider lov'd not speed being made from thee.

The bloody spur cannot provoke him on,

That sometimes anger thrusts into his hide,

Which heavily he answers with a groan,

More sharp to me than spurring to his side;

For that same groan doth put this in my mind,

My grief lies onward, and my joy behind.



by nambara14 | 2019-04-03 17:24 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 49


W.シェークスピア


もしあなたがわたしの欠点に顔をしかめるような時が来るのだとしたら

そしてあなたの愛の総決算が

熟慮の上の監査を受ける時が来るのだとしたら

そのような時のために備えて、

あるいはあなたが奇妙な感じでわたしとすれ違い

あの太陽のようなあなたの目がわたしにあいさつすることさえないような時が

そして以前とは違ってしまった愛が

落ち着いた威厳を示す理由を見出す時が来るのだとしたら

そのような時のために備えて、

そのような時のために備えてわたしは

自分が認識している自分の価値の中へ避難し

あなたの側の正当な主張を防御するために

このわたしの手を挙げる

あなたは法の力を持っているのだが わたしはみじめな状況におかれている

なぜならわたしはなぜ愛するのかの理由を申し立てることができないからだ


Sonnet XLIX


        W. Shakespeare


Against that time, if ever that time come,

When I shall see thee frown on my defects,

When as thy love hath cast his utmost sum,

Called to that audit by advis'd respects;

Against that time when thou shalt strangely pass,

And scarcely greet me with that sun, thine eye,

When love, converted from the thing it was,

Shall reasons findof settled gravity;

Against that timed o I ensconce me here,

Within the knowledge of mine own desert,

And this my hand, against my self uprear,

To guard the lawful reasons on thy part:

To leave poor me thou hast the strength of laws,

Since why to love I can allege no cause.



by nambara14 | 2019-03-27 18:48 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 48


     W. シェークスピア


出かける時 わたしはどんなものでも注意深く

これ以上ないぐらい安全な場所にしまっておいた

わたしが使うまではだれにも使われることがないように

怪しげな者の手にかからないように信頼できる場所に

あなたにとってわたしの宝石さえつまらないものであるだろうが

わたしにとってあなたは最高の歓びの源泉であるとともに今や大きな心配の元でもある

これ以上ない大切なひとでありわたしの唯一の気がかりであるあなたは

獰猛な泥棒どもの餌食として狙われている

わたしはあなたを宝石箱に閉じ込めてはおかなかった

実際にはあなたがいなくてもわたしがあなたをいると感じる場所

つまりわたしの腕の中ということだが

わたしの腕の中にはあなたは好きな時にいつでも来たり去ったりできる

だがわたしの腕の中からさえあなたは奪われてしまうかもしれないとわたしは恐れる

なぜなら真実さえそれほど大きな報奨の前では泥棒になってしまうからだ


Sonnet XLVIII


      W.Shakespeare


How careful was I when I took my way,

Each trifle under truest bars to thrust,

That to my use it might unused stay

From hands of falsehood, in sure wards of trust!

But thou, to whom my jewels trifles are,

Most worthy comfort, now my greatest grief,

Thou best of dearest, and mine only care,

Art left the prey of every vulgar thief.

Thee have I not locked up in any chest,

Save where thou art not, though I feel thou art,

Within the gentle closure of my breast,

From whence at pleasure thou mayst come and part;

And even thence thou wilt be stol'n I fear,

For truth proves thievish for a prize so dear.



by nambara14 | 2019-03-19 22:58 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 47


       W.シェークスピア


わたしの目と心は仲良くやっている

今どちらも相手に対して親切にしている

わたしの目が見たくてたまらないとき

あるいは心がため息で息が詰まりそうなとき

わたしの恋人の肖像でわたしの目はもてなされ

わたしの心は描かれた饗応を受ける

あるときわたしの目はわたしの心のお客であり

わたしの心の愛の思いの分け前をもらう

たとえあなたが離れていても 

あなたの肖像あるいはわたしの心にあるあなたへの愛のおかげで

あなたはいつもわたしとともにある

なぜならあなたはわたしの思いが到達できるところより遠くには行かないから

わたしはいつもそれらの思いとともにあり それらの思いはあなたとともにあるからだ

もしそれらの思いが眠っていても わたしの目の中のあなたの肖像が

わたしの心を目覚めさせ 心と目の双方を喜ばせるのだ


Sonnet XLVII


        W. Shakespeare


Betwixt mine eye and heart a league is took,

And each doth good turns now unto the other:

When that mine eye is famish'd for a look,

Or heart in love with sighs himself doth smother,

With my love's picture then my eye doth feast,

And to the painted banquet bids my heart;

Another time mine eye is my heart's guest,

And in his thoughts of love doth share a part:

So, either by thy picture or my love,

Thy self away, art present still with me;

For thou not farther than my thoughts canst move,

And I am still with them, and they with thee;

Or, if they sleep, thy picture in my sight

Awakes my heart, to heart's and eyes'delight.



by nambara14 | 2019-03-12 11:08 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)