人気ブログランキング |

カテゴリ:翻訳詩(シェークスピア)( 73 )


ソネット 61


W.シェークスピア


あなたはあなたの姿によってわたしの重たい瞼を

疲れた夜にも開いたままにしておきたいのですか?

あなたはあなたに似た影がわたしの目を嘲る間

わたしの眠りを妨げようと望んでいるのですか?

わたしの行動をつぶさにチェックして

わたしの中の恥辱や退屈な時間を見出させようとして

あなたがはるか遠くから派遣したのはあなたの心ですか

あるいはあなたの嫉妬のなせる業でしょうか?

いや、そうではありません!あなたの愛はいっぱいだとしても偉大ではありません

わたしの目を覚まさせておくのはわたしの愛なのです

わたしの休息を妨げあなたのために常に夜警の役割を果たす

わたし自身の真実の愛なのです、

わたしはあなたのために寝ずの番をしています、わたしから遠く離れたどこかで

あなたがほかのひとたちと親密に夜を過ごしている間も。


Sonnet LXI


        W. Shakespeare


Is it thy will, thy image should keep open

My heavy eyelids to the weary night?

Dost thou desire my slumbers should be broken,

While shadows like to thee do mock my sight?

Is it thy spirit that thou send'st from thee

So far from home into my deeds to pry,

To find out shames and idle hours in me,

The scope and tenor of thy jealousy?

O, no! thy love, though much, is not so great:

It is my love that keeps mine eye awake:

Mine own true love that doth my rest defeat,

To play the watchman ever for thy sake:

For thee watch I, whilst thou dost wake elsewhere,

From me far off, with others all too near.



by nambara14 | 2019-07-18 12:30 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 60


W.シェークスピア

 

波が小石でおおわれた海岸に打ち寄せるように

われわれの時間もまたその終わりへと急ぐ

それぞれの波は入れ替わり

引き続く労苦とともにすべての波は戦いへ向けて進んでいく、

かつて光の大海原の中で生まれたものは

這い這いしながら成熟を与えられるところへ行きつく

悪意あるエクリプスは若さや成熟の栄光と戦う

そして今 時は与えた贈り物を奪い返す、

時は 若さの持つ栄華を刺し貫き

そして美の額に皺を刻み

自然の稀有なものを食い物にする

なにものもあり続けることはない あの大きな草刈り鎌以外には、

願わくば あなたの価値を称賛するわたしの詩が

時の残酷な手にもかかわらず 将来にわたって生き続けることを。



Sonnet LX


          W. Shakespeare


Like as the waves make towards the pebbled shore,

So do our minutes hasten to their end;

Each changing place with that which goes before,

In sequent toil all forwards do contend.

Nativity, once in the main of light,

Crawls to maturity, wherewith being crown'd,

Crooked eclipses 'gainst his glory fight,

And Time that gave doth now his gift confound.

Time doth transfix the flourish set on youth

And delves the parallels in beauty's brow,

Feeds on the rarities of nature's truth,

And nothing stands but for his scythe to mow:

And yet to times in hope, my verse shall stand

Praising thy worth, despite his cruel hand.



by nambara14 | 2019-07-14 12:28 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 59


        W.シェークスピア


もし新しいものなどなにもなくすべてがすでにあったものだけだとしたら

創作物を生み出す際に

前の子供に次ぐ二番目の子供を流産してしまう我々の頭脳は

どのように欺かれるのだろうか、

おお、少なくとも六百年前にさかのぼる歴史記録が

なにかの古い書物においてあなたのイメージを示すことができるだろう

最初、歴史は文字で書かれたから

古代の人々があなたの素晴らしい容姿をどのように表現するかを

わたしは見ることができるかもしれない、

われわれが昔の人々より美しくなっているのか、それとも彼らの方が美しかったのか、

それとも時代が変わって同じなのか、

おお、たしかにわたしは昔の時代の発想をする人間だ

劣ったものに称賛を与えてきてしまったのだから。



Sonnet LIX


     W.Shakespeare 

       

If there be nothing new, but that which is

Hath been before, how are our brains beguil'd,

Which labouring for invention bear amiss

The second burthen of a former child.

Oh that record could with a backward look,

Even of five hundred courses of the sun,

Show e your image in some antique book,

Since mind at first in character was done,

That I might see what the old world could say

To this composed wonder of your frame;

Whether we are mended, or where better they,

Or whether revolution be the same.

Oh sure I am the wits of former days,

To subjects worse have given admiringpraise.



by nambara14 | 2019-06-24 21:17 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 58


       .シェークスピア


わたしがはじめてあなたの奴隷になり

あなたがお遊びの時をわたしの心の中で考えないようにし

あるいはあなたがどんなふうに過ごしているかを手紙で知らせてくれることを願ったり

あなたの奴隷としてあなたがお召しになるのを待つことを、

神が禁じてくださればよかったものを

おお、あなたが自由になさる間、あなたの意の下にあるわたしが

あなたの不在に耐えられるようにしてください

そしてわたしを傷つける仕打ちにもあなたを責めることなく

辛抱強く苦痛に慣れそれぞれの試練に耐えさせてください、

あなたがどこにいてもあなたの特権は非常に強いので

あなたは思い通りに時間を使うことができるし

自ら犯した罪も自分で許すことができます、

待つことがどんなにつらくてもわたしはあなたを待ちます

あなたのお遊びが良くても悪くてもあなたを責めることはせずに。


Sonnet LVIII


         W. Shakespeare


That god forbid, that made me first yourslave,

I should in thought control your times ofpleasure,

Or at your hand the account of hours to crave,

Being your vassal, bound to stay your leisure!

O! let me suffer, being at your beck,

The imprison'd absence of your liberty;

And patience, tame to sufferance, bide eachcheck,

Without accusing you of injury.

Be where you list, your charter is so strong

That you yourself may privilege your time

To what you will; to you it doth belong

Yourself to pardon of self-doing crime.

I amto wait, though waiting so be hell,

Notblame your pleasure be it ill or well.



by nambara14 | 2019-06-15 18:40 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 57


     .シェークスピア


わたしはあなたの奴隷なのだから 待つしかないだろう

あなたがその気になるまで

わたしには過ごすべき大切な時間など一切ないし

あなたが望むまでは仕えるべきこともない、

ご主人様、あなたがお呼びになるまで時計を見守ることはあっても

終わりがないと言ってこの世を責めることはしないし

あなたが召使に別れを告げた以上

あなたがいない辛さを思うこともない、

あなたがどこにいてなにをしているかを

嫉妬心から問いかけることもなく

ただ哀れな奴隷のようにわたしはここにいるだけでなにも考えることもない

あなたがいるところではあなたは人々を幸せにしているだろうと思う以外は、 

愛すると本当に夢中になるので あなたがどんなことを望んでも

なにをしても悪いとは思えない。



SonnetLVII


     W.Shakespeare


Being your slave what should I do but tend

Upon the hours, and times of your desire?

I have no precious time at all to spend;

Nor services to do, till you require.

Nor dare I chide the world without end hour,

Whilst I, my sovereign, watch the clock for you,

Nor think the bitterness of absence sour,

When you have bid your servant once adieu;

Nor dare I question with my jealous thought

Where you may be, or your affairs suppose,

But, like a sad slave, stay and think of nought

Save, where you are, how happy you make those.

So true a fool is love, that in your will,

Though you do anything, he thinks no ill.



by nambara14 | 2019-06-04 17:04 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 56


W. シェークスピア


愛しい人よ、あなたの愛の力を新しく保とう

あなたの切れ味が食欲より鈍ることのないように

食欲は今日食事をすることで満たされるが

明日は元の力によって旺盛になる

愛もそしてあなたについても 少なくとも満腹があなたの目を閉じさせるまで

今日あなたが空腹な目つきを満たしたとしても

明日はまた目が覚め、そして愛の精神を 持続するけだるさによって

台無しにすることはしない

この悲しい離別は大洋のようだろう

大洋は岸辺を分かち、新しく結びついたカップルが

日々それぞれの岸辺にやってくるが、相手が見えれば

その眺めは最も幸福なものとなるだろう

あるいはそれはまた心配の耐えない冬のようだろう

それにより夏の到来が一層待ち遠しく貴重なものとなるからだ


Sonnet LVI


        W. Shakespeare


Sweet love, renew thy force; be it not said

Thy edge should blunter be than appetite,

Which but to-day by feeding is allayed,

To-morrow sharpened in his former might:

So, love, be thou, although to-day thou fill

Thy hungry eyes, even till they wink with fulness,

To-morrow see again, and do not kill

The spirit of love, with a perpetual dulness.

Let this sad interim like the ocean be

Which parts the shore, where two contracted new

Come daily to the banks, that when they see

Return of love, more blest may be the view;

As call it winter, which being full of care,

Makes summer's welcome, thrice more wished,more rare.



by nambara14 | 2019-05-14 15:28 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 55


        W. シェークスピア


王族たちの大理石のあるいは黄金の記念碑も

この力強い韻律より長く保存されることはないだろう

この詩の中で あなたは ずぼらな時の経過によってつけられた

汚れをぬぐい去られることのない石よりも まぶしく輝くだろう、

荒廃させる戦争が彫像をひっくり返し

石工の作品を根こそぎにするときでも

軍神の剣あるいは戦火が

あなたの生涯の記録を燃やすことはないだろう、

死に向かって、そしてあらゆる忘却という敵意に向かって

あなたは進むだろう、この世を疲弊させ終末へと向かわせる

後世の人々の間でも

あなたへの称賛は存在し続けるだろう、

だから、あなたに最後の審判が下されるまでは

あなたはこの詩の中に生き続け、恋人たちの目の中に住まうのだ。


Sonnet LV


        W. Shakespeare


Not marble, nor the gilded monuments

Of princes, shall outlive this powerful rhyme;

But you shall shine more bright in these contents

Than unswept stone, besmear'd with sluttish time.

When wasteful war shall statues overturn,

And broils root out the work of masonry,

Nor Mars his sword, nor war's quick fire shall burn

The living record of your memory.

'Gainst death, and all oblivious enmity

Shall you pace forth; your praise shall still find room

Even in the eyes of all posterity

That wear this world out to the ending doom.

So, till the judgment that yourself arise,

You live in this, and dwell in lovers' eyes.



by nambara14 | 2019-05-05 18:22 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 54


W. シェークスピア


おお!美は 真実が与えるその美しい飾りによって

どんなにかさらに美しく見えるものだろうか

バラは美しいがわれわれはそれ以上に美しいと思っている

その中に宿る甘い香りのために、

夏の息吹きが覆われていたバラのつぼみをあらわにするとき

野バラの花がバラの花の香り豊かな色合いのように濃く色づき

とげのある幹の上で、風と戯れる、

だが、見た目だけがそれらの美徳なので

それらは求愛されることもなく生き、敬われることもなくしおれ

滅びる、だが 美しいバラはそんなことはない

最も甘い香りは甘美な死から作られる、

そして美しく愛らしい若さはあなたから作られる

その若さが失われるとき、わたしの詩はあなたの真実を描き出す。


Sonnet LIV


       W. Shakespeare


O! how much more doth beauty beauteous seem

By that sweet ornament which truth doth give.

The rose looks fair, but fairer we it deem

For that sweet odour, which doth in it live.

The canker blooms have full as deep a dye

As the perfumed tincture of the roses,

Hang on such thorns, and play as wantonly

When summer's breath their masked buds discloses:

But, for their virtue only is their show,

They live unwoo'd, and unrespected fade;

Die to themselves. Sweet roses do not so;

Of their sweet deaths are sweetest odours made:

And so of you, beauteous and lovely youth,

When that shall vade, my verse distills your truth.



by nambara14 | 2019-05-01 19:44 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 53


        W. シェークスピア


あなたがそれから作られている実質とはなんだろう?

その実質には見知らぬあなたの影が従っている

なぜならすべての実質はひとつの影を持ち

唯一の実質であるあなたはすべての影を与えることができるから、

アドニスを表現するとすれば、その模写は

ほとんどあなたに似てはいないだろう

ヘレナの頬にはあらゆる美の技法が施されているので

あなたはギリシア風の服装で新たに描き直される、

春について述べよう、そうしてその年の豊作についても

春はあなたの美しさの影を示す

その年の豊作はあなたの賜物として現れる

そしてあなたは人も知るあらゆる美しい姿と

あなたが分かち持つあらゆる外面の優美さをもって現れる

だが変わらぬ心といえば あなたはそうではない、そういうあなたではないのだ。


Sonnet LIII


       W. Shakespeare

    

What is your substance, whereof are you made,

That millions of strange shadows on you tend?

Since every one hath, every one, one shade,

And you but one, can every shadow lend.

Describe Adonis, and the counterfeit

Is poorly imitated after you;

On Helen's cheek all art of beauty set,

And you in Grecian tires are painted new:

Speak of the spring, and foison of the year,

The one doth shadow of your beauty show,

The other as your bounty doth appear;

And you in every blessed shape we know.

In all external grace you have some part,

But you like none, none you, for constant heart.



by nambara14 | 2019-04-23 09:59 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 52


       W. シェークスピア



わたしもそうだが 金持ちの福の鍵は彼を

大切にしまってある財宝へと導くことができる

滅多に訪れない快楽の尖った先端がなまくらになることを恐れても

常時財宝を見張っていることはしないだろう、 

それゆえに祝祭はかくも荘厳でかくも稀有なのだ

なぜなら祝祭は 高価な宝石のようにまばらに配置され

あるいは首飾りの中のメインの宝石のように

長い年月においても滅多に訪れることがないからだ、

時もまた わたしの宝石箱のように

あるいは衣装を隠しておく衣裳部屋のようにあなたをしまっておく

閉じ込められた名誉が新たに開かれることによって

ある特別な瞬間を特別に祝福されたものとするために、

欲望が満たされたときは勝利へ 満たされないときは希望へと通じる

あなたの価値 あなたに幸いあれ。


Sonnet LII


      W. Shakespeare


So am I as the rich, whose blessed key,

Can bring him to his sweet up-locked treasure,

The which he will not every hour survey,

For blunting the fine point of seldom pleasure.

Therefore are feasts so solemn and so rare,

Since, seldom coming in the long year set,

Like stones of worth they thinly placed are,

Or captain jewels in the carcanet.

So is the time that keeps you as my chest,

Or as the wardrobe which the robe doth hide,

To make some special instant special-blest,

By new unfolding his imprisoned pride.

Blessed are you whose worthiness gives scope,

Being had, to triumph, being lacked, to hope.



by nambara14 | 2019-04-16 19:47 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)