カテゴリ:翻訳詩(シェークスピア)( 38 )


ソネット 26


           W.シェークスピア


わが愛の主人よ

あなたの美徳はわたしの臣下としての務めを強く結び付けます

わたしはこの文書を わたしの知性を示すためではなく

わたしの務めを証するためにあなたに送ります、

務めはそれほど重大であり

わたしの知性では言葉も足りないのでその務めを十分に表現することができません

それでもわたしはあなたの優れた想像力が深い思索によって

不明確なわたしの務めを明らかにして下さることを望んでいます、

わたしの所作を導く星が吉相をわたしに恵み深く示し

ずたずたになったわたしの愛に衣をかけて

わたしがやさしく敬われるにふさわしい人間であることを示すまでは、

その時になればわたしはどんなにあなたを愛しているかを誇示してもよいでしょう

それまではあなたがきびしくわたしをチェックするところへ頭を出さないようにしようと思います。



Sonnet XXVI


      W.Shakespeare


Lord of my love,to whom in vassalage

Thy merit hathmy duty strongly knit,

To thee I sendthis written embassage,

To witness duty,not to show my wit:

Duty so great,which wit so poor as mine

May make seembare, in wanting words to show it,

But that I hopesome good conceit of thine

In thy soul'sthought, all naked, will bestow it:

Till whatsoeverstar that guides my moving,

Points on megraciously with fair aspect,

And puts apparelon my tottered loving,

To show meworthy of thy sweet respect:

Then may I dare to boast how I do love thee;

Till then, not show my head where thou maystprove me.



[PR]
by nambara14 | 2018-10-15 14:04 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 25

       

W.シェークスピア


自分の星に恵まれたひとびとには

社会的名誉と高い地位を誇らせておくがいい

そのような幸運とは縁のないわたしは

思いがけない喜びを最も名誉あるものと考えている

貴公子たちのお気に入りの栄誉は美しく葉を広げるが

太陽の下のマリゴールドのように

彼らの誇りもまた彼らとともに葬られるのだ

なぜなら栄光のさなかにある彼らさえしかめ面ひとつで

死を迎えるのだから

戦闘で名を上げた傷だらけの戦士も

一千回の勝利の後のたった一回の敗北によって

英雄伝から完全に消し去られてしまう

そしてその労苦もすべて忘れ去られてしまう

そうして幸せなのは、愛し愛され、

削除することも削除されることもないわたしなのだ


Sonnet XXV


        W. Shakespeare


Let those whoare in favour with their stars

Of public honourand proud titles boast,

Whilst I, whomfortune of such triumph bars

Unlook'd for joyin that I honour most.

Great princes'favourites their fair leaves spread

But as themarigold at the sun's eye,

And inthemselves their pride lies buried,

For at a frownthey in their glory die.

The painfulwarrior famoused for fight,

After a thousandvictories once foiled,

Is from the bookof honour razed quite,

And all the restforgot for which he toiled:

Then happy I, that love and am beloved,

Where I may not remove nor be removed.



[PR]
by nambara14 | 2018-10-10 11:35 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 24



                W・シェークスピア

                 南原充士 訳



わたしの目は画家の役割を果たして

あなたの美しい姿をわたしの心のテーブルに描いた

わたしの身体はそれが収まるフレームであり

遠近法は画家の技法である、

なぜなら画家を通してあなたはその技を見てとらなければならないからだ

あなたの目を窓とする

わたしの心の工房に静かに掛けられている

あなたの描かれた真のイメージがどこにあるのかを見出すために、

ほら目と目とがどんなよい効果をあげたのかをご覧

わたしの目はあなたの姿を描き、あなたの目はわたしにとって

わたしの胸への窓であり 日差しがそこを通して

喜んで覗き込みあなたを見つめる、

だが目はそれを優美に描く技法を欠いている

目はただ見えるものだけを描き、心のことはわからない



Sonnet Xxiv

W. Shakespeare



Mine eye hath play'd the painter and hath stell'd
Thy beauty's form in table of my heart;
My body is the frame wherein 'tis held,
And perspective it is the painter's art.
For through the painter must you see his skill,
To find where your true image pictured lies;
Which in my bosom's shop is hanging still,
That hath his windows glazed with thine eyes.
Now see what good turns eyes for eyes have done:
Mine eyes have drawn thy shape, and thine for me
Are windows to my breast, where-through the sun
Delights to peep, to gaze therein on thee;
Yet eyes this cunning want to grace their art;
They draw but what they see, know not the heart.



[PR]
by nambara14 | 2018-10-02 14:48 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 23


         W.シェークスピア


失敗を恐れる余り自分の台詞を忘れてしまう

舞台の上の未熟な役者のように

あるいは精力が溢れすぎて心のコントロールを弱めてしまう

あまりに盛りのついた猛獣のように、

わたしは自分への信頼を失うのをおそれて言いそびれてしまう

愛の言葉を交わす完璧な儀式が

わたしの愛の力が重荷となりすぎて

わたしの強すぎる愛によって損なわれるように見えるということを、

おお!だからわたしの外見を

わたしの胸の中の言葉の 雄弁な語り手であり

かつ口のきけない予言者のようにしてほしい

その舌が表現したより以上に愛を懇願し報酬を求めるような、

おお!沈黙の愛が何を記したのかを読みとることを学びなさい

目で聴くことは愛の機知に属するものだ



Sonnet XXIII


        W. Shakespeare


As an unperfect actor on the stage,

Who with his fear is put beside his part,

Or some fierce thing replete with too much rage,

Whose strength's abundance weakens his own heart;

So I, for fear of trust, forget to say

The perfect ceremony of love's rite,

And in mine own love's strength seem to decay,

O'ercharged with burthen of mine own love's might.

O! let my looks be then the eloquence

And dumb presagers of my speaking breast,

Who plead for love, and look for recompense,

More than that tongue that more hath more express'd.

O! learn to read what silent love hath writ:

To hear with eyes belongs to love's finewit.



[PR]
by nambara14 | 2018-10-02 13:37 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 22


         W.シェークスピア


わたしの鏡はわたしが年老いているとわたしに認めさせることはできないだろう

若さとあなたが同じ年である限りは

だがわたしがあなたの中に時の刻んだ皺を見るとき

わたしは死がわたしに終わりを告げることを理解するだろう

あなたを覆っているすべての美しさは

わたしの心を飾るのにふさわしい衣装だ

わたしの心はあなたの胸にあり あなたの心はわたしの胸にある

それならどうしてわたしがあなたより年老いていることがありうるだろう?

おお!だから愛よ、わたしのように自分自身をたいせつにしなさい

自分自身のためというよりあなたのために自分自身をたいせつにしているわたしのように

ちょうどやさしい乳母が赤子を見守るように

あなたの心をたいせつに守っていこうとするわたしのように

わたしの心が死んでもあなたの心は生き延びるなどと思わないでほしい

あなたはあなたの心をわたしにくれたのだから 返さなくてもいいものとして



Sonnet XXII


       W.Shakespeare


My glass shall not persuade me I am old,

So long as youth and thou are of one date;

But when in thee time's furrows I behold,

Then look I death my days should expiate.

For all that beauty that doth cover thee,

Is but the seemly raiment of my heart,

Which in thy breast doth live, as thine in me:

How can I then be elder than thou art?

O! therefore, love, be of thyself so wary

As I, not for myself, but for thee will;

Bearing thy heart, which I will keep so chary

As tender nurse her babe from faring ill.

Presume not on thy heart when mine is slain,

Thou gav'st me thine not to give back again.



[PR]
by nambara14 | 2018-09-25 13:43 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 21


W.シェークスピア


わたしとミューズとでは詩の書き方が違っている

ミューズは化粧を施した美貌に触発されて詩を書き

天さえ詩句の装飾として用いる

あらゆる美しいものをミューズが持つ美しいものとともに物語る

太陽と月、大地と海の豊かな宝石、

四月に初めて咲いた花々、

天がこの巨大な宇宙に包み込むあらゆる貴重なものなど

誇り高い組み合わせを作り出す

おお!わたしに真実を書かせてほしい、真の愛をもって、

そして信じてほしい、

わたしの愛するひとはだれよりも美しいと、

たとえ天にある金の星々のように明るく輝くことはないにしても、

噂話が好きなひとたちには噂させておけばいい

わたしは売る気がないものを褒め称えようとは思わないのだから


Sonnet XXI


       W. Shakespeare


So is it not with me as with that Muse,
Stirred by a painted beauty to his verse,
Who heaven itself for ornament doth use
And every fair with his fair doth rehearse,
Making a couplement of proud compare
With sun and moon, with earth and sea's rich gems,
With April's first-born flowers, and all things rare,
That heaven's air in this huge rondure hems.
O! let me, true in love, but truly write,
And then believe me, my love is as fair
As any mother's child, though not so bright
As those gold candles fixed in heaven's air:
Let them say more that like of hearsay well;
I will not praise that purpose not to sell.



[PR]
by nambara14 | 2018-09-18 21:56 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 20


      W.シェークスピア


自然の手が描いた女性の顔を 

わたしが愛する男性であり女性であるあなたは持っている

そしてふしだらな女性たちの移り気とは無縁のやさしい女性の心と

それらの女性たちより明るく輝き くるくると動くけれどもふしだらではなく

見つめたものに黄金の輝きを与える目を あなたは持っている

その容姿で男性たちの視線をとらえ女性たちの心を惹きつける力を持った男性

あなたははじめは女性として創られた

自然が、あなたを創り、溺愛し、

ある物を付け加えることであなたをわたしから奪い、

わたしの意に反してある物を付け加えるまでは

だが女性たちの歓びのために自然があなたにそれを植え付けたので

あなたの心の愛はわたしのものとなり、あなたの身体の愛は

女性たちの宝物となった


Sonnet XX


         W. Shakespeare


A woman's face with nature's own hand painted,

Hast thou, the master mistress of my passion;

A woman's gentle heart, but not acquainted

With shifting change, as is false women's fashion:

An eye more bright than theirs, less false in rolling,

Gilding the object whereupon it gazeth;

A man in hue all hues in his controlling,

Which steals men's eyes and women's souls amazeth.

And for a woman wert thou first created;

Till Nature, as she wrought thee, fell a-doting,

And by addition me of thee defeated,

By adding onething to my purpose nothing.

But since she prick'd thee out for women's pleasure,

Mine be thy love and thy love's use their treasure.



[PR]
by nambara14 | 2018-09-12 13:36 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 19

     

           W.シェークスピア


貪る時よ、あなたはライオンの爪を鈍らせ

大地にその愛しい子供たちを滅ぼさせ

凶暴な虎の顎から鋭い歯を引き抜き

長生きの不死鳥をその血で燃やす

あなたが素早く過ぎ行く時

愉快な季節と悲惨な季節を作り

足の速い時よ、この世界とすべてのその滅びゆく愛しいものに対して

あなたがしたいようにすればよい

だが、ひとつだけあなたに禁ずる極悪の罪がある

おお、あなたの時間によってわが愛する人の美しい額に皺を刻むことをするな

あなたの古ぼけたペンでそこに皺を描き込むことをするな

あなたが過ぎゆくときにもわが愛するひとには無垢のままでいさせよ

美形をその子孫に伝えるため

とはいえ、最悪の年老いた時よ、あなたはしたいようにすればよい、

あなたの悪行にもかかわらず、わが愛する人は

わたしの詩の中で永遠に若さを保つだろう。


Sonnet XIX


           W. Shakespeare


Devouring Time,blunt thou the lion's paws,

And make theearth devour her own sweet brood;

Pluck the keenteeth from the fierce tiger's jaws,

And burn thelong-lived phoenix in her blood;

Make glad andsorry seasons as thou fleet'st,

And do whate'erthou wilt, swift-footed Time,

To the wideworld and all her fading sweets;

But I forbidthee one most heinous crime:

O! carve notwith thy hours my love's fair brow,

Nor draw nolines there with thine antique pen;

Him in thycourse untainted do allow

For beauty'spattern to succeeding men.

Yet, do thy worst old Time: despite thywrong,

My love shall in my verse ever live young.



[PR]
by nambara14 | 2018-09-10 13:15 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 18


         W・シェークスピア

          南原充士 訳


あなたを夏の日と比べてみようか?

あなたは夏の日より愛らしく穏やかだ

激しい風は五月の新芽を揺らす

そして夏はなんという短い期間だろう

時折天空の瞳は暑すぎるほどに照りつける

そして黄金の肌色はしばしば陰ってしまう

そしてたまさかあるいは自然の不規則に変わる運行経路によって

晴れた空も時にして暮れてしまう

だがあなたの永遠の夏は色あせることはない

あるいはあなたの美しさは失われることがなく

あなたが永遠の時への道筋の中で成長する時

あなたが死の影の中をさまよっているのだと死が吹聴することもない

人々が息づきあるいは瞳が見ることができる限りは

これが生きていてあなたに命を与える限りは



Sonnet XVIII


            William Shakespeare


Shall I compare thee to a summer's day?
Thou art more lovely and more temperate:
Rough winds do shake the darling buds of May,
And summer's lease hath all too short a date:
Sometime too hot the eye of heaven shines,
And often is his gold complexion dimm'd;
And every fair from fair sometime declines,
By chance or nature's changing course untrimm'd;
But thy eternal summer shall not fade
Nor lose possession of that fair thou owest;
Nor shall Death brag thou wander'st in his shade,
When in eternal lines to time thou growest:
So long as men can breathe or eyes can see,
So long lives this and this gives life to thee.





[PR]
by nambara14 | 2018-09-10 11:37 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 17


             

           W.シェークスピア

            南原充士 訳


将来においてだれがわたしの詩を信じるだろうか?

その詩があなたの至高の美で満たされているとしても。

実際のところこの詩はあなたの人生を隠す墓のようなものに過ぎず

あなたについて書くべきことの半分も表していないことをだれひとり知る者はいないのだが。

もしわたしがあなたの目の美しさについて書き、

そして新しい詩句であなたのあらゆる優美さを表すことができるとしたら

来るべき時代の人々は、「この詩人はうそつきだ。

その天国のような筆致は地上の人間の顔に触れたことがないからだろう」と言うだろう。

時とともに黄ばんだわたしの詩集もまた

嘘つきの老人のように軽蔑されるだろう

そしてあなたの称賛を受けるべき本来の権利も

古臭い歌の間延びした韻律のような詩人の熱狂に過ぎないと言われるだろう。

 だがその時にあなたの子供のいずれかが生きていたなら

 あなたはその子供の中で そしてまたわたしの押韻の中で

蘇ることになるだろう。



     Sonnet XVII


              W.Shakespeare



Who will believe my verse in time to come,

If it were filled with your most high deserts?

Though yet heaven knows it is but as a tomb

Which hides your life, and shows not half your parts.

If I could write the beauty of your eyes,

And in fresh numbers number all your graces,

The age to come would say 'This poet lies;

Such heavenly touches ne'er touched earthly faces.'

So should my papers, yellowed with their age,

Be scorned, like old men of less truth than tongue,

And your true rights be termed a poet's rage

And stretched metre of an antique song:

But were some child of yours alive that time,

You should live twice, in it, and in my rhyme.




[PR]
by nambara14 | 2018-09-10 11:21 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)