カテゴリ:翻訳詩(ディラン・トマスほか)( 39 )


   ソネット 7


         W.シェークスピア


ほら!東の空に優美な光が燃える頭をもたげるとき

この世のひとびとは聖なる君主を崇め、

その新しい出現を讃える。

そしてそれが険しい空の丘を登り切って

中年でもなお強い若さを装うとき

ひとびとはなおその美しさを讃え

その黄金の統治にかしずく。

だがそれが登り詰めたところから、疲れた馬車に乗って、

老人のように、よろめきながら一日を終えるとき

ひとびとは、以前は忠誠を尽くしていたのに、今やその低い位置から

目をそらし、よそ見をする

だから、あなたは子供を設けない限り、

真昼の中で消え失せ、注目されることもなくなってしまう



    Sonnet VII


          W.Shakespeare


Lo! in the orient when the gracious light

Lifts up his burning head, each under eye

Doth homage to his new-appearing sight,

Serving with looks his sacred majesty;

And having climbed the steep-up heavenly hill,

Resembling strong youth in his middle age,

Yet mortal looks adore his beauty still,

Attending on his golden pilgrimage:

But when from highmost pitch, with weary car,

Like feeble age, he reeleth from the day,

The eyes, 'fore duteous, now converted are

From his low tract, and look another way:

So thou,thyself outgoing in thy noon

Unlooked ondiest unless thou get a son.



[PR]
by nambara14 | 2018-07-18 19:51 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)


  ソネット 5


                W.シェークスピア

                 南原充士 訳


すべての目は愛らしく見つめる視線にこそ存在し

その視線を丁寧に作り上げてきた歳月は

同じような手管できわめて美しいものを虐げ醜くするだろう、

決して休むことない時は夏をおぞましい冬へと連れて行き

夏をそこで壊してしまう、

樹液は霜に妨げられ 青い葉はことごとく失われる

美は雪に覆われ あたりがすべて裸地となる。

もし夏の間に抽出したものがなければ

つまりガラスの容器に閉じこめられた液体の囚人がいなければ

美の効能は美とともに失われてしまうだろう

そればかりか美が存在したという記憶さえ失われてしまうだろう。

だが花から香りを抽出しておけば 冬を迎えても

そのうわべの美は失われるにせよ その本質は末永く甘美さをとどめるだろう。


Sonnet V


         W. Shakespeare


Those hours, that with gentle work did frame

The lovely gaze where every eye doth dwell,

Will play the tyrants to the very same

And that unfair which fairly doth excel;

For never-resting time leads summer on

To hideous winter, and confounds him there;

Sap checked with frost, and lusty leaves quite gone,

Beauty o'er-snowed and bareness every where:

Then were not summer's distillation left,

A liquid prisoner pent in walls of glass,

Beauty's effect with beauty were bereft,

Nor it, nor no remembrance what it was:

But flowers distilled, though they with winter meet,

Leese but their show; their substance still lives sweet.



[PR]
by nambara14 | 2018-07-03 14:13 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)


ソネット 4


         W.シェークスピア

          南原充士 訳


惜しみなき愛らしさの消費者よ、なぜあなたは

あなたの美の遺産を自分自身のために消費してしまうのだろうか?

自然はその美質を無償で与えることはなく貸し付けるだけだ、

自然は率直な者に寛容さを貸し付ける。

美しい浪費者よ、なぜあなたは、

与えるために与えられた豊かな美質を濫用するのだろうか?

利益を得ない貸し付け者よ、なぜあなたは、

そんなにも多額な金額を消費しながら、

なお豊かに生きることができないのだろう?

自分自身と付き合うだけでは、

あなたは甘美な自分自身を自ら欺くことになる。

いつどのように自然はあなたにこの世を去る時期を告げるだろう?

あなたはどれだけ受け入れ可能な収支を残せるだろう?

あなたの美貌はもし消費しなければあなたの死とともに墓に葬られるだろう

消費されるなら、あなたの遺言執行人としての子孫に引き継がれるだろう。


Sonnet IV


         W.Shakespeare


Unthriftyloveliness, why dost thou spend

Upon thy selfthy beauty's legacy?

Nature's bequestgives nothing, but doth lend,

And being frankshe lends to those are free:

Then, beauteousniggard, why dost thou abuse

The bounteouslargess given thee to give?

Profitlessusurer, why dost thou use

So great a sumof sums, yet canst not live?

For havingtraffic with thy self alone,

Thou of thy selfthy sweet self dost deceive:

Then how whennature calls thee to be gone,

What acceptableaudit canst thou leave?

Thy unused beauty must be tombed with thee,

Which, used, lives th' executor to be.



[PR]
by nambara14 | 2018-06-25 15:13 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)


     ソネット 3


                    W.シェークスピア

                      南原充士 訳


あなたは鏡を見て、そこに映る顔に

「今はその顔に別の顔を与えるべき時だ」と言いなさい、

今あなたが新しく生まれ変わらないとしても

新たな顔を生み出す時だと。

あなたは世間を欺きあなたの妻となるべき女性を不幸にする。

なぜなら、夫の耕作を恥とするような美しい処女はどこにもいないし、

あるいは、自己愛の墓場となって子孫を残さない愚かな男性はいないから。

あなたは母の鏡であり、彼女はあなたの中に、愛らしい盛りだった4月を思い起こす。

そうして、あなたもあなたの年齢の窓を通して、

皺はあるにせよ、あなたの黄金時代を見るだろう。

だが、あなたが自分は思い出されなくてもいいと決めて生きて、

ひとり身のままで亡くなったとしたら、

あなたの面影はあなたとともに死んでしまう。



Sonnet III


          W. Shakespeare


Look in thy glass and tell the face thou viewest

Now is the time that face should form another;

Whose fresh repair if now thou not renewest,

Thou dost beguile the world, unbless some mother.

For where is she so fair whose uneared womb

Disdains the tillage of thy husbandry?

Or who is he sofond will be the tomb

Of hisself-love, to stop posterity?

Thou art thy mother's glass and she in thee

Calls back the lovely April of her prime;

So thou through windows of thine age shalt see,

Despite of wrinkles, this thy golden time.

But if thou live, remembered not to be,

Die single and thine image dies with thee.



[PR]
by nambara14 | 2018-06-18 16:09 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)


      ソネット 14

                  W.シェークスピア 

                南原充士 訳

わたしは星を観察して運勢判断を行うわけではないが

自分なりに天文学を身に付けている

ただ、わたしの天文学は、伝染病や飢饉や作柄などの

幸不運を占うものではなく

ひとりひとりの人生における嵐や雨や風などの予報を刻々と告げ得るものでもなく

また天に見出す頻繁な予測により

王子たちの運勢がいいものかどうかを告げ得るものでもない。

わたしの知識そして恒星たちはあなたの目から得られるものだ

あなたが自分への関心を子孫を残す方へ向けるならば

恒星の中にわたしは真と美がともに栄えるような技法を読み取る。

さもなければわたしはあなたについてこのような予測をするだろう

つまり、あなたの臨終の日は、真と美の終末の日であると。

Sonnet XIV

                      W.SHakesperae

Not from the stars do I my judgement pluck;
And yet methinks I have Astronomy,
But not to tell of good or evil luck,
Of plagues, of dearths, or seasons'quality;
Nor can I fortune to brief minutes tell,
Pointing to each his thunder, rain and wind,
Or say with princes if it shall go well
By oft predict that I in heaven find:
But from thine eyes my knowledge I derive,
And, constant stars, in them I read such art
As truth and beauty shall together thrive,
If from thyself, to store thou wouldst convert;
Or else of thee this I prognosticate:
Thy end is truth's and beauty's doom and date.

    



[PR]
by nambara14 | 2018-06-11 15:13 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)


    ソネット 17


             

           W.シェークスピア

            南原充士 訳


将来においてだれがわたしの詩を信じるだろうか?

その詩があなたの至高の美で満たされているとしても。

実際のところこの詩はあなたの人生を隠す墓のようなものに過ぎず

あなたについて書くべきことの半分も表していないことをだれひとり知る者はいないのだが。

もしわたしがあなたの目の美しさについて書き、

そして新しい詩句であなたのあらゆる優美さを表すことができるとしたら

来るべき時代の人々は、「この詩人はうそつきだ。

その天国のような筆致は地上の人間の顔に触れたことがないからだろう」と言うだろう。

時とともに黄ばんだわたしの詩集もまた

嘘つきの老人のように軽蔑されるだろう

そしてあなたの称賛を受けるべき本来の権利も

古臭い歌の間延びした韻律のような詩人の熱狂に過ぎないと言われるだろう。

 だがその時にあなたの子供のいずれかが生きていたなら

 あなたはその子供の中で そしてまたわたしの押韻の中で

蘇ることになるだろう。



     Sonnet XVII


              W.Shakespeare



Who will believe my verse in time to come,

If it were filled with your most high deserts?

Though yet heaven knows it is but as a tomb

Which hides your life, and shows not half your parts.

If I could write the beauty of your eyes,

And in fresh numbers number all your graces,

The age to come would say 'This poet lies;

Such heavenly touches ne'er touched earthly faces.'

So should my papers, yellowed with their age,

Be scorned, like old men of less truth than tongue,

And your true rights be termed a poet's rage

And stretched metre of an antique song:

But were somechild of yours alive that time,

You should live twice, in it, and in my rhyme.



[PR]
by nambara14 | 2018-06-08 14:37 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)


ソネット 152


              W. シェークスピア

             南原充士 訳


あなたを愛するわたしがあなたを裏切ったことをあなたは知っている

だがあなたもわたしに愛を誓いながら二度もわたしを裏切った

愛の行為の中でもベッドでの誓いは破られ新たな誠意も引き裂かれた

新しい愛が生まれた後に新しい憎悪を誓うことで。

だが二十回も誓いを破ったわたしが

二つの誓いを破ったあなたを責めたりするだろうか?

わたしは何度も誓いを破った

なぜならすべての誓いはただあなたをいじめるための誓いであり

わたしのあなたへの信頼も失われたのだから。

なぜならわたしはあなたの深い親切や愛や真実や貞節を心底信じ

そしてわたしはあなたを輝かせるため、自分の目を盲目にし

あるいはわたしはその目が見たものを見なかったことにすることをその目に誓わせたのだから、

なぜならわたしはあなたが美しいと証言したが、

より嘘つきの目は 真実ではなくそんなにも汚らわしい偽証をしたのだった


Sonnet CLII


                 W.Shakespeare


In loving thee thouknow'st I am forsworn,
But thou art twice forsworn, to me love swearing;
In act thy bed-vow broke, and new faith torn,
In vowing new hate after new love bearing:
But why of two oaths' breach do I accuse thee,
When I break twenty? I am perjured most;
For all my vows are oaths but to misuse thee,
And all my honest faith in thee is lost:
For I have sworn deep oaths of thy deep kindness,

Oaths of thy love, thy truth, thy constancy;
And, to enlighten thee, gave eyes to blindness,

Or made them swear against the thing they see;

For I have sworn thee fair; more perjured eye,
To swear against the truth so foul a lie!







[PR]
by nambara14 | 2018-06-01 23:49 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)

    

      ソネット 154


                     W.シェークスピア

                     南原充士 訳


年若い愛の神は 心に火を付ける松明をかたわらにおいたまま

眠りに落ちていた

そこへ清らかに生きることを誓った多くの妖精たちが

通りかかった、その中の最も美しい妖精が

多くの者の純粋な心を熱くしてきた火を その手で拾い上げた。

そうして激しい欲望の将軍は

眠っている間に処女の手によって武器を奪われたのだ。

彼女はその松明を近くの冷たい泉に沈め

その泉は愛の火によって熱せられ続けて

ついに病気療養のための温泉となった

恋人の虜となったわたしは病気を治すためにその温泉に行った

そして、愛の火は水を熱するが、水は愛を冷やさない、ということを明らかにしたのだ。



Sonnet CLIV

W.Shakespeare

The little Love-god lying once asleep,
Laid by his side his heart-inflamingbrand,
Whilst many nymphs that vowed chastelife to keep
Came tripping by; but in her maidenhand
The fairest votary took up that fire
Which many legions of true hearts hadwarmed;
And so the General of hot desire
Was, sleeping, by a virgin handdisarmed.
This brand she quenched in a cool wellby,
Which from Love's fire took heatperpetual,
Growing a bath and healthful remedy,
For men diseased; but I, my mistress'thrall,
Came there for cureand this by that I prove,
Love's fire heatswater, water cools not love.


[PR]
by nambara14 | 2018-05-31 19:02 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)


    ソネット 153

              W.シェークスピア 

                    南原充士 訳

キューピッドが松明をそばに置いて眠っていた。

女神ディアナの侍女はこの機会を見逃さなかった

そして恋心に火をつける炎がすばやく

その地の冷たい谷の泉に突入した。

この泉は 聖なる愛の炎から 古来より強烈だった熱を取り入れ持続させ 

沸き返る温泉を産み出した

それは奇妙な疾病に対して最高の療養地だとひとびとが今なお保証するのだ。

だが、わが恋人の目に向けて松明が新たに灯されたので

少年は試しにわが胸に触れようとするだろう。

病気のわたしは、温泉の助けを強く望んで

そこへと急いだ、哀れな病人の客として、

だが、治りはしなかった、わが助けとなる温泉は

キューピッドが新たに火を着けたところ、すなわち

わが恋人の目の中にあるのだ。

Sonnet CLIII

     W. Shakespeare  

Cupid laid by his brand and fell asleep:
A maid of Dian's this advantage found,
And his love-kindling fire did quickly steep
In a cold valley-fountain of that ground;
Which borrowed from this holy fire of Love,
A dateless lively heat, still toendure,
And grew a seething bath, which yet men prove
Against strange maladies a sovereign cure.
But at my mistress' eye Love's brand new-fired,
The boy for trial needs would touch my breast;
I, sick withal, the help of bath desired,
And thither hied, a sad distempered guest,
But found no cure,the bath for my help lies
Where Cupid got new fire; my mistress' eyes.






[PR]
by nambara14 | 2018-05-29 20:03 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)


ソネット 127


                   W.シェークスピア

                    南原充士 訳


昔は、黒は美しいとはされなかった、

あるいはそうだったとしても、黒は美という名前は持たなかった

だが、今では、黒は美の後継者だ

美は庶子という恥辱によって貶められもする。

なぜならめいめいの手は女神の力を身に付けていて

化粧を施した偽りの借り物の顔で醜さを美しく見せるので、

甘美さは名も無く、聖なる私室も持たず

冒涜されるからだ、恥辱に生きるとまでは言わないまでも。

それゆえ、わたしの恋人の目は鴉のように黒い

彼女の目はそのように黒いので、その点において

生来ブロンドではないとしても、まったく美しくないわけでもなく、

偽りの粧により生来の美を貶める弔問者のように見える。

しかも、彼女の目はその悲哀にふさわしく哀悼の意を表するので

だれの舌も美はそんなふうに見えるものだと言うのだ。



 Sonnet CXXVII


W. Shakespeare


In the old age black was not counted fair,
Or if it were, it bore not beauty's name;
But now is black beauty's successive heir,
And beauty slandered with a bastard shame:
For since each hand hath put on Nature's power,
Fairing the foul with Art's false borrowed face,
Sweet beauty hath no name, no holy bower,
But is profaned, if not lives in disgrace.
Therefore my mistress' eyes are raven black,
Her eyes so suited, and they mourners seem
At such who, not born fair, no beauty lack,
Sland'ring creation with a false esteem:
Yet so they mourn becoming of their woe,
That every tongue says beauty should look so.


[PR]
by nambara14 | 2018-05-28 20:22 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)