人気ブログランキング |

カテゴリ:新作詩歌(平成20年発表)( 48 )

冬場の桜の木



    冬場の桜の木


春になれば花見客であふれる

この堤に沿った細い空き地の

何本もある桜の木も

冬場はすっかり花も葉も落ちて

ただ無彩色にたたずんでいる


-------------------------------------




 上の短詩の音数を数えてみれば次の通りです。

     6-6-4
     9-7
     7-6
     8-8
     8-7




f0037553_157353.jpg

by nambara14 | 2008-01-21 13:54 | 新作詩歌(平成20年発表) | Comments(0)

サバンナの数学


    サバンナの数学


ライオンの脳は 赤く燃えた
シナプスは発火し 筋肉は収縮した
ライオンは忍び寄り 獲物めがけて ジャンプした
牙が シマウマの腹を切り裂き がっちりと 食い込んだ
もがきながら 逃げようとしたが 腹の中はあらかた食われた
ライオンは満腹して去った
かわりに ハイエナが食べ残しにかぶりつく
背中から腰へ 前脚から首筋へ
頭も食われて 骨だけが残った
おびただしい骨の残骸の上に スコールが降った

巡回するレンジャーたちは サバンナを見渡した
ジープの中から 双眼鏡で
地平線を真横に
草原を斜めに
空模様も―――
レンジャーたちのサングラスは濃かった
動物の種類ごとの頭数リストを更新した
ヌーの数は横ばい
チーターは激減
カバはどうか?
食うか食われるかの連鎖の中で
トータルの命にふさわしい数学はなかった


by nambara14 | 2008-01-18 19:51 | 新作詩歌(平成20年発表) | Comments(0)

ふたたび、空


    ふたたび、空 


広げた両手
ラジオ体操
四角い空っぽ
丸い袋
中空のこけし
雲を浮かべた舞台
青天井
境界無し
熱気球
ぎっしり詰まった気体
ねじれた放物線
見えないものに囲まれた有視界
翻る平面
無数のフィルム
底なし沼
穴だらけ
重力



by nambara14 | 2008-01-16 15:32 | 新作詩歌(平成20年発表) | Comments(0)

空は。



    空は。


空は、夢幻を詰めた有限の空間。

無限を内包しながら膨張していく。

複雑でありかつ単純でもある。

千変万化そのものである。

空は、人を空想に誘ってやまない。


by nambara14 | 2008-01-15 15:35 | 新作詩歌(平成20年発表) | Comments(0)


     空


きらきらと輝いていた空が
いつのまにか曇りだす
そしてにわか雨だ
と思っていると土砂降りだ
ベランダに干したばかりの
ぱんつ くつした はんかち

空のずっと先は見えない
光が届かないあちら側は
電波がさぐる暗黒空間
ジェット噴射や回転する天体
とてつもなく小さな粒子から生まれて
ふくれにふくれている空

空は無数の映像のように切り替わっていく
見上げるものにはつかめない空っぽ
貧しい想像力を精一杯働かして
ちいさな自分が爆発すれば
どこまで空になれるのだろうか

おっと!
その前に洗濯物だけはとりこんでおかなくては・・・





by nambara14 | 2008-01-15 11:01 | 新作詩歌(平成20年発表) | Comments(0)

ありふれた一日


     
      ありふれた一日



この一週間 毎日 思わぬトラブルに見舞われた

睡魔 腹痛 湿疹 目の痛み 深爪 切り傷 物忘れ・・・

休日の今日 ゆっくりと風呂に入って ワインを開けた

毒も薬も入っていない いつもの食べなれた料理を味わいながら・・・






by nambara14 | 2008-01-12 19:17 | 新作詩歌(平成20年発表) | Comments(0)

たわむれに





      たわむれ



これからのことなんか どうなるかわからない

気に入ったジャケットと 奮発した革靴

さっそうと行きたいね 風のように吹き抜け

約束があるふりで どこかへ向かっている


--------------------------------------------------------

   上の4行詩は、お気づきの方もいらっしゃるかも

   しれませんが、

      10 10

      10 10

      10 10

      10 10

     の音数で成り立っています。   


by nambara14 | 2008-01-09 15:32 | 新作詩歌(平成20年発表) | Comments(0)

My Favorite Things


 My Favorite Things



やわらかな日差し。
                 
  イギリス風ガーデン。
                  
  風にそよぐコスモス。

               
  上品なしぐさ。
                 
センスのいいファッション。
                 
似合っているヘアスタイル。

              
 輝く白い歯。こぼれる笑顔。
                 
  落ち着いたインテリア。
                  
  趣味のよいアクセサリー。

               
  気の利いた会話。
                  
セクシーな襟足。
                   
極上のワインと料理。

                   
なによりも 


ゆるやかに過ぎてゆく時間。
                 
  狭まりゆく距離。
                   
そのあとのこと・・・



by nambara14 | 2008-01-07 23:33 | 新作詩歌(平成20年発表) | Comments(0)