人気ブログランキング |

2019年 08月 06日 ( 1 )


ソネット 63


      W. シェークスピア


傷つける時の手によって今わたしが押し潰され疲れ切ってしまっているように

わたしの恋人がそうなる時のために、

寄る年波が彼の血を抜き取り彼の額に

皺を刻み、彼の若い朝が

老いの険しい夜へと旅をし、

そして今彼が支配しているあらゆる美しさが

消え失せ、視界から見えなくなり

彼の青春の宝物が奪い取られる時のために、

そのような時のためにわたしは今

困惑させる老いの残忍なナイフに対して備えておく

それがわたしの愛しい恋人の美しさを記憶から切り捨てることはないように

もしわたしの恋人の命を切り捨てることはあったとしても、

彼の美しさはこの黒いインクで書かれた詩行によって見ることができるだろう

この詩行は生き続け、この詩行の中で彼はいつまでも若々しくあるだろう。


Sonnet LXIII


       W.Shakespeare


Against my love shall be as I am now,

With Time's injurious hand crushed ando'erworn;

When hours have drained his blood andfilled his brow

With lines and wrinkles; when his youthfulmorn

Hath travelled on to age's steepy night;

And all those beauties whereof now he'sking

Are vanishing, or vanished out of sight,

Stealing away the treasure of his spring;

For such a time do I now fortify

Against confounding age's cruel knife,

That he shall never cut from memory

My sweet love's beauty, though my lover'slife:

His beauty shall in these black lines be seen,

And they shall live, and he in them still green.



by nambara14 | 2019-08-06 12:29 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)