人気ブログランキング |

2019年 07月 18日 ( 1 )


ソネット 61


W.シェークスピア


あなたはあなたの姿によってわたしの重たい瞼を

疲れた夜にも開いたままにしておきたいのですか?

あなたはあなたに似た影がわたしの目を嘲る間

わたしの眠りを妨げようと望んでいるのですか?

わたしの行動をつぶさにチェックして

わたしの中の恥辱や退屈な時間を見出させようとして

あなたがはるか遠くから派遣したのはあなたの心ですか

あるいはあなたの嫉妬のなせる業でしょうか?

いや、そうではありません!あなたの愛はいっぱいだとしても偉大ではありません

わたしの目を覚まさせておくのはわたしの愛なのです

わたしの休息を妨げあなたのために常に夜警の役割を果たす

わたし自身の真実の愛なのです、

わたしはあなたのために寝ずの番をしています、わたしから遠く離れたどこかで

あなたがほかのひとたちと親密に夜を過ごしている間も。


Sonnet LXI


        W. Shakespeare


Is it thy will, thy image should keep open

My heavy eyelids to the weary night?

Dost thou desire my slumbers should be broken,

While shadows like to thee do mock my sight?

Is it thy spirit that thou send'st from thee

So far from home into my deeds to pry,

To find out shames and idle hours in me,

The scope and tenor of thy jealousy?

O, no! thy love, though much, is not so great:

It is my love that keeps mine eye awake:

Mine own true love that doth my rest defeat,

To play the watchman ever for thy sake:

For thee watch I, whilst thou dost wake elsewhere,

From me far off, with others all too near.



by nambara14 | 2019-07-18 12:30 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)