人気ブログランキング |

2019年 07月 14日 ( 1 )


ソネット 60


W.シェークスピア

 

波が小石でおおわれた海岸に打ち寄せるように

われわれの時間もまたその終わりへと急ぐ

それぞれの波は入れ替わり

引き続く労苦とともにすべての波は戦いへ向けて進んでいく、

かつて光の大海原の中で生まれたものは

這い這いしながら成熟を与えられるところへ行きつく

悪意あるエクリプスは若さや成熟の栄光と戦う

そして今 時は与えた贈り物を奪い返す、

時は 若さの持つ栄華を刺し貫き

そして美の額に皺を刻み

自然の稀有なものを食い物にする

なにものもあり続けることはない あの大きな草刈り鎌以外には、

願わくば あなたの価値を称賛するわたしの詩が

時の残酷な手にもかかわらず 将来にわたって生き続けることを。



Sonnet LX


          W. Shakespeare


Like as the waves make towards the pebbled shore,

So do our minutes hasten to their end;

Each changing place with that which goes before,

In sequent toil all forwards do contend.

Nativity, once in the main of light,

Crawls to maturity, wherewith being crown'd,

Crooked eclipses 'gainst his glory fight,

And Time that gave doth now his gift confound.

Time doth transfix the flourish set on youth

And delves the parallels in beauty's brow,

Feeds on the rarities of nature's truth,

And nothing stands but for his scythe to mow:

And yet to times in hope, my verse shall stand

Praising thy worth, despite his cruel hand.



by nambara14 | 2019-07-14 12:28 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)