人気ブログランキング |

2019年 05月 01日 ( 1 )


ソネット 54


W. シェークスピア


おお!美は 真実が与えるその美しい飾りによって

どんなにかさらに美しく見えるものだろうか

バラは美しいがわれわれはそれ以上に美しいと思っている

その中に宿る甘い香りのために、

夏の息吹きが覆われていたバラのつぼみをあらわにするとき

野バラの花がバラの花の香り豊かな色合いのように濃く色づき

とげのある幹の上で、風と戯れる、

だが、見た目だけがそれらの美徳なので

それらは求愛されることもなく生き、敬われることもなくしおれ

滅びる、だが 美しいバラはそんなことはない

最も甘い香りは甘美な死から作られる、

そして美しく愛らしい若さはあなたから作られる

その若さが失われるとき、わたしの詩はあなたの真実を描き出す。


Sonnet LIV


       W. Shakespeare


O! how much more doth beauty beauteous seem

By that sweet ornament which truth doth give.

The rose looks fair, but fairer we it deem

For that sweet odour, which doth in it live.

The canker blooms have full as deep a dye

As the perfumed tincture of the roses,

Hang on such thorns, and play as wantonly

When summer's breath their masked buds discloses:

But, for their virtue only is their show,

They live unwoo'd, and unrespected fade;

Die to themselves. Sweet roses do not so;

Of their sweet deaths are sweetest odours made:

And so of you, beauteous and lovely youth,

When that shall vade, my verse distills your truth.



by nambara14 | 2019-05-01 19:44 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)