人気ブログランキング |

2019年 04月 03日 ( 1 )


ソネット 50


W. シェークスピア


わたしの旅はなんと気が滅入るものだろう

くたびれた旅の終わりにわたしが求めるもの

それがその慰安と休息に対してこう言うように教えるから

「あなたの友達からなんとまあ遠くまで来てしまったのだろうか!」と、

わたしを運ぶ馬はわたしの悲しみをまとって

わたしの重みに耐えながらのろのろと進む

その乗り手があなたから離れて行く速さを望んでいないということを

こいつはなにか本能のようなものでわかっているかのように、

血まみれの拍車はそいつをけしかけることはできない

そいつの脇腹に拍車をかけるよりもわたしにとってもっと痛ましいうめき声で

そいつが応えるわたしの怒りが

時折そいつの腹の皮に突き刺さるからだ、

 まさにそのうめき声がわたしに思い知らせる

 わたしの悲しみは前進しわたしの喜びは後退するということを。


Sonnet L


        W. Shakespeare


How heavy do I journey on the way,

When what I seek, my weary travel's end,

Doth teach that ease and that repose to say,

'Thus far the miles are measured from thy friend!'

The beast that bears me, tired with my woe,

Plods dully on, to bear that weight in me,

As if by some instinct the wretch did know

His rider lov'd not speed being made from thee.

The bloody spur cannot provoke him on,

That sometimes anger thrusts into his hide,

Which heavily he answers with a groan,

More sharp to me than spurring to his side;

For that same groan doth put this in my mind,

My grief lies onward, and my joy behind.



by nambara14 | 2019-04-03 17:24 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)