人気ブログランキング |

2018年 04月 29日 ( 1 )


    ソネット 18


               W・シェークスピア

                南原充士 訳


あなたを夏の日と比べてみようか?

あなたは夏の日より愛らしく穏やかだ

激しい風は五月の新芽を揺らす

そして夏はなんという短い期間だろう

時折天空の瞳は暑すぎるほどに照りつける

そして黄金の肌色はしばしば陰ってしまう

そしてたまさかあるいは自然の不規則に変わる運行経路によって

晴れた空も時にして暮れてしまう

だがあなたの永遠の夏は色あせることはない

あるいはあなたの美しさは失われることがなく

あなたが永遠の時への道筋の中で成長する時

あなたが死の影の中をさまよっているのだと死が吹聴することもない

人々が息づきあるいは瞳が見ることができる限りは

これが生きていてあなたに命を与える限りは


SonnetXviii: Shall I Compare Thee To A Summer's Day?


           - Poem by William Shakespeare


Shall I compare thee to a summer's day?
Thou art more lovely and more temperate:
Rough winds do shake the darling buds of May,
And summer's lease hath all too short a date:
Sometime too hot the eye of heaven shines,
And often is his gold complexion dimm'd;
And every fair from fair sometime declines,
By chance or nature's changing course untrimm'd;
But thy eternal summer shall not fade
Nor lose possession of that fair thou owest;
Nor shall Death brag thou wander'st in his shade,
When in eternal lines to time thou growest:
So long as men can breathe or eyes can see,
So long lives this and this gives life to thee.


by nambara14 | 2018-04-29 21:42 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)