人気ブログランキング |

2016年 09月 27日 ( 1 )

過去

ギラギラと 眼開いて 刺し抜いて 仕留めた肉の 滴る生血

血に濡れた 手を洗えども ぬぐいえぬ 罪の赤錆 鎧は朽ちて

切り取りし 首をさらせば 竜巻の 亡者の群れに 拉致され果てぬ

by nambara14 | 2016-09-27 19:39 | 五七五七七系短詩 | Comments(0)