人気ブログランキング |

2012年 06月 15日 ( 1 )

あきらめない日



     あきらめない日


大きな熱気球がいくつも浮かぶ空を見上げる
草原には子供連れの家族も集まってくる
派手だねえ すこし離れたところから声が聞こえる
赤紫と藍は自慢の配色なのだ

風はやがて強まるとの予報だから
レースの駆け引きも見ることができるだろう
ゴンドラの中では汗まみれの時間が過ぎても
下からはふんわりと漂うように見える

飛び込め 背中から声がかかる
川にはすでに仲間がつかっていて
手を動かして促すしぐさが見える
震える足がどうしようもない

記憶の中のだれかがあきらめている
滑走路を走り出したグライダーに
いつかは乗ろうと思っていた少年
くすぶったまま時が過ぎてしまった

あしたは帰らなければならない
見納めと思ってしっかりと
空を見上げた時 脳裏をよぎった
そうだ熱気球をやろう
by nambara14 | 2012-06-15 11:18 | 新作詩歌(平成24年) | Comments(0)