人気ブログランキング |

2012年 05月 10日 ( 1 )

違う言葉を話すひと



     違う言葉を話すひと


近所の子供たちが話している言葉がわからない
顔つき体つきも服装も態度も日本人そのものだ
都会の片隅とはいえ標準語が使われているはずだ
なにかがおかしいのか聴力とか脳波とか体調とか

もう一度そばによって耳を傾けてみる
やっぱり外国語のようにしか聞こえない
昨日までは日本語を話していたような気がするが
一体なにがあったのか 一晩の間に

隣の町まで行ってひとびとの話を聞いてみる
ひそひそ話まで聞こえるじゃないか
母国語ってなんて便利だろう
口笛を吹きながら歩いてみたくなる

日本語によりそった一日を過ごして帰宅する
公園で遊んでいる子供たちの姿はいつも通りだ
家族に今朝の奇妙な経験を告げようとして
自分の言葉が理解できなくなっていることに気が付く
by nambara14 | 2012-05-10 15:33 | 新作詩歌(平成24年) | Comments(0)