人気ブログランキング |

2011年 05月 28日 ( 1 )

悲しみを乗り越えて


     悲しみを乗り越えて


海に向かって立つと 砂が動き
風が舞い立ち 光が反射し 波が寄せては返す
太陽が隠れるのを 見届けてから
帰ろうとすると 目が濡れる

丘に続く道をとぼとぼと歩いていくと
海が追いすがり 草むらが叫び 土が揺れる
あそこまでたどりつけるだろうか
枯れた花を手のひらで薙ぎ落としてはいけない

何度目かの 突きつけられて うろたえて
一足ごとに重くなる歩みにさえ紛らせられない
ずっと同じ色の血を流し合ってきた

空を見上げて 散乱させる 気持ちの
届いて欲しい 力なき声の ふるえがやまぬ 
誤報ではないかと ねじれてゆく腸を断つ 





by nambara14 | 2011-05-28 19:54 | 新作詩歌(平成23年) | Comments(0)