人気ブログランキング |

2007年 09月 24日 ( 1 )

コスモスを愛す


    コスモス畑


四十万本のコスモスの花を 秋の雨が濡らす
農地から転用された花畑で 一面のコスモスが風雨に揺れる
赤や紫やピンクや 色とりどりの花が不揃いに咲いている迷路の中を
泣き濡れて 走り過ぎていくのはだれだろう

はしゃぎまわる子供たちは 雨に濡れるのを気にしない
杖をついた二人連れを追い越し 犬をつれた女性を追い抜き
赤ちゃんを抱いた家族連れをかわして どんどん前に進んでいく
それでも ひとびとの後姿はどこまでも続いている

走り過ぎていくひとは コスモスの葉群れに 姿が見えなくなる
どこかに隠された通路があって 見えない入り口があるのだろうか
一瞬 お花畑が傾き 迷路のどこかが大きく開いたように見えた

七年前に亡くなったひとの面影が浮かんでくる
幽明の境に紛れ込んだのだろうか いつしかコスモス畑は四次元となり
彼もまた透明の気配となって 生者と死者の再会を遂げたのだろう


by nambara14 | 2007-09-24 15:03 | 新作詩歌(平成19年発表) | Comments(0)