人気ブログランキング |

シェークスピア ソネット 57


ソネット 57


     .シェークスピア


わたしはあなたの奴隷なのだから 待つしかないだろう

あなたがその気になるまで

わたしには過ごすべき大切な時間など一切ないし

あなたが望むまでは仕えるべきこともない、

ご主人様、あなたがお呼びになるまで時計を見守ることはあっても

終わりがないと言ってこの世を責めることはしないし

あなたが召使に別れを告げた以上

あなたがいない辛さを思うこともない、

あなたがどこにいてなにをしているかを

嫉妬心から問いかけることもなく

ただ哀れな奴隷のようにわたしはここにいるだけでなにも考えることもない

あなたがいるところではあなたは人々を幸せにしているだろうと思う以外は、 

愛すると本当に夢中になるので あなたがどんなことを望んでも

なにをしても悪いとは思えない。



SonnetLVII


     W.Shakespeare


Being your slave what should I do but tend

Upon the hours, and times of your desire?

I have no precious time at all to spend;

Nor services to do, till you require.

Nor dare I chide the world without end hour,

Whilst I, my sovereign, watch the clock for you,

Nor think the bitterness of absence sour,

When you have bid your servant once adieu;

Nor dare I question with my jealous thought

Where you may be, or your affairs suppose,

But, like a sad slave, stay and think of nought

Save, where you are, how happy you make those.

So true a fool is love, that in your will,

Though you do anything, he thinks no ill.



by nambara14 | 2019-06-04 17:04 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)