人気ブログランキング |

シェークスピア ソネット 56


ソネット 56


W. シェークスピア


愛しい人よ、あなたの愛の力を新しく保とう

あなたの切れ味が食欲より鈍ることのないように

食欲は今日食事をすることで満たされるが

明日は元の力によって旺盛になる

愛もそしてあなたについても 少なくとも満腹があなたの目を閉じさせるまで

今日あなたが空腹な目つきを満たしたとしても

明日はまた目が覚め、そして愛の精神を 持続するけだるさによって

台無しにすることはしない

この悲しい離別は大洋のようだろう

大洋は岸辺を分かち、新しく結びついたカップルが

日々それぞれの岸辺にやってくるが、相手が見えれば

その眺めは最も幸福なものとなるだろう

あるいはそれはまた心配の耐えない冬のようだろう

それにより夏の到来が一層待ち遠しく貴重なものとなるからだ


Sonnet LVI


        W. Shakespeare


Sweet love, renew thy force; be it not said

Thy edge should blunter be than appetite,

Which but to-day by feeding is allayed,

To-morrow sharpened in his former might:

So, love, be thou, although to-day thou fill

Thy hungry eyes, even till they wink with fulness,

To-morrow see again, and do not kill

The spirit of love, with a perpetual dulness.

Let this sad interim like the ocean be

Which parts the shore, where two contracted new

Come daily to the banks, that when they see

Return of love, more blest may be the view;

As call it winter, which being full of care,

Makes summer's welcome, thrice more wished,more rare.



by nambara14 | 2019-05-14 15:28 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)