人気ブログランキング |

シェークスピア ソネット 46


ソネット 46


W. シェークスピア


わたしの目と心はあなたを見るという戦利品を

いかに分けるかの死闘を繰り広げる

わたしの目は わたしの心があなたの姿を見ることを妨げようとするだろう

わたしの心は わたしの目が自由にあなたを見る権利に異議を申し立てるだろう

わたしの心は あなたがわたしの心に存在し

小部屋が水晶のような目で見通されることはなかったと主張する

けれども被告である目は その主張を否認し

あなたの美しい容姿が被告である目の中に存在すると言う

この権利の帰属を決定するために

すべて心の側の臣下が陪審員として選ばれる

そして目の分け前と心の分け前が

彼らの評決によって決定される

つまり わたしの目の取り分はあなたの外面であり

わたしの心の取り分はあなたの心の内面の愛であると。



Sonnet XLVI


       W. Shakespeare   

  

Mine eye and heart are at a mortal war,

How to divide the conquest of thy sight;

Mine eye my heart thy picture's sight would bar,

My heart mine eye the freedom of that right.

My heart doth plead that thou in him dost lie,

A closet never pierced with crystal eyes,

But the defendant doth that plea deny,

And says in him thy fair appearance lies.

To 'cide this title is impannelled

A quest of thoughts, all tenants to the heart;

And by their verdict is determined

The clear eye's moiety, and the dear heart's part:

As thus: mine eye's due is thine outward part,

And my heart's right, thine inward love of heart.



by nambara14 | 2019-03-04 12:28 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)