人気ブログランキング |

シェークスピア ソネット 41


ソネット 41


       W. シェークスピア 

  

時折あなたの心にわたしがいないときに

自由がもたらす愛すべき裏切りは

あなたの美しさやあなたの年ごろによく似合う

なぜならあなたのいるところにはいつも誘惑がつき従っているからだ、

あなたはとても優雅だ、それゆえにあなたは口説き落とされるだろう

あなたはとても美しい、それゆえにあなたは猛烈に誘惑されるだろう

そして女が求愛するとき、男は

首尾よく行くまでは不機嫌に女の許を去ったりするだろうか?

ああ!それなのにあなたはわたしの許を訪れることを控えるかもしれないし

二重の誓いを破ることを強いるほどの放埓へと導く

自らの美貌と迷える若さを叱責するかもしれない、

彼女のわたしへの誓いは 彼女をあなたへと誘惑するあなたの美貌によって破られ

あなたのわたしへの誓いは わたしにとって偽りであるあなたの美貌によって破られる。


Sonnet XLI


        W. Shakespeare


Those pretty wrongs that liberty commits,

When I am sometime absent from thy heart,

Thy beauty,and thy years full well befits,

For still temptation follows where thou art.

Gentle thou art, and therefore to be won,

Beauteous thou art, therefore to be assailed;

And when a woman woos, what woman's son

Will sourly leave her till he have prevailed?

Ay me! but yet thou mightst my seat forbear,

And chide thy beauty and thy straying youth,

Who lead thee in their riot even there

Where thou art forced to break a twofold truth:

Hers by thy beauty tempting her to thee,

Thine by thy beauty being false to me.


by nambara14 | 2019-01-29 12:31 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)