人気ブログランキング |

シェークスピア ソネット 38


ソネット 38 


         W. シェークスピア


あなたが生きていて あなたがわたしの詩の中に注がれ

あなた自身のすてきな表現が 粗末な詩文で読み上げるにはふさわしくないほどすぐれているのだから

わたしの詩が書くべきテーマに事欠くことなどありうるだろうか?

おお!もしわたしの書くものに読む価値があり

あなたに読まれるに堪えるものがあるとしたら あなた自身に感謝しなさい

あなたがあなた自身に詩作のインスピレーションを与えるとき

だれがあなたに向けて書くことができない愚か者でありうるだろうか?

あなたは 詩人たちが依拠する古代の九人の詩神よりも十倍もすぐれた

十人目の詩神でありなさい

そしてあなたを頼りにする者がいれば 

永遠に残る詩篇を生み出せるようにしなさい

わたしのささやかな詩がこの好奇心に満ちた時代のひとびとに気に入られるとしたら

苦心するのはわたしでも 称賛されるのはあなただ。


Sonnet XXXVIII


         W. Shakespeare


How can my muse want subject to invent,

While thou dost breathe, that pour'st into my verse

Thine own sweet argument, too excellent

For every vulgar paper to rehearse?

O! give thy self the thanks, if aught in me

Worthy perusal stand against thy sight;

For who's so dumb that cannot write to thee,

When thou thy self dost give invention light?

Be thou the tenth Muse, ten times more in worth

Than those old nine which rhymers invocate;

And he that calls on thee, let him bring forth

Eternal numbers to outlive long date.

If my slight muse do please these curious days,

The pain be mine, but thine shall be the praise.



by nambara14 | 2019-01-05 22:13 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)