シェークスピア ソネット 25


ソネット 25

       

W.シェークスピア


自分の星に恵まれたひとびとには

社会的名誉と高い地位を誇らせておくがいい

そのような幸運とは縁のないわたしは

思いがけない喜びを最も名誉あるものと考えている

貴公子たちのお気に入りの栄誉は美しく葉を広げるが

太陽の下のマリゴールドのように

彼らの誇りもまた彼らとともに葬られるのだ

なぜなら栄光のさなかにある彼らさえしかめ面ひとつで

死を迎えるのだから

戦闘で名を上げた傷だらけの戦士も

一千回の勝利の後のたった一回の敗北によって

英雄伝から完全に消し去られてしまう

そしてその労苦もすべて忘れ去られてしまう

そうして幸せなのは、愛し愛され、

削除することも削除されることもないわたしなのだ


Sonnet XXV


        W. Shakespeare


Let those whoare in favour with their stars

Of public honourand proud titles boast,

Whilst I, whomfortune of such triumph bars

Unlook'd for joyin that I honour most.

Great princes'favourites their fair leaves spread

But as themarigold at the sun's eye,

And inthemselves their pride lies buried,

For at a frownthey in their glory die.

The painfulwarrior famoused for fight,

After a thousandvictories once foiled,

Is from the bookof honour razed quite,

And all the restforgot for which he toiled:

Then happy I, that love and am beloved,

Where I may not remove nor be removed.



[PR]
by nambara14 | 2018-10-10 11:35 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)