シェークスピア ソネット 24


ソネット 24



                W・シェークスピア

                 南原充士 訳



わたしの目は画家の役割を果たして

あなたの美しい姿をわたしの心のテーブルに描いた

わたしの身体はそれが収まるフレームであり

遠近法は画家の技法である、

なぜなら画家を通してあなたはその技を見てとらなければならないからだ

あなたの目を窓とする

わたしの心の工房に静かに掛けられている

あなたの描かれた真のイメージがどこにあるのかを見出すために、

ほら目と目とがどんなよい効果をあげたのかをご覧

わたしの目はあなたの姿を描き、あなたの目はわたしにとって

わたしの胸への窓であり 日差しがそこを通して

喜んで覗き込みあなたを見つめる、

だが目はそれを優美に描く技法を欠いている

目はただ見えるものだけを描き、心のことはわからない



Sonnet Xxiv

W. Shakespeare



Mine eye hath play'd the painter and hath stell'd
Thy beauty's form in table of my heart;
My body is the frame wherein 'tis held,
And perspective it is the painter's art.
For through the painter must you see his skill,
To find where your true image pictured lies;
Which in my bosom's shop is hanging still,
That hath his windows glazed with thine eyes.
Now see what good turns eyes for eyes have done:
Mine eyes have drawn thy shape, and thine for me
Are windows to my breast, where-through the sun
Delights to peep, to gaze therein on thee;
Yet eyes this cunning want to grace their art;
They draw but what they see, know not the heart.



[PR]
by nambara14 | 2018-10-02 14:48 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)