シェークスピア ソネット 23


ソネット 23


         W.シェークスピア


失敗を恐れる余り自分の台詞を忘れてしまう

舞台の上の未熟な役者のように

あるいは精力が溢れすぎて心のコントロールを弱めてしまう

あまりに盛りのついた猛獣のように、

わたしは自分への信頼を失うのをおそれて言いそびれてしまう

愛の言葉を交わす完璧な儀式が

わたしの愛の力が重荷となりすぎて

わたしの強すぎる愛によって損なわれるように見えるということを、

おお!だからわたしの外見を

わたしの胸の中の言葉の 雄弁な語り手であり

かつ口のきけない予言者のようにしてほしい

その舌が表現したより以上に愛を懇願し報酬を求めるような、

おお!沈黙の愛が何を記したのかを読みとることを学びなさい

目で聴くことは愛の機知に属するものだ



Sonnet XXIII


        W. Shakespeare


As an unperfect actor on the stage,

Who with his fear is put beside his part,

Or some fierce thing replete with too much rage,

Whose strength's abundance weakens his own heart;

So I, for fear of trust, forget to say

The perfect ceremony of love's rite,

And in mine own love's strength seem to decay,

O'ercharged with burthen of mine own love's might.

O! let my looks be then the eloquence

And dumb presagers of my speaking breast,

Who plead for love, and look for recompense,

More than that tongue that more hath more express'd.

O! learn to read what silent love hath writ:

To hear with eyes belongs to love's finewit.



[PR]
by nambara14 | 2018-10-02 13:37 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)