シェークスピア ソネット 21


ソネット 21


W.シェークスピア


わたしとミューズとでは詩の書き方が違っている

ミューズは化粧を施した美貌に触発されて詩を書き

天さえ詩句の装飾として用いる

あらゆる美しいものをミューズが持つ美しいものとともに物語る

太陽と月、大地と海の豊かな宝石、

四月に初めて咲いた花々、

天がこの巨大な宇宙に包み込むあらゆる貴重なものなど

誇り高い組み合わせを作り出す

おお!わたしに真実を書かせてほしい、真の愛をもって、

そして信じてほしい、

わたしの愛するひとはだれよりも美しいと、

たとえ天にある金の星々のように明るく輝くことはないにしても、

噂話が好きなひとたちには噂させておけばいい

わたしは売る気がないものを褒め称えようとは思わないのだから


Sonnet XXI


       W. Shakespeare


So is it not with me as with that Muse,
Stirred by a painted beauty to his verse,
Who heaven itself for ornament doth use
And every fair with his fair doth rehearse,
Making a couplement of proud compare
With sun and moon, with earth and sea's rich gems,
With April's first-born flowers, and all things rare,
That heaven's air in this huge rondure hems.
O! let me, true in love, but truly write,
And then believe me, my love is as fair
As any mother's child, though not so bright
As those gold candles fixed in heaven's air:
Let them say more that like of hearsay well;
I will not praise that purpose not to sell.



[PR]
by nambara14 | 2018-09-18 21:56 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)