シェークスピア ソネット 20


ソネット 20


      W.シェークスピア


自然の手が描いた女性の顔を 

わたしが愛する男性であり女性であるあなたは持っている

そしてふしだらな女性たちの移り気とは無縁のやさしい女性の心と

それらの女性たちより明るく輝き くるくると動くけれどもふしだらではなく

見つめたものに黄金の輝きを与える目を あなたは持っている

その容姿で男性たちの視線をとらえ女性たちの心を惹きつける力を持った男性

あなたははじめは女性として創られた

自然が、あなたを創り、溺愛し、

ある物を付け加えることであなたをわたしから奪い、

わたしの意に反してある物を付け加えるまでは

だが女性たちの歓びのために自然があなたにそれを植え付けたので

あなたの心の愛はわたしのものとなり、あなたの身体の愛は

女性たちの宝物となった


Sonnet XX


         W. Shakespeare


A woman's face with nature's own hand painted,

Hast thou, the master mistress of my passion;

A woman's gentle heart, but not acquainted

With shifting change, as is false women's fashion:

An eye more bright than theirs, less false in rolling,

Gilding the object whereupon it gazeth;

A man in hue all hues in his controlling,

Which steals men's eyes and women's souls amazeth.

And for a woman wert thou first created;

Till Nature, as she wrought thee, fell a-doting,

And by addition me of thee defeated,

By adding onething to my purpose nothing.

But since she prick'd thee out for women's pleasure,

Mine be thy love and thy love's use their treasure.



[PR]
by nambara14 | 2018-09-12 13:36 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)