人気ブログランキング |

シェークスピア ソネット 19


ソネット 19

     

           W.シェークスピア


貪る時よ、あなたはライオンの爪を鈍らせ

大地にその愛しい子供たちを滅ぼさせ

凶暴な虎の顎から鋭い歯を引き抜き

長生きの不死鳥をその血で燃やす

あなたが素早く過ぎ行く時

愉快な季節と悲惨な季節を作り

足の速い時よ、この世界とすべてのその滅びゆく愛しいものに対して

あなたがしたいようにすればよい

だが、ひとつだけあなたに禁ずる極悪の罪がある

おお、あなたの時間によってわが愛する人の美しい額に皺を刻むことをするな

あなたの古ぼけたペンでそこに皺を描き込むことをするな

あなたが過ぎゆくときにもわが愛するひとには無垢のままでいさせよ

美形をその子孫に伝えるため

とはいえ、最悪の年老いた時よ、あなたはしたいようにすればよい、

あなたの悪行にもかかわらず、わが愛する人は

わたしの詩の中で永遠に若さを保つだろう。


Sonnet XIX


           W. Shakespeare


Devouring Time,blunt thou the lion's paws,

And make theearth devour her own sweet brood;

Pluck the keenteeth from the fierce tiger's jaws,

And burn thelong-lived phoenix in her blood;

Make glad andsorry seasons as thou fleet'st,

And do whate'erthou wilt, swift-footed Time,

To the wideworld and all her fading sweets;

But I forbidthee one most heinous crime:

O! carve notwith thy hours my love's fair brow,

Nor draw nolines there with thine antique pen;

Him in thycourse untainted do allow

For beauty'spattern to succeeding men.

Yet, do thy worst old Time: despite thywrong,

My love shall in my verse ever live young.



by nambara14 | 2018-09-10 13:15 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)