人気ブログランキング |

シェークスピア ソネット 7


   ソネット 7


         W.シェークスピア


ほら!東の空に優美な光が燃える頭をもたげるとき

この世のひとびとは聖なる君主を崇め、

その新しい出現を讃える。

そしてそれが険しい空の丘を登り切って

中年でもなお強い若さを装うとき

ひとびとはなおその美しさを讃え

その黄金の統治にかしずく。

だがそれが登り詰めたところから、疲れた馬車に乗って、

老人のように、よろめきながら一日を終えるとき

ひとびとは、以前は忠誠を尽くしていたのに、今やその低い位置から

目をそらし、よそ見をする

だから、あなたは子供を設けない限り、

真昼の中で消え失せ、注目されることもなくなってしまう



    Sonnet VII


          W.Shakespeare


Lo! in the orient when the gracious light

Lifts up his burning head, each under eye

Doth homage to his new-appearing sight,

Serving with looks his sacred majesty;

And having climbed the steep-up heavenly hill,

Resembling strong youth in his middle age,

Yet mortal looks adore his beauty still,

Attending on his golden pilgrimage:

But when from highmost pitch, with weary car,

Like feeble age, he reeleth from the day,

The eyes, 'fore duteous, now converted are

From his low tract, and look another way:

So thou,thyself outgoing in thy noon

Unlooked ondiest unless thou get a son.



by nambara14 | 2018-07-18 19:51 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)