シェークスピア ソネット 6


ソネット 6


         W.シェークスピア


だからあなたの美のエッセンスが抽出される前にあなたの中の夏を

冬のざらざらした手で台無しにさせないようにしなさい

ある容器を甘美な液体で満たしなさい そして美の宝が自ら滅びる前に

あなたは美の宝でどこかを飾りなさい

喜んで負債を返済するひとびとを幸福にする美の宝の使い方なら

高利をとることは禁じられていない

ほかのあなたを生み出すのはあなた自身だ

あるいはひとりから十人に増えれば十倍幸福だろう

あなたの十人の子がさらに十倍あなたを生み出せば

あなた自身も十倍幸福になるだろう

それならあなたが亡くなったとしても

死は手も足も出ず あなたを後世に生かすことになる

どうか自らにこもらないでください なぜなら

死の餌食になりあなたの遺体を蛆虫の巣にするには

あなたはあまりに美しいからだ



SonnetVI


             W.Shakespeare


Then let not winter's ragged hand deface,

In thee thy summer, ere thou be distilled:

Make sweet some vial; treasure thou some place

With beauty's treasure ere it be self-killed.

That use is not forbidden usury,

Which happies those that pay the willing loan;

That's for thy self to breed another thee,

Or ten times happier, be it ten for one;

Ten times thy self were happier than thou art,

If ten of thine ten times refigured thee:

Then what could death do if thou shouldst depart,

Leaving thee living in posterity?

Be not self-willed, for thou art much too fair

To be death's conquest and make worms thine heir.



[PR]
by nambara14 | 2018-07-12 21:40 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)