シェークスピア ソネット 5


  ソネット 5


                W.シェークスピア

                 南原充士 訳


すべての目は愛らしく見つめる視線にこそ存在し

その視線を丁寧に作り上げてきた歳月は

同じような手管できわめて美しいものを虐げ醜くするだろう、

決して休むことない時は夏をおぞましい冬へと連れて行き

夏をそこで壊してしまう、

樹液は霜に妨げられ 青い葉はことごとく失われる

美は雪に覆われ あたりがすべて裸地となる。

もし夏の間に抽出したものがなければ

つまりガラスの容器に閉じこめられた液体の囚人がいなければ

美の効能は美とともに失われてしまうだろう

そればかりか美が存在したという記憶さえ失われてしまうだろう。

だが花から香りを抽出しておけば 冬を迎えても

そのうわべの美は失われるにせよ その本質は末永く甘美さをとどめるだろう。


Sonnet V


         W. Shakespeare


Those hours, that with gentle work did frame

The lovely gaze where every eye doth dwell,

Will play the tyrants to the very same

And that unfair which fairly doth excel;

For never-resting time leads summer on

To hideous winter, and confounds him there;

Sap checked with frost, and lusty leaves quite gone,

Beauty o'er-snowed and bareness every where:

Then were not summer's distillation left,

A liquid prisoner pent in walls of glass,

Beauty's effect with beauty were bereft,

Nor it, nor no remembrance what it was:

But flowers distilled, though they with winter meet,

Leese but their show; their substance still lives sweet.



[PR]
by nambara14 | 2018-07-03 14:13 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)