シェークスピア ソネット 4


ソネット 4


         W.シェークスピア

          南原充士 訳


惜しみなき愛らしさの消費者よ、なぜあなたは

あなたの美の遺産を自分自身のために消費してしまうのだろうか?

自然はその美質を無償で与えることはなく貸し付けるだけだ、

自然は率直な者に寛容さを貸し付ける。

美しい浪費者よ、なぜあなたは、

与えるために与えられた豊かな美質を濫用するのだろうか?

利益を得ない貸し付け者よ、なぜあなたは、

そんなにも多額な金額を消費しながら、

なお豊かに生きることができないのだろう?

自分自身と付き合うだけでは、

あなたは甘美な自分自身を自ら欺くことになる。

いつどのように自然はあなたにこの世を去る時期を告げるだろう?

あなたはどれだけ受け入れ可能な収支を残せるだろう?

あなたの美貌はもし消費しなければあなたの死とともに墓に葬られるだろう

消費されるなら、あなたの遺言執行人としての子孫に引き継がれるだろう。


Sonnet IV


         W.Shakespeare


Unthriftyloveliness, why dost thou spend

Upon thy selfthy beauty's legacy?

Nature's bequestgives nothing, but doth lend,

And being frankshe lends to those are free:

Then, beauteousniggard, why dost thou abuse

The bounteouslargess given thee to give?

Profitlessusurer, why dost thou use

So great a sumof sums, yet canst not live?

For havingtraffic with thy self alone,

Thou of thy selfthy sweet self dost deceive:

Then how whennature calls thee to be gone,

What acceptableaudit canst thou leave?

Thy unused beauty must be tombed with thee,

Which, used, lives th' executor to be.



[PR]
by nambara14 | 2018-06-25 15:13 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)