シェークスピア ソネット 3


     ソネット 3


                    W.シェークスピア

                      南原充士 訳


あなたは鏡を見て、そこに映る顔に

「今はその顔に別の顔を与えるべき時だ」と言いなさい、

今あなたが新しく生まれ変わらないとしても

新たな顔を生み出す時だと。

あなたは世間を欺きあなたの妻となるべき女性を不幸にする。

なぜなら、夫の耕作を恥とするような美しい処女はどこにもいないし、

あるいは、自己愛の墓場となって子孫を残さない愚かな男性はいないから。

あなたは母の鏡であり、彼女はあなたの中に、愛らしい盛りだった4月を思い起こす。

そうして、あなたもあなたの年齢の窓を通して、

皺はあるにせよ、あなたの黄金時代を見るだろう。

だが、あなたが自分は思い出されなくてもいいと決めて生きて、

ひとり身のままで亡くなったとしたら、

あなたの面影はあなたとともに死んでしまう。



Sonnet III


          W. Shakespeare


Look in thy glass and tell the face thou viewest

Now is the time that face should form another;

Whose fresh repair if now thou not renewest,

Thou dost beguile the world, unbless some mother.

For where is she so fair whose uneared womb

Disdains the tillage of thy husbandry?

Or who is he sofond will be the tomb

Of hisself-love, to stop posterity?

Thou art thy mother's glass and she in thee

Calls back the lovely April of her prime;

So thou through windows of thine age shalt see,

Despite of wrinkles, this thy golden time.

But if thou live, remembered not to be,

Die single and thine image dies with thee.



[PR]
by nambara14 | 2018-06-18 16:09 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)