人気ブログランキング |

シェークスピア ソネット 154

    

      ソネット 154


                     W.シェークスピア

                     南原充士 訳


年若い愛の神は 心に火を付ける松明をかたわらにおいたまま

眠りに落ちていた

そこへ清らかに生きることを誓った多くの妖精たちが

通りかかった、その中の最も美しい妖精が

多くの者の純粋な心を熱くしてきた火を その手で拾い上げた。

そうして激しい欲望の将軍は

眠っている間に処女の手によって武器を奪われたのだ。

彼女はその松明を近くの冷たい泉に沈め

その泉は愛の火によって熱せられ続けて

ついに病気療養のための温泉となった

恋人の虜となったわたしは病気を治すためにその温泉に行った

そして、愛の火は水を熱するが、水は愛を冷やさない、ということを明らかにしたのだ。



Sonnet CLIV

W.Shakespeare

The little Love-god lying once asleep,
Laid by his side his heart-inflamingbrand,
Whilst many nymphs that vowed chastelife to keep
Came tripping by; but in her maidenhand
The fairest votary took up that fire
Which many legions of true hearts hadwarmed;
And so the General of hot desire
Was, sleeping, by a virgin handdisarmed.
This brand she quenched in a cool wellby,
Which from Love's fire took heatperpetual,
Growing a bath and healthful remedy,
For men diseased; but I, my mistress'thrall,
Came there for cureand this by that I prove,
Love's fire heatswater, water cools not love.


by nambara14 | 2018-05-31 19:02 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)