人気ブログランキング |

シェークスピア ソネット 153


    ソネット 153

              W.シェークスピア 

                    南原充士 訳

キューピッドが松明をそばに置いて眠っていた。

女神ディアナの侍女はこの機会を見逃さなかった

そして恋心に火をつける炎がすばやく

その地の冷たい谷の泉に突入した。

この泉は 聖なる愛の炎から 古来より強烈だった熱を取り入れ持続させ 

沸き返る温泉を産み出した

それは奇妙な疾病に対して最高の療養地だとひとびとが今なお保証するのだ。

だが、わが恋人の目に向けて松明が新たに灯されたので

少年は試しにわが胸に触れようとするだろう。

病気のわたしは、温泉の助けを強く望んで

そこへと急いだ、哀れな病人の客として、

だが、治りはしなかった、わが助けとなる温泉は

キューピッドが新たに火を着けたところ、すなわち

わが恋人の目の中にあるのだ。

Sonnet CLIII

     W. Shakespeare  

Cupid laid by his brand and fell asleep:
A maid of Dian's this advantage found,
And his love-kindling fire did quickly steep
In a cold valley-fountain of that ground;
Which borrowed from this holy fire of Love,
A dateless lively heat, still toendure,
And grew a seething bath, which yet men prove
Against strange maladies a sovereign cure.
But at my mistress' eye Love's brand new-fired,
The boy for trial needs would touch my breast;
I, sick withal, the help of bath desired,
And thither hied, a sad distempered guest,
But found no cure,the bath for my help lies
Where Cupid got new fire; my mistress' eyes.






by nambara14 | 2018-05-29 20:03 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)