人気ブログランキング |

シェークスピア ソネット 76


ソネット 76


      .シェークスピア

       南原充士 訳  


なぜわたしの詩句には誇れるような新鮮さがなく

変化も素早い転換もほとんどないのだろう?

時の経過とともに わたしは

新たに見出された手法や知らない合成語に目を向けるべきではないのだろうか?

なぜわたしはいつまでもひとつのことを同じように書き、

すべての言葉がそれらの出自やその後の変遷を示しながら

ほとんどわたしの名を告げるという

よく知られた装いで創作し続けるのだろうか?

おお、恋人よ、わたしはいつもあなたのことを書くのだ

そしてあなたと愛のことがいまなおわたしのテーマなのだ

だからわたしにとって最善なのは使い古された言葉を新しく装わせることだ

すでに使われたものをふたたび使うことだ

なぜなら太陽が日々出没をくりかえすように

わたしの愛もまたすでに語られたことを語り続けているのだから


Sonnet Lxxvi


-Poem by William Shakespeare


Why is my verse so barren of new pride,
So far from variation or quick change?
Why with the time do I not glance aside
To new-found methods and to compounds strange?
Why write I still all one, ever the same,
And keep invention in a noted weed,
That every word doth almost tell my name,
Showing their birth and where they did proceed?
O, know, sweet love, I always write of you,
And you and love are still my argument;
So all my best is dressing old words new,
Spending again what is already spent:
For as the sun is daily new and old,
So is my love still telling what is told.


by nambara14 | 2018-05-17 19:49 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)