人気ブログランキング |

シェークスピア ソネット 65


ソネット 65


                W.シェークスピア

                 南原充士 訳 


真鍮も、石も、陸地も、涯無き海も

悲しい死の定めには勝てないから

美はこの怒りをもってどのように争うのだろうか?

花より強い行為はありうるだろうか?

おお、夏の蜂蜜のような香りは

荒々しい日々の周到な包囲網に対して抵抗できるだろうか

堅固な岩石がそれほど頑強でなければ

あるいは鉄の扉がそれほど強固でなければ、時は朽ちるだろうか?

おお、恐ろしい思索よ!ああ、

時の最高の宝石は時の宝石箱から隠されているのだろうか?

あるいはいかなる強い手が時の俊足を押さえ込めるだろうか?

あるいはだれが時が美を損なうのを禁じうるだろうか?

何者もできないだろう、

この黒いインクの中で私の愛が今なお明るく輝くという奇跡が有効でない限り


    Sonnet Lxv

-Poem by William Shakespeare


Since brass, nor stone, nor earth, nor boundless sea,
But sad mortality o'er-sways their power,
How with this rage shall beauty hold a plea,
Whose action is no stronger than a flower?
O, how shall summer's honey breath hold out
Against the wreckful siege of battering days,
When rocks impregnable are not so stout,
Nor gates of steel so strong, but Time decays?
O fearful meditation! where, alack,
Shall Time's best jewel from Time's chest lie hid?
Or what strong hand can hold his swift foot back?
Or who his spoil of beauty can forbid?
O, none, unless this miracle have might,
That in black ink my love may still shine bright.


by nambara14 | 2018-05-14 21:38 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)