人気ブログランキング |

「プロローグ」(ディラン・トマス)



      プロローグ


                 ディラン・トマス

                     南原充士 訳


神が疾走させてきた夏の終わりに

急流のサーモン色の太陽のもとで

いま速度をゆるめていくこの日

チッチという声と果実の絡まり合う

危険な岩々の上の

海に揺られるわが家で

森の躍動する足元の

泡、笛、ひれ、羽軸

あの魚売り女の十字架のある

泡の浮くヒトデの砂のそばには

カモメ、ワカバト、ザルガイ、カタツムリ

カラスのように真っ暗なあちらのほうには

日没のネットに跪く雲にタックルされる人々

天国の近くにいる鵞鳥、突き刺している少年たち、

七つの海について語るサギそして貝たち

高くて乾いた藁の茎のように

宗教的な風をつかまえる塔のある

九つの日の夜の都市から離れてある永遠の水域

騒がしい中だけれどもおれは

きみたち異国人のために歌う

(歌は燃えるようで装飾的な行為であるが

世界の変わり目にある森の

鳥たちの火よ

わが白鳥のために音を広がらせよ)

海にさらされた葉っぱから

それは木の葉のように舞い落ち たちまち

真夏の夜へと砕けて不死のものとなる

海の方ではサケが日光のかけらを飲んだ

そしておれがいかに脊椎を持った人間であるかをきみたちに知らせるために

おれがいろいろな形をしたものをたたき切ると

愚かな白鳥が軽く波立つ湾のたそがれを青くしてしまう

さらにこの星が誇るものはと言えば、吠えられた鳥、

生まれた海、裂かれた人、祝福された血

聞け:おれがトランペットで場所を知らせるから

魚からにぎやかな丘まで!見よ:

洪水が始まるから

愛情の限りを尽くして

おれは大きな音を立てる箱舟を造る

恐怖の噴水の頂点から

読み取れる怒りが、おやまあ、

融けて山のようになって

傷で動けず

羊のように白いうつろな農場を流れすぎる


わが腕の中にあるウェールズでは

ほー、そこで、城を警備している

おまえ 歌の王者ふくろうよ

月光のようにひらひらした走りや跳躍

小さな谷はシカを囲い殺した!

ハロー、測量された丘の上で

おお、ほーほー鳴く、ウェールズのうやうやしいミヤマガラスと

同じぐらい黒い色をしたわが首輪のついた鳩が

森の称賛を求めてくうくう鳴く

その巣からブルーノートを月の光にかざして

ダイシャクシギの群れへと送る

ほー、騒がしい一族よ、

おしゃべりなケープの上の嘴には

悲しみを伴ったアガペー、

ヘイ、馬の背の丘には、警官を

追い払う野兎!それは

この狐の灯の中で

おれが打ったり叩き切ったりするときに

わが洪水用の舟がカンカン立てる音を聞く
(わが騒ぎといかさまのためのアンヴィルの衝突、

舌のあるホコリタケの上のこの調べ)

だが神の造ったでこぼこした土地の上の

仲良しの動物たち

(神の獣性に敬礼!)

しーっ、イノシシの背の森で安らかに眠る獣たち!

乾草の山のあるうつろな農場が

大量の水流の中で

コッコと鳴き しがみつく

そして小屋の屋根では雄鶏とカラスの戦争だ!

ひれのある、皮のある、羽のある隣人たちの王国よ

来たれ、湾にあるわがパッチワークの箱舟と月の光を飲み込むノアへと

皮とうろこと毛とともに

羊と教会の おぼれた荘重な鐘だけが

日が沈むとき貧しい平和を騒がせる

そして暗闇がすべての聖なる野を覆う

それからおれたちだけで馬に乗って出かけよう

ウェールズの星のもとに

叫べ、多くの箱舟よ!

冠水した土地を通って

それらの愛する人々を一緒に乗せて

それらは丘から丘へと木の島のように移動するだろう

ハロー、笛を持った舳先のようなかたちのわが鳩よ!

あ ほい、老いた海洋生物のような足をもった狐よ、

オスのシジュウカラとびまん性軸索損傷のネズミよ!

おれの箱舟は太陽のもとで歌う

神が疾走させてきた夏の終わりに

そして洪水が今花盛りだ






Prologue


- Poem by Dylan Thomas


This day winding down now
At God speeded summer's end
In the torrent salmon sun,
In my seashaken house
On a breakneck of rocks
Tangled with chirrup and fruit,
Froth, flute, fin, and quill
At a wood's dancing hoof,
By scummed, starfish sands
With their fishwife cross
Gulls, pipers, cockles, and snails,
Out there, crow black, men
Tackled with clouds, who kneel
To the sunset nets,
Geese nearly in heaven, boys
Stabbing, and herons, and shells
That speak seven seas,
Eternal waters away
From the cities of nine
Days' night whose towers will catch
In the religious wind
Like stalks of tall, dry straw,
At poor peace I sing
To you strangers (though song
Is a burning and crested act,
The fire of birds in
The world's turning wood,
For my swan, splay sounds),
Out of these seathumbed leaves
That will fly and fall
Like leaves of trees and as soon
Crumble and undie
Into the dogdayed night.
Seaward the salmon, sucked sun slips,
And the dumb swans drub blue
My dabbed bay's dusk, as I hack
This rumpus of shapes
For you to know
How I, a spining man,
Glory also this star, bird
Roared, sea born, man torn, blood blest.
Hark: I trumpet the place,
From fish to jumping hill! Look:
I build my bellowing ark
To the best of my love
As the flood begins,
Out of the fountainhead
Of fear, rage read, manalive,
Molten and mountainous to stream
Over the wound asleep
Sheep white hollow farms

To Wales in my arms.
Hoo, there, in castle keep,
You king singsong owls, who moonbeam
The flickering runs and dive
The dingle furred deer dead!
Huloo, on plumbed bryns,
O my ruffled ring dove
in the hooting, nearly dark
With Welsh and reverent rook,
Coo rooning the woods' praise,
who moons her blue notes from her nest
Down to the curlew herd!
Ho, hullaballoing clan
Agape, with woe
In your beaks, on the gabbing capes!
Heigh, on horseback hill, jack
Whisking hare! who
Hears, there, this fox light, my flood ship's
Clangour as I hew and smite

(A clash ofanvils for my
Hubbub and fiddle, this tune
On a toungued puffball)
But animals thick as theives
On God's rough tumbling grounds
(Hail to His beasthood!).
Beasts who sleep good and thin,
Hist, in hogback woods! The haystacked
Hollow farms in a throng
Of waters cluck and cling,
And barnroofs cockcrow war!
O kingdom of neighbors finned
Felled and quilled, flash to my patch
Work ark and the moonshine
Drinking Noah of the bay,
With pelt, and scale, and fleece:
Only the drowned deep bells
Of sheep and churches noise
Poor peace as the sun sets
And dark shoals every holy field.
We will ride out alone then,
Under the stars of Wales,
Cry, multitudes of arks! Across
The water lidded lands,
Manned with their loves they'll move
Like wooden islands, hill to hill.
Hulloo, my prowed dove with a flute!
Ahoy, old, sea-legged fox,
Tom tit and Dai mouse!
My ark sings in the sun
At God speeded summer's end
And the flood flowers now.


by nambara14 | 2016-08-19 16:03 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)