人気ブログランキング |

「エレジー」(ディラン・トマス)



エレジー


             ディラン・トマス

                 南原充士 訳 

 

死ぬにはプライドが高すぎたかれが一文無しで盲目になって死んだ

最悪のやり方をかれは変えようとはしなかった

かれの小さなプライドの中では勇敢だった 冷たくて親切な男


その最悪の日に、おお、とわに、草の下に、愛のうちに、

ついに最後の交差した丘の上にかれが軽やかに横たわることを

そしてそこで成長することを祈る


多くの人々の中では若いほうだったが、決して迷ってしまうこともなく

その死後数えきれないほどの日数が経過した

結局かれは母の胸にあこがれていたということではあったのだが

どちらが休息でどちらが埃だったのだろう、そしてやさしい大地において

盲目にして呪われた 死の最悪の正義

かれにはいかなる休息も与えられないが、父親を与えられそして発見されるだろう


おれは、部屋の中、かれの盲目のベッドのそばにしゃがんで祈った、

静まり返った家で、正午の一分前に、

夜に、そして光の中で。死者の川が


おれがつかんだかれの哀れな手に静脈のように流れた

そしてかれの見えない目を通しておれは海のルーツの方を見た

(苦悩に満ちた四分の三盲目の老人

あのお方とかれは決して決しておれの心から出ていくことはないだろうと

叫ぶほどおれはプライドが高くはない

かれの骨全体が泣く、痛み以外は貧しく

かれは純真だったので、死ぬことを恐れた

かれは神を嫌ったが、かれという人間は単純だった

燃えるようなプライドを持った勇敢で親切な老人だった

その家の家具はかれのものだった、かれが所有していたかれの本

赤ん坊のころでさえかれは泣かなかった

ましてや今は泣くことはなかった、かれの秘密の傷のことを除いては

かれの目から最後の光が滑り出て

ここで大空の光にとけこむのをおれは見た

老人はおれとともにいる、はたしておれはどこに行くのか

悪の世界が雪のように降ってきた

息子の目の牧草地を歩きながら

かれは死ぬときに泣いた、


息もせず世界が消え失せてしまうときの球体の最後の音を

最後に恐れながら、

泣くにはプライドが高すぎ、涙をたしかめるには弱すぎて、

そして盲目と死というふたつの夜の間にはさまって

おお、かれが死ななければならないという最も深い傷

最悪の日に、おお、かれはその目の涙を隠すことができた、

泣くにはプライドが高すぎて

おれが死ぬまでかれはおれのそばを離れることはないだろう)


Elegy


- Poem by Dylan Thomas


Too proud to die; broken and blind he died
The darkest way, and did not turn away,
A cold kind man brave in his narrow pride

On that darkest day, Oh, forever may
He lie lightly, at last, on the last, crossed
Hill, under the grass, in love, and there grow

Young among the long flocks, and never lie lost
Or still all the numberless days of his death, though
Above all he longed for his mother's breast

Which was rest and dust, and in the kind ground
The darkest justice of death, blind and unblessed.
Let him find no rest but be fathered and found,

I prayed in the crouching room, by his blind bed,
In the muted house, one minute before
Noon, and night, and light. the rivers of the dead

Veined his poor hand I held, and I saw
Through his unseeing eyes to the roots of the sea.
(An old tormented man three-quarters blind,

I am not too proud to cry that He and he
Will never never go out of my mind.
All his bones crying, and poor in all but pain,

Being innocent, he dreaded that he died
Hating his God, but what he was was plain:
An old kind man brave in his burning pride.

The sticks of the house were his; his books he owned.
Even as a baby he had never cried;
Nor did he now, save to his secret wound.

Out of his eyes I saw the last light glide.
Here among the light of the lording sky
An old man is with me where I go

Walking in the meadows of his son's eye
On whom a world of ills came down like snow.
He cried as he died, fearing at last the spheres'

Last sound, the world going out without a breath:
Too proud to cry, too frail to check the tears,
And caught between two nights, blindness and death.


O deepest wound of all that he should die
On that darkest day. oh, he could hide
The tears out of his eyes, too proud to cry.

Until I die he will not leave my side.)


by nambara14 | 2016-08-16 10:52 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)