「十月の詩」(ディラン・トマス)


 十月の詩

              

                ディラン・トマス

                  南原充士 訳


それは天国へのわが30回目の年だった

目覚めると港や隣の森から声が聞こえ

ムール貝が群れ サギが

司祭のように岸辺に降り立った

祈れる水やカモメとミヤマガラスの声

そしてヨットが網を張った壁に当たる音が

朝の合図だった

おれはと言えばその時

まだ眠っている街へと歩いていったのだった


おれの誕生日は

農場や白馬の上をおれの名前を掲げて飛ぶ水鳥と

翼をもった木の鳥で始まった

そして雨の多い秋の中

おれは立ち上がり

過ぎ去った日々の驟雨の中を出歩いた

おれが境界線を越える道を辿ったとき

高潮が来てサギが潜った

そして街の門は街が目覚めたとき閉められた


逆巻く雲の中の元気なヒバリと

囀るブラックバードに縁どられる道端の茂みと

十月の太陽

いかにも夏らしい

丘の肩

ここにはお気に入りの気候があった そして

朝 突然甘い声の歌手たちがやってくる

おれがさまよい そしておれの下方のはるかな森の中で 雨を絞り出す

風が冷たく吹くのに耳を傾けたことのあるこの場所へと


小さくなる港と海の上に降る薄暗い雨は

靄の中から角を出したカタツムリほどの大きさの教会を

そしてフクロウのように茶色い城を濡らした

だが春と夏のすべての庭は楽しい物語の中で花咲いていた

境界線の向こうまでそしてヒバリでいっぱいの雲の下で

そこでこそおれは

わが誕生日を驚きに満ちたものにできたのだった

ただ天候が変わりつつあったのだが


それは愉快な国から去っていった

そして違う空気と青空に変わった空から

ふたたび不思議な夏が流れ落ちてきた

林檎と

梨と赤いスグリの

そしておれは天気の変わり目にはっきりと

子供が忘れていた朝を見た

そのときかれは母といっしょに

太陽光の寓話と

緑のチャペルの伝説の中を歩いて行った

そしてかれの涙がおれの頬を燃やしかれの心臓がおれの心臓に入り込んだとい

言い古された幼年期という野原

それらは森や川や海だった

そこでは 死者が耳を傾ける夏に

子供が かれの本当の喜びを 木々や石や潮流の魚にささやいたのだった

そしてその神秘が

水や囀る鳥たちの中でなお生き続けて歌うのだった

そしてそこでこそおれはわが誕生日を驚きに満ちたものにできたのだった

ただ天候が変わろうとしていたのだったが。そして

随分前に亡くなった子供が

太陽の日差しの中で燃えながら歌ったのだった

それは天国へのわが30回目の年だった

そこはそのとき夏の真昼だった

ただ下に広がる街では木々の葉が十月の血の色をしていたのだったが

おお、年の改まるとき この高い丘の上で

わが心の真実がいまなお歌われ続けることを!



Poem In October


- Poem by Dylan Thomas


It was my thirtieth year to heaven
Woke to my hearing from harbour and neighbour wood
And the mussel pooled and the heron
Priested shore
The morning beckon
With water praying and call of seagull and rook
And the knock of sailing boats on the net webbed wall
Myself to set foot
That second
In the still sleeping town and set forth.

My birthday began with the water-
Birds and the birds of the winged trees flying my name
Above the farms and the white horses
And I rose
In rainy autumn
And walked abroad in a shower of all my days.
High tide and the heron dived when I took the road
Over the border
And the gates
Of the town closed as the town awoke.

A springful of larks in a rolling
Cloud and the roadside bushes brimming with whistling
Blackbirds and the sun of October
Summery
On the hill's shoulder,
Here were fond climates and sweet singers suddenly
Come in the morning where I wandered and listened
To the rain wringing
Wind blow cold
In the wood faraway under me.

Pale rain over the dwindling harbour
And over the sea wet church the size of a snail
With its horns through mist and the castle
Brown as owls
But all the gardens
Of spring and summer were blooming in the tall tales
Beyond the border and under the lark full cloud.
There could I marvel
My birthday
Away but the weather turned around.

It turned away from the blithe country
And down the other air and the blue altered sky
Streamed again a wonder of summer
With apples
Pears and red currants
And I saw in the turning so clearly a child's
Forgotten mornings when he walked with his mother
Through the parables
Of sun light
And the legends of the green chapels

And the twice told fields of infancy
That his tears burned my cheeks and his heart moved in mine.
These were the woods the river and sea
Where a boy
In the listening
Summertime of the dead whispered the truth of his joy
To the trees and the stones and the fish in the tide.
And the mystery
Sang alive
Still in the water and singingbirds.

And there could I marvel my birthday
Away but the weather turned around. And the true
Joy of the long dead child sang burning
In the sun.
It was my thirtieth
Year to heaven stood there then in the summer noon
Though the town below lay leaved with October blood.
O may my heart's truth
Still be sung
On this high hill in a year's turning.


[PR]
by nambara14 | 2016-08-14 00:10 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)