人気ブログランキング |

「祈祷者の会話」(ディラン・トマス)


 祈祷者の会話


             ディラン・トマス

                 南原充士 訳


ベッドに行こうとする子供と階段の上にいる男によって

いままさに交わされようとする祈祷者の会話

男は上の部屋で死を迎えつつある恋人のほうへ昇る

彼が眠りの中でだれのほうへ近寄ろうとしているのか気にしないひとと

彼女が死ぬのだと思って涙でいっぱいのひと


その声による暗闇の中での交代が、彼らの知るとおり、生じるだろう、

緑の大地から 階段の上の男とベッドのそばの子供から

呼応する空へと

安全な土地における眠りと死につつある恋人のために
二人の祈祷者によっていままさに口にされようとするその声


それと同じ悲しみが飛び行くだろうか、かれらはだれをなだめようとするのだろうか?

その子供は傷つかずに眠るだろうか、あるいはその男は泣くだろうか?

いままさに交わされようとする祈祷者の会話

生者と死者の交代、そして階段の上の男は

今夜は生きていて温かいこと以外 死ぬことなど見出すことはないだろう

火のような彼の心配の中で上の部屋にいる恋人、

彼がその祈りをだれに唱えるか気にしない子供は

彼が掘った墓のように深い悲しみにおぼれ、

そして眠りの目によって黒い目の波を記し、

死んで横たわるひとのほうへと階段の上の彼を引きずり上げる



   The Conversation Of Prayer


- Poem by Dylan Thomas


The conversation of prayers about to be said
By the child going to bed and the man on the stairs
Who climbs to his dying love in her high room,
The one not caring to whom in his sleep he will move
And the other full of tears that she will be dead,

Turns in the dark on the sound they know will arise
Into the answering skies from the green ground,
From the man on the stairs and the child by his bed.
The sound about to be said in the two prayers
For the sleep in a safe land and the love who dies

Will be the same grief flying. Whom shall they calm?
Shall the child sleep unharmed or the man be crying?
The conversation of prayers about to be said
Turns on the quick and the dead, and the man on the stair
To-night shall find no dying but alive and warm

In the fire of his care his love in the high room.
And the child not caring to whom he climbs his prayer
Shall drown in a grief as deep as his made grave,
And mark the dark eyed wave, through the eyes of sleep,
Dragging him up the stairs to one who lies dead.


by nambara14 | 2016-08-11 00:33 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)